岩肌を埋め尽くす
私が勤める静岡県磐田市は、明治時代以来地場産業として煙草製造が盛んであった。
昭和50年代でも、市内の至るところで葉煙草の生産が行われ、葉煙草を加工する工場の近くでは、甘い香りに包まれていた。
現在でも、日本たばこ産業㈱東海工場があり、市法人税の主要な一翼を担っている。
ということで、煙草の葉には比較的馴染みがある。
まさに「イワタバコ」の葉の形は、煙草の葉にそっくりである。
植物の名称を、すんなり受け入れられる一つである。
写真のように岩肌一面を(コンクリートの擁壁にも)、葉が埋め尽くしている。
葉の数に比べれば、花を付けている株は1割にも満たないが圧巻である。
遠州地方のイワタバコの葉は概して小さいが、特にここのものは小振りなものが多い。
この花に惹かれるのは、形ではなく色彩にある。花弁の先から根元に向かって徐々に濃さを増していく紫色、中央にはやや明るい茶色がアクセントとなり、派手さはないが清々しい花である。
満開になる頃に、もう一度来ることにしよう。
e0304170_184586.jpg
e0304170_18451534.jpg
e0304170_18452246.jpg
e0304170_18452798.jpg
e0304170_18453595.jpg
e0304170_18454378.jpg
e0304170_18455542.jpg
e0304170_1846321.jpg
e0304170_18461289.jpg
e0304170_18461841.jpg

e0304170_18433732.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-08-06 18:48 | 浜松市天竜区 | Comments(1)
「ラン」という名のつく花
静岡県立浜北森林公園及びその周辺で撮った「ラン」をまとめてみた。
撮影した日取りには約1ヶ月の時間差がある。
タシロランを撮影したのが6月29日、クロムヨウランが7月28日である。
当然ながら、クロムヨウランの時期にはタシロランは姿を消している。
ノギランは「ラン」が付くが、ユリ科に属する。
そういえば、ソクシンランもユリ科であったが、両者は同じ属に属する。
相似ているのかも知れない。
やっかいなのがクロムヨウラン、たくさん咲いている日があるかと思うと、
全く咲いていない日がある。まったくである。
その日の気温や日照の問題ではないようだ。微妙な天気の違いに左右されるらしい。
今シーズンは4回訪問したが、咲いていたのは一日だけ。
妖しいほどに美しい花だと思う。唇弁の先の紫色が何ともいえず、惹きつけられる。
e0304170_19371073.jpg
e0304170_19371947.jpg
e0304170_19373032.jpg
e0304170_19373853.jpg
e0304170_19374746.jpg
e0304170_19375611.jpg
e0304170_1938294.jpg
e0304170_1938990.jpg
e0304170_19381596.jpg
e0304170_19382188.jpg
e0304170_1938271.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-08-05 19:39 | 浜松市浜北区 | Comments(2)
白糸の滝
とにかく人気スポットである。それに若い人が多い。
落差はないが、いくつもの条となって落下している姿は、清涼感がある。
滝が落水するところには、侵食によって丸くなった石の表面に、緑色のコケがびっしりと付いた丸石が配されている。
滝の白と、コケの緑のコントラストが美しい。
観光客は多いが、この滝は幅があり、人物を入れずに撮ることが容易である。
全体を撮ったり、気に入った部分を切り取ってみたり、観光写真風に人物を入れてみたりと、さまざまなシチュエーションで楽しむことができる。
e0304170_19583433.jpg
e0304170_19585278.jpg
e0304170_1959143.jpg
e0304170_1959767.jpg
e0304170_19591387.jpg
e0304170_19592022.jpg

滝つぼからこぼれ出した流れが、岩肌を滑り落ちる姿にも惹かれる。
流れが白飛びすることを防ぐために、ハーフNDを利用して、前景に緑を配してそんな流れも撮ってみた。
e0304170_19593932.jpg
e0304170_19595749.jpg


     ヤマブキショウマ
e0304170_2003950.jpg

     ヤマアジサイ
e0304170_2005968.jpg

     クガイソウ
e0304170_2013130.jpg

     イタドリ
e0304170_203056.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-08-04 20:03 | 東信州 | Comments(2)
のどかな林道を歩く
落葉樹に覆われた小径を一人歩くのは気持ちがいい。
時々会う人と挨拶を交わし、お互い気が合うと、どこから来たのかと二言三言、言葉を交わす。そんな場合は、間違いなく相手は高齢者が多い。
歩きながらも、目は花を必死で探している。自然を満喫しながらも、写真を撮る者の性であろうか、どこか余裕がない。

花は少なかった。ただ、歩き始めてすぐにオニノヤガラを見つけた。
少し前にアオテンマの話をしていたので、ひょっとしたらとの期待もあったが、やはりオニノヤガラであった。
佇まいといい、花の状態といい、最高の場面にめぐり会えたことに感謝する。
e0304170_19471023.jpg
e0304170_19471690.jpg
e0304170_19472245.jpg
e0304170_19472915.jpg
e0304170_19473677.jpg
e0304170_19474321.jpg
e0304170_19475169.jpg
e0304170_19475815.jpg
e0304170_1948465.jpg
e0304170_19481236.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-08-03 19:48 | 東信州 | Comments(0)
竜返しの滝
同じ軽井沢エリアには「魚止めの滝」という滝がある。
緩やかな傾斜の岩肌を、舐めるように流れ落ちる。魚が遡上するには少し厳しい。

こちらは「竜返し」、その名のごとく直瀑で、水量も多い。
滝の部分は両サイドから岩が迫り、いかにも竜が出てきそうな雰囲気を醸し出している。
滝つぼまでは近づけなかったが、落水が激しく水面を叩き、水しぶきをあげていた。
陽が差せば、きっと虹が出るに違いない。幻想的な光景が見られただろうに。

私が写真を始めたきっかけは、滝をスローシャッターで流して撮ってみたいと思ったこと。
滝を前にすると、どうしてもスローシャッターで切ってしまうが、逆に高速で滝のダイナミックさを出しても良かったかも知れない。
次回の課題にしよう。
e0304170_19103879.jpg
e0304170_1910453.jpg
e0304170_19105293.jpg
e0304170_19105828.jpg
e0304170_1911415.jpg
e0304170_1911994.jpg
e0304170_19111590.jpg
e0304170_1911217.jpg
e0304170_19112877.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-08-02 19:11 | 東信州 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
最新のコメント
こんばんは、ブログは拝見..
by yamabousi-28 at 21:51
こんばんは、満開の状態で..
by yamabousi-28 at 21:46
やまぼうしさん 初めて..
by kotohajimeno at 19:42
セツブンソウ、こんなに沢..
by gallery-asaba at 00:41
こんばんは、ここのコショ..
by yamabousi-28 at 22:19
こんばんは、こらこそ2回..
by yamabousi-28 at 22:02
いいな~コショウノキ♪ ..
by みちほ at 21:46
こんばんは!  昨日は..
by あきみちゃ at 21:32
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:41
春一番に咲くからと庭に植..
by chie2317 at 07:07
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
梅花その1
at 2019-02-17 18:30
春の兆し
at 2019-02-16 19:30
「磐田を描く・撮る・詠む」展..
at 2019-02-15 19:28
セツブンソウ
at 2019-02-15 19:23
ミスミソウの咲く山は・・・
at 2019-02-14 18:49
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物