山間の早い夕暮れ
ススキの穂が美しい。山の夕ぐれは早い。すっかり太陽は山の稜線に沈んでいた。
それでも、「美しいなあ」と感じた部分を切り取ってみた。
セイダカアワダチソウが、ススキに囲まれてアクセントとなっていた。
普段なら見向きもしない花だが、妙に心惹かれた。
いつもなら落花したものが多い時期に写しているが、今回は咲き始めの状態で見ることのできたヒキオコシ。いずれにしても難しい被写体だ。
秋祭りで主役を担った神輿が、寂しく踊っていた。(14日撮影)
e0304170_19591944.jpg
e0304170_19594570.jpg
e0304170_200168.jpg
e0304170_2003593.jpg
e0304170_2005269.jpg
e0304170_201823.jpg
e0304170_2012431.jpg
e0304170_2014725.jpg
e0304170_202914.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-30 20:03 | 浜松市北区 | Comments(0)
乱舞、そして歓喜
単独でも被写体には十分なのに、乱舞している光景は圧巻であった。
これだけの数を見たことはない。
渡り蝶としても知られているアサギマダラ、フジバカマの花に飛来してきては止まり、
しばらく蜜を楽しむ。
花から花へ移動するものもあれば、飛び去っていくものもある。
時刻は午後3時、やや傾きかけた陽の光を受けて、広げた羽が透き通るように輝く。
そんな姿を撮りたいと何度も何枚も挑戦したが、動いているものを写し止めるのは難しい。改めて動物写真の難しさを知った。
動画撮影なら、この感動がそのまま残せただろうが。(14日撮影)

     何匹いるか?・・・15匹います。
e0304170_18544199.jpg
e0304170_1855015.jpg
e0304170_18552250.jpg
e0304170_18554259.jpg
e0304170_1856867.jpg

     花は美しいが、種も写真になる
e0304170_18562918.jpg
e0304170_18565588.jpg
e0304170_18571499.jpg
e0304170_18573250.jpg
e0304170_1858230.jpg

     静岡県西部に特有のキクです
e0304170_18582412.jpg
e0304170_1859177.jpg
e0304170_18591833.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-29 19:08 | 東三河 | Comments(2)
車に気兼ねしながら
ダイモンジソウを撮った帰り、道路脇にサラシナショウマやフシグロセンノウなどの花が咲いているのが目に入った。
道路は車がすれ違いできないほどの幅、運悪く道路拡幅工事中で大型も行き交う。
車が通るたびに、立ち上がらないといけない。それに車が通り過ぎた後、しばらくは風が止むのを待たなければいけない。
過酷な条件であったが、撮りたいという気持ちには勝てなかった。
「おい、おい!」と思ったが、バッタがサラシナショウマの花を食べるところを初めて見た。
こんな無理な姿勢でも、食事だけはしっかり取るようだ。
アキチョウジを見たことがない。セキヤノアキチョウジとは雰囲気が違ったので、「もしか?」とも思ったが、いかがなものでしょうか。
道路の拡幅は、花が咲いている反対側。拡幅されれば、もう少しは自由に撮れるかも知れない。(14日撮影)

     アキチョウジでしょうか?
e0304170_18594417.jpg
e0304170_1901255.jpg
e0304170_1903210.jpg
e0304170_1911255.jpg
e0304170_1913295.jpg
e0304170_1914977.jpg
e0304170_192823.jpg
e0304170_1922734.jpg
e0304170_1924692.jpg
e0304170_193447.jpg
e0304170_1932672.jpg
e0304170_1934559.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-28 19:05 | 東三河 | Comments(1)
渓谷に遊ぶ
この日はダイモンジソウ撮りのはしごをする予定で家を出たが、最初の場所で撮り終わったのが12時30分。
なんと4時間以上もダイモンジソウだけを撮っていたことになる。
結局はしごをすることは諦めざるを得なかった。来年の楽しみに。
例年に比べて花が少ないかなとも思ったが、それでも十分楽しめる数はあった。
咲いている場所の環境を写し込みたいと思い、川の流れを意識して入れてみた。
黒い岩と流れの白、それに花も白くて小さい、露出を変えては何枚も撮影したが、花をうまく表現するには難しい状況であった。
運よく川面に陽の光が反射し、玉ボケを作っている。木立の玉ボケと異なり、流れによって絶えず変化している。
タイミングを計って何度もシャッターを切ったが、これこそ画像を見ないと何ともいえない。
ファインダーを覗きながらシャッターを切るが、どうしても遅れてしまう。
何枚も何枚も撮ったが、同じような写真ばかりが並んでいた。
今年2回目のダイモンジソウであったが、花弁に切り込みのあるものを見てみたい。
(14日撮影)
e0304170_18581295.jpg
e0304170_1858512.jpg
e0304170_18592570.jpg
e0304170_1859484.jpg
e0304170_1901120.jpg
e0304170_1902828.jpg
e0304170_1905171.jpg
e0304170_1911319.jpg
e0304170_1913366.jpg
e0304170_1915359.jpg
e0304170_192191.jpg
e0304170_1923687.jpg
e0304170_192588.jpg
e0304170_1931598.jpg
e0304170_1933417.jpg
e0304170_1935120.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-27 19:06 | 東三河 | Comments(0)
出現!
地域の秋祭りの日、日曜日の本番に備えて15時から準備作業を行う。
20年近く続いているが、同年の仲間で子供相手にフライドポテトを出店する。
最初は悪戦苦闘であったが、コツも掴み作業もスムーズに進められるようになった。
出店も今年を最後にしようと決めたが、事情があってあと一年行うことに。
このポテトなかなかの人気で、子供たちは列をなしてくれる。
若いお母さんに「今年で最後ですか?」と問いかけられ、「来年が最後です」と答えると、「来年も買いに来ます」と。胸が熱くなった。
商売の冥利、ここにありといったところ。

午前中は時間が空いたので、天竜川の河川敷を歩いてみる。
増水の影響で、堤防には流木が層をなして重なりあっている。本来は立っている草も、流れに沿って地を這っている。
猪とも怪獣とも見ることができる流木、流されてしまったかと心配したが、草むらに残っていてくれた。正に自然のアート作品。(12日撮影)
e0304170_1554235.jpg
e0304170_15542729.jpg
e0304170_15544638.jpg
e0304170_1555465.jpg
e0304170_15552291.jpg
e0304170_15553852.jpg
e0304170_15555596.jpg
e0304170_15561682.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-10-26 15:59 | 中遠 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんにちは、ニリンソウは..
by yamabousi-28 at 16:14
二輪って川中美幸の二人は..
by mariakulala at 13:38
こんばんは、アマドコロで..
by yamabousi-28 at 23:00
スミレの花の形は同じよう..
by chie2317 at 22:30
こんばんは、見分けの難し..
by yamabousi-28 at 00:15
こんばんは スミレって..
by gallery-asaba at 00:05
こんばんは、花姿に似合わ..
by yamabousi-28 at 21:11
スミレ とても生命力強い..
by mariakulala at 20:37
こんばんは、栽培している..
by yamabousi-28 at 23:50
こんばんは。 ミツバアケ..
by umisanjin at 22:59
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
またまたスミレ、もう少しお付..
at 2018-04-25 19:51
イチ・ニリンソウ
at 2018-04-24 20:54
遠州で見た白いスミレ
at 2018-04-23 21:02
遠州で見た色付きのスミレ 
at 2018-04-22 19:30
秋が楽しみ
at 2018-04-21 19:30
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物