<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
足元に視線を向けて
昨晩降ったのだろう、ふわりと地面を覆い、緩やかな起伏をつくっていた。
湿り気のない雪は軽くて、足で掻いても容易にどけることができる。
すべてのものを包み込み、雪に埋もれていない部分には氷が張り付いていた。
雪と氷、ダブルパンチではさぞかし冷たかろうに。

e0304170_17385125.jpg
e0304170_17390048.jpg
e0304170_17390957.jpg
e0304170_17393318.jpg
e0304170_17394546.jpg
e0304170_17395591.jpg
e0304170_17400484.jpg
e0304170_17401681.jpg
e0304170_17402705.jpg
e0304170_17403777.jpg
e0304170_17404548.jpg
e0304170_17405368.jpg
e0304170_17410117.jpg
e0304170_17411174.jpg
e0304170_17412105.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-31 17:49 | Comments(2)
見上げて
ブナ林は美しい。新緑、紅葉、そして四方に伸びた枝に付く霧氷。
霧氷は青空に映える。がこの日はどんよりとした曇り空。
見上げても背景に同化して、霧氷は目立たない。
肉眼で見る美しさを写真では表現できない。
ブナの真っすぐに伸びた主幹と、上を覆うように広がる枝振りを捉えてみた。

e0304170_19010771.jpg
e0304170_19012193.jpg
e0304170_19013068.jpg
e0304170_19014031.jpg
e0304170_19015016.jpg
e0304170_19041937.jpg
e0304170_19043081.jpg
e0304170_19043908.jpg
e0304170_19044755.jpg
e0304170_19045725.jpg
e0304170_19051091.jpg
e0304170_19051995.jpg
e0304170_19052837.jpg
e0304170_19063210.jpg
e0304170_19064432.jpg
e0304170_19065507.jpg
e0304170_19070522.jpg
e0304170_19071571.jpg
e0304170_19053899.jpg
e0304170_19055024.jpg
e0304170_19060152.jpg
e0304170_19072637.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-30 19:09 | Comments(4)
白い世界に
前日に雨が降って、翌日の朝冷え込んで快晴になる、こんな予報を当てに霧氷を撮りに出掛けた。
朝起きるのは辛い。目覚ましをかけても、その時間に起きられたためしがない。
蒲団の中で、自分なりに言い訳をして、もう一度目をつぶる。こんな時は必ず後悔することになる。あと30分早く来ていればと。
でもこの日は風が強く、靄も立ち込め視界が悪い。遅めの到着で十分だった。
すでに何人かのカメラを携えた人が来ていた。私も白い世界に飛び込んだ。

e0304170_18392349.jpg
e0304170_18393353.jpg
e0304170_18394402.jpg
e0304170_18395439.jpg
e0304170_18400412.jpg
e0304170_18401648.jpg
e0304170_18402657.jpg
e0304170_18403747.jpg
e0304170_18405094.jpg
e0304170_18410194.jpg
e0304170_18411399.jpg
e0304170_18412974.jpg
e0304170_18413962.jpg
ここ面ノ木高原を象徴する一本の木、樹種は聞いたが忘れてしまった。
360度遠景で近景でと、さまざまな角度から捉えてみた。
e0304170_18414839.jpg
e0304170_18420694.jpg
e0304170_18421686.jpg
e0304170_18422723.jpg
e0304170_18423832.jpg
e0304170_18424977.jpg
e0304170_18430075.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-29 18:45 | Comments(4)
健気に
今の時期咲いている野草も少ない。
場所が近いことから、セツブンソウとの絡みで撮られる人も多いコセリバオウレン。
湿り気のある日陰に、ポツンポツンと咲き始めていた。
近くには太い氷柱が下がっている。気温はだいぶ下がると思われるが、それでも時季になると咲いてくれる。
寒いなんて言っていられない、愛でてあげないと。

e0304170_18551269.jpg
e0304170_18552219.jpg
e0304170_18501560.jpg
e0304170_18502364.jpg
e0304170_18503343.jpg
e0304170_18504325.jpg
e0304170_18505912.jpg
e0304170_18510977.jpg
e0304170_18512155.jpg
e0304170_18514349.jpg
e0304170_18515108.jpg
e0304170_18520254.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-28 18:56 | Comments(6)
待ちきれなくて
冷え込みが続き、訪れたい場所があったが、ここ数日ブログに再三登場する野草がある。
予想以上に開花しているようで、昨晩予定を変更して、朝一番セツブンソウのお寺を訪ねることにした。
花数は多かったが、目の前に咲くものがない。
レンズは200㍉しか持っていないので、×2のテレコンを付けて近づけてみた。
セツブンソウはここが一番最初に開花する。
今年の野草撮りも、このお寺から始まることに。

e0304170_20584198.jpg
e0304170_20585996.jpg
e0304170_20591348.jpg
e0304170_20592666.jpg
e0304170_20593903.jpg
e0304170_20595006.jpg
e0304170_21000064.jpg
e0304170_21001037.jpg
e0304170_21003291.jpg
e0304170_21004640.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-27 21:04 | Comments(8)
砂糖菓子のよう
地面の野草に付いた霜は弱弱しく、撮ろうという写欲が湧かなかったが、プランターの花にはたっぷりとふり掛けられていた。
前日に水を掛けられたのだろうか。
カラフルな色合いと霜の組み合わせに目を奪われた。
植栽の花にはカメラを構えることは少ないが、この時ばかりは夢中になっていた。
野草のはかなさ、楚々と咲く姿とは異なる。あたかも、ショトケーキとデコレーションケーキの違いのように感じた。

