まるで白いジュータン
6日に訪れた時には、株数も少なく、やはり増水で流されてしまったのかと感じた。
今回は様子だけでも見てみようと立ち寄ってみたが、覗いた瞬間、花数の多さに圧倒された。岸が真っ白に埋め尽くされている。
前回、蛇に遭遇した斜面を下る際には、同行者に先頭を譲った(ん?)。
近くで見ると花は満開の状態。接写よりも花数の多さを、川を入れて撮ろうと思い、結局レンズ交換もせずに広角一本で通した。
何か所かダイモンジソウの咲く場所を訪れているが、ここまで密集して咲く場所は、ほかには知らないし、写真でも見たことがない。
下流にも密集している場所があるが、急峻な斜面で、降りる手立てがない。
時間があれば、降りる場所を探ってみたい。(19日撮影)
e0304170_1928742.jpg
e0304170_19282663.jpg
e0304170_19284931.jpg
e0304170_19291596.jpg
e0304170_19293155.jpg
e0304170_19295293.jpg
e0304170_1930875.jpg
e0304170_19303087.jpg
e0304170_19304620.jpg
e0304170_19311455.jpg
e0304170_19313649.jpg

e0304170_19324376.jpg

e0304170_1932535.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-11-02 19:34 | 奥三河 | Comments(0)
会えてよかった
センブリを期待して幹道から側道に入ったが、期待に反して蕾の状態。
例年なら咲いているはずなのに。と思い、近くの別の山を覗いてみた。
ここでは良い具合に花を付けていた。陽当たりなどの環境に大きな差がないのに、この違いはどうしてだろう。
落胆していた気持ちが一気に吹っ切れた。
群生はしていないが、林道沿いにかなりの数が咲いている。
茎は細く、葉は細葉で長く、花弁には紫の条が入りと、繊細で愛くるしい立姿をしている。
どちらかというと、大株よりは茎の分岐が数本で、背丈の短いのが好きだ。
ほかのセンブリのように、大きく開かないのも控えめでいい。
「あばたもえくぼ」で、好きな花はどこを見ても良く見えてしまう。
恋しているんだろうな。(19日撮影)
e0304170_1918218.jpg
e0304170_19182766.jpg
e0304170_19184910.jpg
e0304170_1919592.jpg
e0304170_19192736.jpg
e0304170_19194521.jpg
e0304170_192011.jpg
e0304170_1920228.jpg
e0304170_1920428.jpg
e0304170_1921316.jpg
e0304170_19212065.jpg
e0304170_19213540.jpg
e0304170_1921545.jpg
e0304170_19221574.jpg

     道に落ちている松かさが目を引いた。同行者が伊勢海老のようだと。まさに。
e0304170_19224041.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-11-01 19:26 | 奥三河 | Comments(0)
岩肌に根付く
名古屋市の写友と連れ立って、奥三河の花旅を楽しんだ。
目的はダイモンジソウとセンブリ。
6時半に待ち合わせをして、新城市⇒設楽町⇒根羽村と計画する。
一日陽が差すことなく、雨が降ったり止んだり。花撮りには最高の日よりとなった。
移動中にはワイパーが必要であったが、撮影ポイントでは傘は必要なかった。
水嵩は増している。流れも勢いがある。いつもならジャバジャバ歩ける川も、浅瀬を探しながら歩を進めた。
岩質はわからないが、重層的な岩が魅力のポイント。
ホトトギス、センブリ、サラシナショウマが咲いているはずなのに見当たらなかった。
(19日撮影)
e0304170_1919515.jpg
e0304170_19201195.jpg
e0304170_1920324.jpg
e0304170_19205379.jpg
e0304170_19211970.jpg
e0304170_19214090.jpg
e0304170_1922168.jpg
e0304170_19222011.jpg
e0304170_19223925.jpg
e0304170_1923081.jpg
e0304170_19232359.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-31 19:25 | Comments(1)
山間の早い夕暮れ
ススキの穂が美しい。山の夕ぐれは早い。すっかり太陽は山の稜線に沈んでいた。
それでも、「美しいなあ」と感じた部分を切り取ってみた。
セイダカアワダチソウが、ススキに囲まれてアクセントとなっていた。
普段なら見向きもしない花だが、妙に心惹かれた。
いつもなら落花したものが多い時期に写しているが、今回は咲き始めの状態で見ることのできたヒキオコシ。いずれにしても難しい被写体だ。
秋祭りで主役を担った神輿が、寂しく踊っていた。(14日撮影)
e0304170_19591944.jpg
e0304170_19594570.jpg
e0304170_200168.jpg
e0304170_2003593.jpg
e0304170_2005269.jpg
e0304170_201823.jpg
e0304170_2012431.jpg
e0304170_2014725.jpg
e0304170_202914.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-30 20:03 | 浜松市北区 | Comments(0)
乱舞、そして歓喜
単独でも被写体には十分なのに、乱舞している光景は圧巻であった。
これだけの数を見たことはない。
渡り蝶としても知られているアサギマダラ、フジバカマの花に飛来してきては止まり、
しばらく蜜を楽しむ。
花から花へ移動するものもあれば、飛び去っていくものもある。
時刻は午後3時、やや傾きかけた陽の光を受けて、広げた羽が透き通るように輝く。
そんな姿を撮りたいと何度も何枚も挑戦したが、動いているものを写し止めるのは難しい。改めて動物写真の難しさを知った。
動画撮影なら、この感動がそのまま残せただろうが。(14日撮影)

     何匹いるか?・・・15匹います。
e0304170_18544199.jpg
e0304170_1855015.jpg
e0304170_18552250.jpg
e0304170_18554259.jpg
e0304170_1856867.jpg

     花は美しいが、種も写真になる
e0304170_18562918.jpg
e0304170_18565588.jpg
e0304170_18571499.jpg
e0304170_18573250.jpg
e0304170_1858230.jpg

     静岡県西部に特有のキクです
e0304170_18582412.jpg
e0304170_1859177.jpg
e0304170_18591833.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-29 19:08 | 東三河 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、ここまでは自..
by yamabousi-28 at 22:15
御前崎が静岡県最南端とは..
by mariakulala at 20:50
まささん、こんばんは。 ..
by yamabousi-28 at 19:18
やまぼうしさん、こんにち..
by まさ at 10:24
おはようございます、はい..
by yamabousi-28 at 08:43
わぁ〜、見事に咲いていま..
by gallery-asaba at 01:03
こんばんは、今年は大きな..
by yamabousi-28 at 23:05
今晩は、 今年も見事に..
by sarayuna516 at 22:06
こちらも昨夜から雨です。..
by yamabousi-28 at 12:33
やまぼうしさん、こんにち..
by まさ at 10:52
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
本州最南端の海岸で
at 2018-06-22 19:42
ピンクの塔
at 2018-06-21 19:10
虫と一緒か?
at 2018-06-20 19:18
ランにもいろいろ
at 2018-06-19 19:33
頭上に咲く
at 2018-06-18 18:49
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物