<   2018年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
池の辺を歩く
昨日の続き、池を一周しながら野草探しに興じる。
楽しみにしていたリンドウは姿が見られず、センブリはまだ固い蕾の状態だった。
ツルリンドウは残り花が一輪咲いていたが、すでに赤い実が付いていた。
ここでもスズカアザミは元気で、赤い灯が遠くからでも見つけることができた。
池辺に咲くミゾソバは、背景が単調なこともありやや引いた状態で撮ってみた。
目新しい野草はなく、これまで撮ってきたものばかりだったが、健気に咲く花にレンズを向けてみた。

        スズカアザミ
e0304170_21475633.jpg
e0304170_21481618.jpg
e0304170_21482706.jpg
e0304170_21483858.jpg
e0304170_21484790.jpg
        キツネノマゴ
e0304170_21485739.jpg
e0304170_21490910.jpg
        ガンクビソウ
e0304170_21492042.jpg
e0304170_21493359.jpg
        ミゾソバ
e0304170_21494647.jpg
e0304170_21500025.jpg
e0304170_21501432.jpg
e0304170_21502462.jpg
        ゲンノショウコ
e0304170_21503516.jpg
        シラネセンキュウ
e0304170_21504698.jpg
e0304170_21510038.jpg
        ツルリンドウ
e0304170_21511640.jpg
e0304170_21512987.jpg
        ヒヨドリバナ
e0304170_21513805.jpg
e0304170_21514872.jpg
        コシロノセンダングサ
e0304170_21515894.jpg
e0304170_21520893.jpg
        ヤブミョウガ
e0304170_21521775.jpg
        センブリ
e0304170_21522802.jpg
        色付く
e0304170_21524245.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-31 22:00 | Comments(0)
キク科の仲間
野山を彩るキク科の花たち、群生するもの一本二本とひっそりと咲くもの、それぞれに風情があるが、群生していてもどこか物悲しさを感じる。
約350種の野生種があるというが、特殊な環境下に咲くものを除いても、恐らく数十種類の野菊が身の周りにはあるのだろう。
標高500mにある池の周囲を歩いてみた。目的はリンドウであったが、一本も見つけることができなかった。
同じキク科に分類されている仲間を集めてみた。

e0304170_18543122.jpg
e0304170_18544368.jpg
        アキノキリンソウ
e0304170_18545648.jpg
e0304170_18550723.jpg
e0304170_18551939.jpg
e0304170_18553182.jpg
e0304170_18554137.jpg
e0304170_18555318.jpg
e0304170_18560225.jpg
e0304170_18561173.jpg
e0304170_18562130.jpg
        ヤクシソウ
e0304170_18562915.jpg
e0304170_18564107.jpg
e0304170_18565407.jpg
e0304170_18570448.jpg
e0304170_18571676.jpg
        ノコンギク
e0304170_18572479.jpg
e0304170_18573306.jpg
e0304170_18574341.jpg
e0304170_18575137.jpg
e0304170_18580185.jpg
e0304170_18581407.jpg
e0304170_18582830.jpg
e0304170_18583882.jpg
e0304170_18584776.jpg
e0304170_18585639.jpg
        シロヨメナ
e0304170_18590686.jpg
e0304170_18591550.jpg
e0304170_18592572.jpg
e0304170_18593549.jpg
e0304170_18594692.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-30 19:02 | Comments(0)
スズカアザミ
アザミという植物はないという。キク科アザミ属の総称である。
ハイブリッドも多くあるらしく、同定には専門的な知識が必要のようだ。
私の住む地域で最も一般的に見られるのはスズカアザミらしい。
花付きが良いという説明があるが、今回見たものは枝分かれのしない個体が多かった。
アザミには蝶が似合うというイメージがあるが、今回はそんな場面にはめぐり合えなかった。

e0304170_19570359.jpg
e0304170_19571185.jpg
e0304170_19571926.jpg
e0304170_19572979.jpg
e0304170_19574074.jpg
e0304170_19574961.jpg
e0304170_19575852.jpg
e0304170_19580710.jpg
e0304170_19581637.jpg
e0304170_19582592.jpg
e0304170_19583326.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-29 19:59 | Comments(6)
サワシロギク
花弁がまばらで、たよりない花に見えてしまう。
花は決して大きくはないが、葉が細く数も少ないので花が目立つ。
なによりこの花の魅力は、時の経過とともに花弁の色が変わっていくところ。
白花からピンク花に変わっていくが、時間の経過とともに美しさは失われいく。

e0304170_18280330.jpg
e0304170_18283704.jpg
e0304170_18284781.jpg
e0304170_18285944.jpg
e0304170_18290831.jpg
e0304170_18291732.jpg
e0304170_18292746.jpg
e0304170_18293784.jpg
e0304170_18294780.jpg
e0304170_18295676.jpg
e0304170_18300546.jpg
e0304170_18301648.jpg
e0304170_18303279.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-28 18:31 | Comments(0)
ミゾソバ

