ススキ
野にあって味のある名脇役といえばススキ、秋の風情を醸し出す効果抜群である。
そんなススキを主役にして捉えてみた。
ススキが主役となる写真で思い浮かべるのは、群生したところを逆光で撮った銀波であろうが、まさに圧巻である。
今回はぐぐっと寄って、リズミカルに垂れ下るしべにピントをあててみた。
しべには、赤褐色をしたものと黄色をしたものがある。これが雄しべであるということを知った。黄色から赤褐色に変化するという。
下から仰ぎ見ると、大輪の花火のようでもある。

e0304170_17141389.jpg
e0304170_17142559.jpg
e0304170_17143395.jpg
e0304170_17144294.jpg
e0304170_17145166.jpg
e0304170_17150096.jpg
e0304170_17150905.jpg
e0304170_17151853.jpg
e0304170_17152705.jpg
e0304170_17153524.jpg
e0304170_17154466.jpg
e0304170_17155334.jpg
e0304170_17160365.jpg
e0304170_17161281.jpg
e0304170_17162002.jpg
e0304170_17163026.jpg
e0304170_17163868.jpg
e0304170_17165062.jpg
e0304170_17170093.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-10-20 17:20 | Comments(0)
ヤマフジ
ハギの花が深まりゆく秋を象徴するかのように、紅色の花を垂れ下げている。
ごちゃごちゃと咲き、ボリューム感は十分である。
なるべくスッキリした部分を選んで切り取ってみた。
紅色と白、そして葉の緑、調和のとれた美しさを感じる。

e0304170_18400833.jpg
e0304170_18401922.jpg
e0304170_18402816.jpg
e0304170_18404315.jpg
e0304170_18405329.jpg
e0304170_18411619.jpg
e0304170_18420932.jpg
e0304170_18422580.jpg
e0304170_18415388.jpg
e0304170_18410496.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-10-19 18:43 | Comments(2)
シロバナサクラタデ
サクラタデは可愛らしい花である。そこにシロバナが付くと、イメージは大きく変わる。
清楚で雄しべの先がほんのりピンク色がかったところがポイント。
花弁に見えるものは花と萼の総称という。よくわからない。
雌花と雄花があるという。どちらのしべが長いのかで見分けがつくという。
撮るときに雌花と雄花を意識している訳ではないので、細かくは観察していない。
とにかく穂状についた花の形のよい部分、しべが目立つアングルを選んで撮っている。
放置された畑の片隅にまとまって咲いていた。

e0304170_18490043.jpg
e0304170_18491242.jpg
e0304170_18492361.jpg
e0304170_18493784.jpg
e0304170_18495999.jpg
e0304170_18501270.jpg
e0304170_18502227.jpg
e0304170_18503209.jpg
e0304170_18504219.jpg
e0304170_18505325.jpg
e0304170_18510240.jpg
e0304170_18511466.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-10-18 19:01 | Comments(0)
ミカワマツムシソウ
沖縄県を除く日本全土に分布するマツムシソウ、初秋の花として最も馴染みがあるのではないだろうか。
乾燥した土壌にしっかりと根を張り、しなやかな茎は風に身を任せて揺れる。
分岐した茎の先に一つずつ花を付ける。淡青紫色の花は蝶のかっこうのご馳走のようで、繰り返し止まっては去っていく。
舌状花の退化(?)したミカワマツムシソウが咲いていた。
色は白いものが多い。珍しいが、舌状花の付いたマツムシソウの方が断然見応えがある。

        舌状花なし
e0304170_21455675.jpg
e0304170_21460874.jpg
e0304170_21462112.jpg
e0304170_21463187.jpg
e0304170_21464159.jpg
e0304170_21465177.jpg
e0304170_21470022.jpg
e0304170_21471072.jpg
        舌状花あり
e0304170_21472003.jpg
e0304170_21473034.jpg
e0304170_21474082.jpg
e0304170_21475218.jpg
e0304170_21480611.jpg
e0304170_21481803.jpg
e0304170_21483116.jpg
e0304170_21484254.jpg
        両者混在
e0304170_21485269.jpg
e0304170_21490161.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-10-17 21:51 | Comments(0)
野菊
秋を代表する花の一つにキクがある。
よほど特徴がないと、私には違いがよくわからない。
好きなキクはノコンギク、理由は簡単で色合いも好きだがもっとも分かりやすいから。
伊藤左千夫の「野菊の墓」のノギクは?「日本の野菊」を著した“いがりまさし”さんは、その書物のなかでノコンギクも候補の一つとしてあげられている。
当地にある秋葉神社にちなんだアキハギクもある。分布は局地的ではないようだが。

        アキハギク
e0304170_20011993.jpg
e0304170_20012967.jpg
e0304170_20013779.jpg
e0304170_20014981.jpg
e0304170_20020290.jpg
e0304170_20021289.jpg
e0304170_20022327.jpg
        ミヤマヨメナ
e0304170_20023437.jpg
e0304170_20024476.jpg
        ノコンギク
e0304170_20025477.jpg
e0304170_20030689.jpg
e0304170_20031507.jpg
e0304170_20032533.jpg
e0304170_20033405.jpg
e0304170_20034647.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-10-16 20:06 | Comments(4)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
最新のコメント
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:24
昨日はお心のこもったコメ..
by gallery-asaba at 00:34
子ねこさん、こんばんは。..
by yamabousi-28 at 21:30
こんにちは。 3枚目が..
by nekonoheyah at 18:35
こんにちは、すっかり涼し..
by yamabousi-28 at 12:39
やまぼうしさん、 すっか..
by まさ at 11:48
こんばんは、ブルーにも微..
by yamabousi-28 at 00:09
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 00:03
ブルーのお花も爽やかでい..
by gallery-asaba at 00:01
mmiimaさん、こんば..
by yamabousi-28 at 23:58
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
ススキ
at 2018-10-20 17:20
ヤマフジ
at 2018-10-19 18:43
シロバナサクラタデ
at 2018-10-18 19:01
ミカワマツムシソウ
at 2018-10-17 21:51
野菊
at 2018-10-16 20:06
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物