<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
シギンカラマツ
線香花火のように、パチパチとはじけたように咲いていた。
蕾のときは淡い紫色をしているのに、はじけると真っ白な花が咲いたようになる。
糸状の花弁に見え線るのは雄しべ、芯にピンクがかった雌しべがある。
カラマツソウの仲間では、共通した特徴であり、シライトソウとは異なるところ。
発芽してからの成長が早いのか、草刈りがされた後にシギンカラマツだけが目立って伸びていた。

e0304170_21005816.jpg
e0304170_21011301.jpg
e0304170_21012499.jpg
e0304170_21013506.jpg
e0304170_21014635.jpg
e0304170_21015868.jpg
e0304170_21020971.jpg
e0304170_21023474.jpg
e0304170_21024734.jpg
e0304170_21025690.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-31 21:04 | Comments(0)
ミヤマママコナ
林道の沿道に群生するミヤマママコナ。今が一番の旬、いたるところで咲いていた。
茎上部の葉腋ごとに花を付けるので、花数は多くなる。
唇弁に二つの突起があり、黄色く色付き、唇弁の元には黄色い斑紋が見られる。
緑の葉、花冠の紅紫色、黄色い突起と爽やかな印象を受ける。

e0304170_19233449.jpg
e0304170_19234804.jpg
e0304170_19235612.jpg
e0304170_19240602.jpg
e0304170_19241518.jpg
e0304170_19242468.jpg
e0304170_19243343.jpg
e0304170_19244293.jpg
e0304170_19245121.jpg
e0304170_19250140.jpg
e0304170_19250999.jpg
e0304170_19251911.jpg
e0304170_19252823.jpg
e0304170_19255015.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-30 19:34 | Comments(0)
赤と白の共演
林床一面に広がるシュウカイドウ・・・、ちょっと早かったみたい。
ちらほらと咲き始めていました。
隣りにはヤブマオが総状花序を付けて。
キツネノマゴ、ここには白花が目立ちます。土壌の関係でしょうか。
赤い花と白い花をペアで。

        シュウカイドウ
e0304170_17291593.jpg
e0304170_17292837.jpg
e0304170_17293759.jpg
e0304170_17295094.jpg
e0304170_17295935.jpg
        ヤブマオ
e0304170_17300855.jpg
e0304170_17301892.jpg
e0304170_17303077.jpg
e0304170_17304354.jpg
        キツネノマゴ
e0304170_17305382.jpg
e0304170_17310559.jpg
e0304170_17311510.jpg
e0304170_17312820.jpg
e0304170_17313828.jpg
e0304170_17314869.jpg
e0304170_17315886.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-29 17:33 | Comments(0)
キツネノカミソリ
花と葉を組み合わせての命名、しかも花は空想の世界、葉は形状からとまったく異質なものが組み合わされている。
こんな花ってほかにあるのだろうか。
ユリ科と思っていたが、ヒガンバナ科とは想像にもつかなかった。

e0304170_18260839.jpg
e0304170_18262131.jpg
e0304170_18263256.jpg
e0304170_18264523.jpg
e0304170_18265904.jpg
e0304170_18271066.jpg
e0304170_18271902.jpg
e0304170_18273325.jpg
e0304170_18274483.jpg
e0304170_18280293.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-28 18:28 | Comments(2)
変わりゆく湿地
久し振りに訪れた面の木湿地、どんどん環境が悪化しているように感じられた。
ロープは垂れ下がり、木道も不安定で歩きづらい。湿地に踏み込んだ跡も見られた。
野草の楽園も風前の灯か、湿地も乾燥が進んでいる。
たくましい野草のこと、きっと生き延びてくれることだろう。

        ウバユリ
e0304170_18444128.jpg
        ミヤマママコナ
e0304170_18451486.jpg
e0304170_18452799.jpg
        シシウド
e0304170_18453890.jpg
e0304170_18454864.jpg
e0304170_18460121.jpg
        クサフジ
e0304170_18461138.jpg
        ツリガネニンジン
e0304170_18462090.jpg
e0304170_18463193.jpg
        ウド
e0304170_18464159.jpg
e0304170_18465470.jpg
        サワギキョウ
e0304170_18470501.jpg
        ハンゴンソウ
e0304170_18471514.jpg
        マムシグサ
e0304170_18472433.jpg
        フシグロセンノウ
e0304170_18473761.jpg
        フウリンウメモドキ
e0304170_18474735.jpg
e0304170_18475605.jpg
e0304170_18480626.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-27 18:53 | Comments(2)
青から赤へ衣装を変えて
これまでも登壇してきたヨウシュヤマゴボウ、息の長い花なのか、今でも花を咲かせている。
小さな花から緑色の実へ、そして熟した赤紫の実、目立つ存在でもあることから、ついついレンズを向けてしまう。
ここに三種のヤマゴボウを、花房が垂れるか直立するかの違いですが、どれも同じように見えますね。