小さな花が故に、群生してピンク色に染める光景は美しいと思う。
田の周囲や水辺などでよく見かけるが、今回見かけたものは放棄された畑。
山から絞れてくる水が、生育する環境に適しているのだろう。
数輪が開花した部分を撮りたいと探したが、なかなか見つからなかった。

e0304170_19121336.jpg
e0304170_19122516.jpg
e0304170_19123537.jpg
e0304170_19124730.jpg
e0304170_19125906.jpg
e0304170_19131055.jpg
e0304170_19132082.jpg
e0304170_19133437.jpg
e0304170_19134529.jpg
e0304170_19135920.jpg
e0304170_19141639.jpg
e0304170_19143211.jpg
e0304170_19144278.jpg
e0304170_19145045.jpg
e0304170_19150054.jpg
e0304170_19151522.jpg



by yamabousi-28 | 2018-10-27 19:16 | Comments(0)
林道を歩く
初めての林道を歩いてみる。ところどころコンクリート舗装がなされているので、それなりに管理されているのだろう。
民家がある訳ではないので、生活道路としては使用されていない。
山を管理しているらしき車に会うくらいで、夕方になれば一人で歩くのは怖い。
見慣れた花でも環境の違いで新鮮さを覚える。
面白い道だが、できれば誰かを誘って歩いてみたい。

        オトコエシ
e0304170_19281001.jpg
e0304170_19282263.jpg
e0304170_19283414.jpg
        ヒメジソ
e0304170_19284447.jpg
        ヌマダイコン
e0304170_19285626.jpg
e0304170_19290988.jpg
e0304170_19292324.jpg
        ヒヨドリバナ
e0304170_19293415.jpg
        キランソウ
e0304170_19294434.jpg
        ヤナギタデ
e0304170_19295557.jpg
        ゲンノショウコ
e0304170_19300795.jpg
e0304170_19301733.jpg
        メハジキ
e0304170_19303251.jpg
e0304170_19304503.jpg
e0304170_19305516.jpg
        アキカラマツ
e0304170_19310512.jpg
        ハダカホオズキ
e0304170_19312639.jpg
e0304170_19311676.jpg
        ヤブマメ
e0304170_19313595.jpg
        コメナモミ
e0304170_19314478.jpg
        キンミズヒキ
e0304170_19315425.jpg
        カラスウリ
e0304170_19320425.jpg
e0304170_19321350.jpg


by yamabousi-28 | 2018-10-26 19:36 | Comments(2)
ススキの根元に
ススキの根元に目を転じると、ナンバンギセルの花が。
ススキが繁茂しているからそこにあるということもない。ススキがあると一応根元をチェックするが、見つけられたのはこれまでに2回しかない。
繁殖力は強いと聞く。種子を根元に撒くと、かなりの確率で発芽するらしい。
知人のブログでナンバンギセルの紹介があった。だいぶ前の話であり、念のためと現地を覗いてみた。
確かに枯れた花も見られたが、小まめに探すときれいな状態の花が残っていた。

e0304170_20120729.jpg
e0304170_20122652.jpg
e0304170_20125433.jpg
e0304170_20130480.jpg
e0304170_20132933.jpg
e0304170_20135130.jpg
e0304170_20140041.jpg
e0304170_20141458.jpg
e0304170_20142436.jpg
e0304170_20143428.jpg
e0304170_20144452.jpg
e0304170_20145432.jpg
e0304170_20152116.jpg
e0304170_20154213.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-25 20:17 | Comments(0)
エンシュウハグマ
二回目の登場となったエンシュウハグマ、初回は山の斜面に咲いていたものだが、今回は林道脇に咲いていたもの。
Yさんに今年教えていただき、初めての撮影場所となった。一週間前に気になってしょうがなく覗いたが一株一輪が咲いていただけだった。
今回も少し早いかなと思いつつも再訪してみた。全体的には3~4割程度の開花、それでも十分楽しめた。
前回気になった一団がきれいに花を付けていた。接写でやや引いて、周辺の環境を取り入れてと、持っているレンズを駆使して撮らせてもらった。
傘を差しての撮影であったので、次回は秋陽のなかで撮ってみたい。

