静かな茶臼山
茶臼山に前回訪れたのが5月3日、それから10日後、12日に再び訪れてみた。
目的は、ホソバノアマナとシコクスミレ、ヤマシャクヤクの成長も気にかかった。
木々の芽生えも一気に進み、1週間前の様相とは大きく変化していた。
山は、まるで桜をあしらった衣装を着けているようであった。
芝桜まつりは11日にオープン、幸いなことに開花が1週間ほど遅れているということで、静かな茶臼山を満喫することができた。
前回全く見られなかったシコクスミレも、あちらこちらで姿を現し、この日の目的を十分果たすことができた。
e0304170_20265390.jpg
e0304170_2027872.jpg
e0304170_20272313.jpg
e0304170_20273657.jpg
e0304170_20274924.jpg
e0304170_2028555.jpg
e0304170_20281734.jpg
e0304170_20283141.jpg
e0304170_20284357.jpg
e0304170_20285517.jpg
e0304170_2029774.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-27 20:36 | 茶臼山 | Comments(0)
蛇でまだ良かった
熊の話を聞いてから、茶臼山へ行っても小鳥の森を散策することはなかった。
「小鳥茶屋」で話を聞くと、イチヨウランが咲き出したという。
そして、「ここまで来て見ないで帰ることはないよ」と言われ、意を決して降りてみた。
いつものところを彷徨い歩き、3本確認することができた。ここのものは背丈が低い。
それでもコイチヨウランに比べれば見つけやすい。踏まれないように、棒を刺してきた。
葉だけが目立ったミズバショウだったが、1株だけ花の残っているものがあった。
今年最初で最後のミズバショウ、残っていてくれたことに感謝して、パチリ。
熊との遭遇も無く安心して、もう少しで茶屋というところで、足が止まった。
ついに、地を這う長いものに出くわしてしまった。
どうも、今年は会う機会が多い。きっと、蛇も驚いているのだろうな。(12日撮影)
e0304170_18165216.jpg

e0304170_18191647.jpg

e0304170_1817023.jpg
e0304170_1817622.jpg
e0304170_18171249.jpg
e0304170_18171981.jpg
e0304170_18172524.jpg
e0304170_1817325.jpg
e0304170_1817388.jpg
e0304170_18174551.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-26 18:20 | 南信州 | Comments(2)
水玉の詩
雨の降った翌日、花の撮影も一段落し、ふと足元を見ると、まるで宝石を身に付けたかのように、すべての野草が輝いていた。
水玉の美しさに心が惹かれ、夢中で消え行く儚い命を追い求めた。
野草の種類は問わない。
円い葉、細長い葉、それぞれに個性があって、普段は見られない着飾った野草たちの舞踏会のようであった。
少しでも触れると、宝石は涙となって、こぼれてしまう。
e0304170_21374066.jpg
e0304170_21375346.jpg
e0304170_213856.jpg
e0304170_2138224.jpg
e0304170_21383376.jpg
e0304170_21384492.jpg
e0304170_2139011.jpg
e0304170_21391262.jpg
e0304170_21392359.jpg
e0304170_2139332.jpg
e0304170_21394799.jpg
e0304170_2140390.jpg
e0304170_21401418.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-25 20:20 | 奥三河 | Comments(2)
雨上がりの朝
前日(11日)は久しぶりの雨、しかも一日上がることはなかった。
そんな雨の中、市内小学5・6年生全員のサッカー観戦に従事。
総勢3,000人を超える子供たちが、スタンドを埋める光景は圧巻だった。
が、カッパも役に立たず、途中から身に付けているもの全てが水分を含んでいた。
今年のジュビロは調子が出ない。
今シーズン2回目の監督交替、その都度期待するのだが。
かつてのような常勝軍団に、早く戻ってくれることを願っている。
そんな日の翌日、靄を期待してヤマフジを撮りに、朝早くに家を出る。
靄はなかったが、大千瀬川に懸かるヤマフジを、期待通り見ることができた。
今年のヤマフジは、例年になく美しいように感じられる。
山道を走っていると、ウツギの仲間が賑やかであった。
e0304170_2118445.jpg
e0304170_21181388.jpg
e0304170_2118209.jpg
e0304170_21182757.jpg
e0304170_21183851.jpg
e0304170_2118476.jpg
e0304170_21185973.jpg
e0304170_2119828.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-24 21:19 | 奥三河 | Comments(0)
水郷の里を訪ねて-その3-
通い詰めた場所なのに、「フデリンドウが咲いているよ」と連絡を受けた。
この場所で初めて聞く花に、大型連休の最終日は、迷わずに訪問先を特定した。
その花は、やや日陰の旧斜面に咲いていた。急に発芽してきたのか、今まで気付かなかったのか、かなりの数咲いていた。
周辺ではニョイスミレが咲き出していたが、アリアケスミレやスミレもきれいな状態で咲いていた。
遅れてきた友人には、「長い時間居るね」と、呆れられたのか。
ここへ来ると、常に半日はうろうろしてしまう。一定の範囲に咲く花を、全て撮ってやろうと決めているので、どうしても時間が長くなってしまう。
でもそんな取組みが、花の名前を覚えることに繋がったと思う。
e0304170_202032.jpg
e0304170_2021633.jpg
e0304170_2022514.jpg
e0304170_2023535.jpg
e0304170_2024417.jpg
e0304170_2025228.jpg
e0304170_203058.jpg
e0304170_203979.jpg
e0304170_2031746.jpg
e0304170_2033844.jpg
e0304170_2035026.jpg
e0304170_204117.jpg


ここに行く前に立寄った大島ダム。ヤマフジがあればと遠回りしてみたが、思うような花に出会えなかった。駐車した場所に見頃を迎えたヒメコウゾが、逆光に輝いていた。ホタルカズラに続いて、本日二度目のサプライズ。
e0304170_2041934.jpg
e0304170_2043135.jpg
e0304170_2044122.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-23 20:06 | 東三河 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
最新のコメント
こんばんは、うれしいコメ..
by yamabousi-28 at 23:27
こんばんは。 香りが漂っ..
by umisanjin at 23:20
日本人の心なのでしょうか..
by yamabousi-28 at 19:22
ピンクの梅花、温かい気持..
by yamabousi-28 at 19:18
桜って、どうしてでしょう..
by gallery-asaba at 17:36
紅梅のピンク、可愛いです..
by gallery-asaba at 17:33
こんばんは、ブログは拝見..
by yamabousi-28 at 21:51
こんばんは、満開の状態で..
by yamabousi-28 at 21:46
やまぼうしさん 初めて..
by kotohajimeno at 19:42
セツブンソウ、こんなに沢..
by gallery-asaba at 00:41
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
梅花その2
at 2019-02-18 19:07
梅花その1
at 2019-02-17 18:30
春の兆し
at 2019-02-16 19:30
「磐田を描く・撮る・詠む」展..
at 2019-02-15 19:28
セツブンソウ
at 2019-02-15 19:23
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物