        ヨウシュヤマゴボウ
e0304170_17032973.jpg
e0304170_17034174.jpg
e0304170_17035256.jpg
e0304170_17043370.jpg
e0304170_17052120.jpg
e0304170_17051030.jpg
e0304170_17045988.jpg
e0304170_17053393.jpg
e0304170_17044637.jpg
        ヤマゴボウ
e0304170_17040984.jpg
e0304170_17042296.jpg
        マルミノヤマゴボウ
e0304170_17062002.jpg
e0304170_17065150.jpg
e0304170_17064116.jpg
e0304170_17063040.jpg
e0304170_17070159.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-26 17:12 | Comments(0)
しとしと雨に変わって
森の妖精を撮った後、もう一つの楽しみにしていた花、ソバナを期待していましたが、こちらは完全に終盤を迎えていました。例年妖精と同じ時期に旬を迎えていたのに仕方がない。
この時分になると、雨は気になるほどの降りではなくなってきました。
カメラに雨よけのタオルをかけて、林道を歩いてみました。
ほかの草に隠れて咲いていたフシグロセンノウ、雨の雫をたっぷりと纏ったオオマツヨイグサやサワシロギク、ブラブラしながらの花探し、幸せを感じる時間です。
だめもとで覗いたナツエビネ、かろうじて一輪見ることができました。うれしくてうれしくて、一輪の花をあちこちの角度から撮りました。

        ヤマアジサイ
e0304170_18493913.jpg
        クサアジサイ
e0304170_18494936.jpg
        モミジガサ
e0304170_18495777.jpg
e0304170_18500816.jpg
e0304170_18501899.jpg
e0304170_18503054.jpg
        サワシロギク
e0304170_18504122.jpg
e0304170_18505049.jpg
e0304170_18511993.jpg
        フシグロセンノウ
e0304170_18513021.jpg
        アオツヅラフジ
e0304170_18513977.jpg
e0304170_18515075.jpg
        オトコエシ
e0304170_18520325.jpg
e0304170_18522142.jpg
        オオマツヨイグサ
e0304170_18523577.jpg
e0304170_18524841.jpg
e0304170_18525832.jpg
         ツリガネニンジン
e0304170_18530729.jpg
        ナツエビネ
e0304170_18531605.jpg
e0304170_18532527.jpg
        ノブキ
e0304170_18533487.jpg
e0304170_18534316.jpg
        ガンクビソウ
e0304170_18535432.jpg
        オトギリソウ
e0304170_18541444.jpg
e0304170_18540545.jpg
        コケオトギリ
e0304170_18542489.jpg
e0304170_18543361.jpg

e0304170_18544432.jpg
e0304170_18545225.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-25 19:02 | Comments(2)
並んで咲く
ミズヒキ、小さな花が並んで咲きます。
夢中になって撮るような花ではありませんが、ついつい撮ってしまう。
萼が深く4裂して花弁状となります。花弁は赤と白、4枚の花弁のうち1枚は赤、1枚は白、残る2枚は赤と白が半分ずつ。
白い雄しべは花弁から飛び出し、ルーペで見るとその美しさが際立ちます。
花の美しさはミズヒキに一歩譲りますが、写真に収めやすいキンミズヒキ、小さな花が並んで咲く花を集めてみました。