e0304170_18292904.jpg
e0304170_18294148.jpg
e0304170_18295207.jpg
e0304170_18300318.jpg
e0304170_18301275.jpg
e0304170_18302473.jpg
e0304170_18303540.jpg
e0304170_18304436.jpg
e0304170_18305648.jpg
e0304170_18310631.jpg
e0304170_18312070.jpg
e0304170_18314227.jpg
e0304170_18315696.jpg
e0304170_18320651.jpg
e0304170_18321655.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-24 18:34 | Comments(4)
ホトトギス
道路脇の斜面に長く茎を垂らし、多くの花を付けたホトトギスを見つけた。
こんな光景に出合ったのは初めて、ただただシャッターを切った。
離れ難いほどの喜びを感じたが、正直な気持ちは草に埋もれるように1輪2輪と咲く姿の方が好きだ。花に話しかけるように向き合えるから。
でもまた来年、ゴージャスなホトトギスを見てみたい。
今年はホトトギスの当たり年のようだ。あちらこちらで目にすることが多い。

e0304170_19580265.jpg
e0304170_19581258.jpg
e0304170_19582143.jpg
e0304170_19582956.jpg
e0304170_19583852.jpg
e0304170_19590038.jpg
e0304170_19591116.jpg
e0304170_19592001.jpg
e0304170_19592979.jpg
e0304170_19593818.jpg
e0304170_19594791.jpg
e0304170_19595708.jpg
e0304170_20000644.jpg
e0304170_20001648.jpg
e0304170_20002642.jpg
e0304170_20003656.jpg
e0304170_20004663.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-23 20:01 | Comments(2)
小国神社界隈の続き
昨日に引き続き、大きな花を集めてみた。
大きいといっても大輪の花ではなく、直径数cmの可憐な花である。
この神社を特徴付ける赤い橋を入れたいと、川に入ってカメラを構えた。
12月になればこの橋も紅葉に包まれ、多くの人で賑わうことになる。

        
e0304170_19525754.jpg
e0304170_19532512.jpg
e0304170_19535121.jpg
e0304170_19540220.jpg
        ホトトギス
e0304170_19541875.jpg
e0304170_19542945.jpg
e0304170_19544084.jpg
e0304170_19545024.jpg
        この時点ではやっと開花したテイショウソウ
e0304170_19550159.jpg
e0304170_19551301.jpg
        スズカアザミ
e0304170_19552334.jpg
e0304170_19553524.jpg
        ノコンギク
e0304170_19560350.jpg
e0304170_19561312.jpg
e0304170_19565412.jpg
        ツルリンドウ
e0304170_19562302.jpg
        ヤブマメ
e0304170_19573568.jpg
e0304170_19575998.jpg
e0304170_19580914.jpg
        クサギ
e0304170_20150155.jpg
e0304170_20151240.jpg
e0304170_20152463.jpg

by yamabousi-28 | 2018-10-22 20:16 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
最新のコメント
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 18:59
いつも素敵なお写真拝見し..
by jugeme at 11:17
こんばんは、今日は全国的..
by yamabousi-28 at 00:05
来るべき厳しい冬を感じさ..
by gallery-asaba at 23:37
「世の中変わり者がいる」..
by yamabousi-28 at 00:20
確かに7弁のセンブリ も..
by あきみちゃ at 23:50
こんばんは、喜んでいただ..
by yamabousi-28 at 18:36
とっても元気で綺麗なヤマ..
by gallery-asaba at 23:41
こんばんは、今日は穏やか..
by yamabousi-28 at 23:37
森のチアガール、素敵な表..
by hibikorekouji2-2 at 19:09
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
海岸に咲く晩秋の花
at 2018-12-10 18:51
イソギク
at 2018-12-09 20:30
野に活ける
at 2018-12-08 19:30
もみじ
at 2018-12-07 20:13
いいとこ探し
at 2018-12-06 19:24
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物