e0304170_19065164.jpg
e0304170_19070401.jpg
e0304170_19074897.jpg
e0304170_19080071.jpg
e0304170_19080975.jpg
e0304170_19081920.jpg
e0304170_19082917.jpg
e0304170_19083827.jpg
e0304170_19084854.jpg
e0304170_19085865.jpg
e0304170_19091199.jpg
e0304170_19092089.jpg
e0304170_19092918.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-26 19:13 | Comments(2)
ロウバイ
ソシンロウバイに混じって、いくつかのロウバイが植えられている。
美しさはソシンに譲るが、背景の山の群青色と花弁の黄色と花芯の赤紫色のコントラストは絶妙である。
剪定された枝はなるべく画面に入れないように、かつ背景にも気を配りつつ、「春遠からじ」を捉えてみた。

e0304170_19014884.jpg
e0304170_19015641.jpg
e0304170_19020549.jpg
e0304170_19021381.jpg
e0304170_19022231.jpg
e0304170_19022996.jpg
e0304170_19023981.jpg
e0304170_19024867.jpg
e0304170_19030003.jpg
e0304170_19031024.jpg
e0304170_19031808.jpg
e0304170_19032744.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-25 19:04 | Comments(2)
震えるソシンロウバイ
一年で一番最初に咲く花の一つロウバイ、今年は開花が遅れているようだ。
訪れた日は、うっすらと霜が降りていた。
花芯まで黄色いのでソシンロウバイだろう。
開花している花を探し、背景との重なりに気をつかいながら撮った。
甘い香りに包まれるには、もう少し多くが開花するまで待たないと。

e0304170_18524776.jpg
e0304170_18525729.jpg
e0304170_18530866.jpg
e0304170_18531990.jpg
e0304170_18533364.jpg
e0304170_18534496.jpg
e0304170_18535595.jpg
e0304170_18541649.jpg
e0304170_18542729.jpg
e0304170_18543826.jpg
e0304170_18544802.jpg
e0304170_18545774.jpg
e0304170_18550859.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-24 18:56 | Comments(2)
トマトの気持ち
農道を走っていたら、畑の片隅にトマトが山積みされていた。
何気なく通り過ぎたが、「面白いかも」と思い引き返した。
トマト自体可愛いが、赤・緑・黄とカラフルな色合いが面白い。
トマトの気持ちはわからないけど、食べて欲しかったんだろうな。

e0304170_18313623.jpg
e0304170_18314531.jpg
e0304170_18315478.jpg
e0304170_18320279.jpg
e0304170_18321099.jpg
e0304170_18321814.jpg
e0304170_18322780.jpg
e0304170_18323515.jpg
e0304170_18324398.jpg
e0304170_18325183.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-23 18:33 | Comments(16)
どんど焼き
遠江一之宮・小國神社のどんど焼きへ行ってきた。
小正月の次の日曜日、21日の9時から神事が始まった。
参道に設けられた斎場に、古いお札や正月飾り等が持ち寄られ燃やされる。
無病息災・五穀豊穣を祈る伝承行事、この火で焼いた餅を食べ、一年の健康を願う。
小さい頃はこの餅のことを、「繭玉・まゆだま」と呼んでいた。
私の故郷では養蚕が盛んで、このように呼ばれたものと思われる。
焼かれていく達磨を見ていると、寂しそうにもまた、怒っているようにも見えた。

e0304170_12242447.jpg
e0304170_12243385.jpg
e0304170_12244378.jpg
e0304170_12245227.jpg
e0304170_12250177.jpg
e0304170_12251131.jpg
e0304170_12252141.jpg
e0304170_12252925.jpg
e0304170_12253967.jpg
e0304170_12255186.jpg
e0304170_12260028.jpg
e0304170_12260888.jpg
e0304170_12261735.jpg
e0304170_12262572.jpg

by yamabousi-28 | 2018-01-22 19:30 | Comments(4)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
おはようございます、驚き..
by yamabousi-28 at 08:39
わぁ〜、見事ですね! ..
by gallery-asaba at 00:08
こんばんは、見事すぎて、..
by yamabousi-28 at 00:01
見事なフウランですね。 ..
by hibikorekouji2-2 at 21:59
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:21
不思議ですね〜! 本当..
by gallery-asaba at 23:31
こんばんは、暑い毎日です..
by yamabousi-28 at 23:09
今晩は、 歳を重ねると..
by sarayuna516 at 22:06
こんにちは、暑い一日でし..
by yamabousi-28 at 16:36
こんばんは ヤブカンゾ..
by gallery-asaba at 00:16
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
白い衣装をまとって
at 2018-07-17 19:57
オオバノトンボソウ
at 2018-07-16 19:11
ヤブミョウガ
at 2018-07-15 19:28
タシロラン
at 2018-07-14 16:20
二種のカンゾウ
at 2018-07-13 19:25
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物