        ミズヒキ
e0304170_19392135.jpg
e0304170_19392961.jpg
e0304170_19393939.jpg
e0304170_19394834.jpg
e0304170_19395711.jpg
e0304170_19400569.jpg
        キンミズヒキ
e0304170_19401352.jpg
e0304170_19402586.jpg
e0304170_19403570.jpg
        ヒカゲノイノコヅチ
e0304170_19404524.jpg
e0304170_19405665.jpg
        クソコアカソ
e0304170_19410511.jpg
e0304170_19411337.jpg
        オニドコロ
e0304170_19412264.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-24 19:46 | Comments(2)
水も滴る可愛い妖精
天気予報では翌日から雨、その前にと思い森の妖精に会いに行くことに。
家を出る時は厚い雲に覆われていたが、目的地に着く頃には降り始めた。
最初はカッパを着て、傘をさして、暗いので三脚にカメラを取り付けて・・・。
数枚撮っているうちに、雨は一層激しさを増してきた。風ではなく、雨粒にあたって花が揺れてしまう。
一旦車に戻り15分ほど待機することに。小雨になってきたところで再挑戦、自由が効くように手持ちで撮影することに。
花は思った以上に開花が進んでいない。茎頂の花は終わり、二番目三番目の花が咲いていました。
止まない雨のなか、一人静かに妖精と向かい合いました。

e0304170_18572609.jpg
e0304170_18574059.jpg
e0304170_18575435.jpg
e0304170_18580773.jpg
e0304170_18581763.jpg
e0304170_18582751.jpg
e0304170_18583602.jpg
e0304170_18584536.jpg
e0304170_18585482.jpg
e0304170_18590396.jpg
e0304170_18591374.jpg
e0304170_18592281.jpg
e0304170_18593272.jpg
e0304170_18594271.jpg
e0304170_18595241.jpg
e0304170_19000199.jpg
e0304170_19000951.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-23 19:01 | Comments(2)
田んぼで息抜き
4日もカメラを持っていない。仕事と自治会活動で余裕がなく、気持ちにゆとりが持てない。
それでもと思い、休日の最後の日に出掛けてみました。
午後の陽射しが強い日でしたが、稲穂を撫でてくる風が気持ちよかった。
家を出て西に向かうか東に向かうか、ターゲットをヒレタゴボウに西へ自転車を走らせた。
この時期の田んぼは、稲穂が実っているもの、花をつけているもの、青々と穂を出していないものと多様な姿をしています。
楽しみにしたヒレタゴウボウは午前中の花のようで、花は疲れきった様子でした。
ありふれた野草ばかりでしたが、リフレッシュすることができました。

       イネ
e0304170_19021400.jpg
e0304170_19022687.jpg
e0304170_19023602.jpg
        ホソバノツルゲイトウ
e0304170_19024652.jpg
e0304170_19034124.jpg
e0304170_19035112.jpg
        フウセンカズラ
e0304170_19040062.jpg
e0304170_19040956.jpg
        カワラケツメイ
e0304170_19041867.jpg
e0304170_19042710.jpg
        ツルアズキ
e0304170_19043897.jpg
e0304170_19044683.jpg
        ヒヨドリジョウゴ
e0304170_19045475.jpg
        タデ
e0304170_19050383.jpg
e0304170_19051541.jpg
        タカサブロウ
e0304170_19052444.jpg
e0304170_19053539.jpg
e0304170_19054536.jpg
        オモダカ
e0304170_19061030.jpg
        ヤノネボンテイカ
e0304170_19062021.jpg
e0304170_19062898.jpg
        ヒレタゴボウ
e0304170_19064033.jpg
e0304170_19065045.jpg
        ヒレタゴボウの萼
e0304170_19071009.jpg
e0304170_19072399.jpg

by yamabousi-28 | 2018-08-22 19:18 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
最新のコメント
クモの巣を嫌わないともっ..
by yamabousi-28 at 18:57
いつもご覧いただき、あり..
by yamabousi-28 at 18:48
うわっ すごい群生ですね..
by あきみちゃ at 23:25
コウヤボウキも、可愛いお..
by gallery-asaba at 23:21
こんばんは、いつもドラマ..
by yamabousi-28 at 22:53
やまぼうしさん、こんばん..
by cfc999 at 21:35
こんにちは、野草は「自然..
by yamabousi-28 at 16:06
やまぼうしさん、 こんに..
by まさ at 09:43
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 09:41
本当に、野草の百貨店です..
by gallery-asaba at 00:12
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
センブリ3
at 2018-11-20 20:45
センブリ2
at 2018-11-19 19:54
センブリ
at 2018-11-18 19:45
コウヤボウキ
at 2018-11-17 19:30
タイワンホトトギス
at 2018-11-16 19:53
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物