身に堪える晩秋の風
2月に予定している、第7回「山野草と語る会」展示会の打ち合わせのため、久しぶりにメンバー全員が森林公園に集まった。
風も穏やかで、秋の日差しが優しく降り注ぐ。
「外の方が気持ちがいいね」と、コーヒーを外のテーブルに注文する。
打合せも後半になると、赤松林に太陽が陰り始め、全員体が小さくなってきた。
中座する人も現れ、室内に移動することに。
11月も下旬になると、動かないでいると、さすがに風は冷たい。
モミジバフウはほとんどが葉を落とし、「真っ黒くろすけ」のような実が目立つ。
真っ赤な小さい木の実が、美味しそうに訪問者を待っていた。
e0304170_19282823.jpg
e0304170_19285058.jpg
e0304170_1929667.jpg
e0304170_19292349.jpg
e0304170_19294727.jpg
e0304170_193058.jpg
e0304170_19302457.jpg
e0304170_19305277.jpg

     三方原台地から、磐田原台地、その奥の小笠山丘陵を貫くように新東名が走る。
e0304170_19311163.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-23 19:35 | 浜松市浜北区 | Comments(0)
秋、人、そして犬
朝でないと撮れない写真がある。
小国神社の朝は、禰宜全員による境内の清掃活動から始まる。(もっとも、知られざる部分で、朝の神事があるのかも知れないが)
カメラを三脚にセットし、目に付いた紅葉を狙っていたら、思いがけず落ち葉を片付ける禰宜さんが現れた。
「しめた!」と思い、禰宜さんにピントを合わせて数枚撮ったが、気持ちにゆとりがなかった。
ほとんどシャッタースピードなどを考えずに、シャッターを切っていた。
慌てないと居なくなってしまうし、報道写真は撮れないとつくづく思った。
8時前後、宮川に架かる木橋の上流から、陽が差し込んでくるのを待つ。
バックの紅葉が、逆光を受けて輝き出す。そこへ橋を渡る人や犬がシルエットで浮かび上がる。
そのほとんどの多くは、お願いしたモデルなので、禰宜さんの時のように、瞬時の判断は必要としない。
e0304170_15341766.jpg
e0304170_15344778.jpg
e0304170_15351553.jpg
e0304170_1536359.jpg
e0304170_1536302.jpg
e0304170_15364871.jpg
e0304170_1537719.jpg
e0304170_1537298.jpg
e0304170_15375283.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-22 15:39 | 中遠 | Comments(1)
大きな秋
私の小国神社のお気に入りは、8時前後と11時前後。
もちろん撮影ポイントは異なる。どちらも場所取りが大変である。
川の中にも陣取るので、長くつは必須条件。私の場合、冷えてくると決まって足に痙攣が起きる。長居は禁物である。
木全体を、あるいは風景的に紅葉を捉えてみた。
紅葉に訪れる行楽客は、とにかく多い。人物を、画面に入れずに撮るのは難しい。
人が去るのをじっと待つこともある。
e0304170_14385768.jpg
e0304170_14392236.jpg
e0304170_14394089.jpg
e0304170_14395718.jpg
e0304170_14401570.jpg
e0304170_14403713.jpg
e0304170_14405579.jpg
e0304170_14415135.jpg
e0304170_14421081.jpg
e0304170_14422840.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-21 14:43 | 中遠 | Comments(1)
小さな秋
紅葉の撮り方にもいろいろある。山全体を対象に風景的に撮る方法、一本の樹木を対象に撮る方法、美しいと感じた部分を切り取る方法、落葉を撮る方法と、その時々の状況によって撮り分けている。
今年の紅葉は、色がくすんでいたり、葉が傷んでいたりと、美しさに欠けていたように思う。
今回は、美しいと感じた部分を切り取った紅葉を集めてみた。
ある程度離れた位置からの撮影であるため、望遠レンズを使用し、被写界深度も開放に近く設定している。
問題はピントの位置。現地では、この部分を中心にと決めるのであるが、ファインダーを覗いていると、ついつい画角が広くなってしまう。
その結果、仕上がった写真を見ると、ピントの位置がおかしいものがある。
写真は引き算だとよく言われるが、なかなか実践できずにいる。
e0304170_2152738.jpg
e0304170_2152309.jpg
e0304170_21525951.jpg
e0304170_21533524.jpg
e0304170_21535328.jpg
e0304170_21541198.jpg
e0304170_21542978.jpg
e0304170_21545239.jpg
e0304170_21551175.jpg
e0304170_21553268.jpg
e0304170_2155569.jpg
e0304170_21561420.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-20 21:58 | 中遠 | Comments(0)
紅葉を映す
e0304170_18552764.jpg
e0304170_18554659.jpg


境内の背後に広がる山稜から流れ出した小川が、境内地に入ると宮川となり、それなりの河川敷を有するようになる。
境内地でも、いくつかの小河川が宮川に合流している。
深い緑と、宮川の流れによって、小国神社境内は豊かな自然に恵まれ、多種多様な植物が生育する。
紅葉は逆光や斜光で見ることで、その美しさを一段と増すが、川に写り込んだ紅葉も、不思議な雰囲気を醸し出している。
こういう状況の場合、PLフィルターの利かせ方で見え方が大きく変わってくる。
フィルターを微調整しながら、切り撮ってみた。
e0304170_18562391.jpg
e0304170_18564299.jpg
e0304170_185756.jpg
e0304170_18572467.jpg
e0304170_1857488.jpg
e0304170_1858885.jpg
e0304170_18582517.jpg
e0304170_18584184.jpg
e0304170_18585813.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-19 19:03 | 中遠 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:53
こんばんは。 寝そべって..
by umisanjin at 22:21
こんばんは、何の花でしょ..
by yamabousi-28 at 21:41
昨日見た野草も葉っぱの下..
by chie2317 at 18:53
おはようございます。あり..
by yamabousi-28 at 08:41
可愛いですねぇ! ヤマ..
by gallery-asaba at 00:34
ワスレナグサと同じ仲間で..
by yamabousi-28 at 22:01
この花 忘れな草に似て..
by mariakulala at 21:40
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:51
こんばんは 山吹の花、..
by gallery-asaba at 00:23
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
ナベワリ
at 2018-04-20 18:33
優しい色に癒されて
at 2018-04-19 17:31
目にも鮮やかに
at 2018-04-18 19:29
ザゼンソウとミズバショウ
at 2018-04-17 19:30
奥三河のすみれ1
at 2018-04-16 19:30
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物