ナベワリ
どのように理解したらよいのか悩んでしまう野草がある。
ナベワリもそんな野草の一つで、花弁は?シベは?
花を見るには、かなり窮屈な姿勢になるか、寝そべるしかない。
日陰の湿り気のある場所に生えているので、さまざまな虫を覚悟で撮ることになる。
花弁は4枚あるが、一枚の花弁が大きい。個性豊かな野草である。

e0304170_18300660.jpg
e0304170_18301976.jpg
e0304170_18302860.jpg
e0304170_18303849.jpg
e0304170_18304860.jpg
e0304170_18305954.jpg
e0304170_18310742.jpg
e0304170_18311755.jpg
e0304170_18312501.jpg
e0304170_18313426.jpg
e0304170_18314323.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-04-20 18:33 | Comments(4)
優しい色に癒されて
家から1時間ほどの林道に、道路脇に延々と続くヤマルリソウがある。
群生はしないが、かなりの数がある。
ほとんどの花色が薄い水色~白であるが、そんななかにピンク色をした花がある。
歩きながら花色の違いを探すのも楽しい。気持ちを癒してくれる優しい色をしている。

e0304170_17275066.jpg
e0304170_17280371.jpg
e0304170_17281102.jpg
e0304170_17282052.jpg
e0304170_17283135.jpg
e0304170_17284166.jpg
e0304170_17285471.jpg
e0304170_17290113.jpg
e0304170_17291981.jpg
e0304170_17292847.jpg
e0304170_17293880.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-04-19 17:31 | Comments(4)
目にも鮮やかに
これほど目立つ花も少ないだろう。自然界にあって黄色は視線を集める効果があるのかも知れない。所謂「山吹き色」である。
斜面地に垂れ下るように、しなやかな枝が伸び、交互に花を付ける。
一重と八重咲きのものがあるが、一重の方が好きだ。
何かの記念に苗をもらったことがあり、庭に植えたら八重だった。
庭には不向きの花かもしれない、自由に四方八方に枝を伸ばし、毎年刈り込んでいる。
「金運」の花ことばがあるが、いまだに効果は出ていない。やまぶき色の小判を使っていた頃の話だろうか。

e0304170_19262476.jpg
e0304170_19263447.jpg
e0304170_19264649.jpg
e0304170_19265621.jpg
e0304170_19270686.jpg
e0304170_19271564.jpg
e0304170_19272417.jpg
e0304170_19273427.jpg
e0304170_19274426.jpg
e0304170_19275317.jpg
e0304170_19280222.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-04-18 19:29 | Comments(4)
ザゼンソウとミズバショウ
同じサトイモ科に属し、山中の湿地に生えるが、仏炎苞の色の違いで花のイメージも大きく異なる。
棒状の肉穂花序もずんぐり座しているものに対し、片やすらっとステージを歩くモデルのような容姿。
片や陰のイメージに対し、片や陽のイメージ、そんな二つを一緒に紹介する。
前者はザゼンソウで、後者はミズバショウ、カメラを構える心構えも変わってくる。
偶然にも黄色い仏炎苞のミズバショウを見る機会を得た。初めての出会いで、写真を撮ることも忘れ、しばしながめてしまった。

e0304170_20590772.jpg
e0304170_20591684.jpg
e0304170_20592327.jpg
e0304170_20593442.jpg
e0304170_20594362.jpg
e0304170_20595185.jpg
e0304170_21000154.jpg
e0304170_21000914.jpg
e0304170_21001855.jpg
e0304170_21002736.jpg
e0304170_21003712.jpg
e0304170_21004705.jpg
e0304170_21005680.jpg
e0304170_21010509.jpg
e0304170_21011307.jpg
e0304170_21012217.jpg
e0304170_21013139.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-04-17 19:30 | Comments(6)
奥三河のすみれ1
旧稲武町で見つけたスミレをまとめてみた。
家の近くでは見ることのできないスミレが多く、楽しみの一つとなっている。
きりりとしたマキノスミレ、スミレのプリンセスと呼ばれるヒナスミレ、大きな顔付きながらうっすらと頬を染めたエイザンスミレ、どのスミレも特徴があり愛らしい存在である。
特にヒナスミレは多くあるスミレのなかでも1・2番目の魅力あるスミレで、期待を裏切らない美しい姿を見ることができた。

        アカネスミレ
e0304170_20503882.jpg
e0304170_20505520.jpg
e0304170_20510908.jpg
e0304170_20512005.jpg
        アカネスミレ
e0304170_20514121.jpg
e0304170_20515030.jpg
        マルバスミレ
e0304170_20520550.jpg
e0304170_20521774.jpg
        エイザンスミレ
e0304170_20523328.jpg
e0304170_20524597.jpg
        タチツボスミレ
e0304170_20525573.jpg
e0304170_20530642.jpg
e0304170_20532715.jpg
e0304170_20533804.jpg
        ナガバノスミレサイシン
e0304170_20545153.jpg
        ヒナスミレ
e0304170_20534848.jpg
e0304170_20540019.jpg
e0304170_20541637.jpg
e0304170_20542996.jpg
e0304170_20544075.jpg

# by yamabousi-28 | 2018-04-16 19:30 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:53
こんばんは。 寝そべって..
by umisanjin at 22:21
こんばんは、何の花でしょ..
by yamabousi-28 at 21:41
昨日見た野草も葉っぱの下..
by chie2317 at 18:53
おはようございます。あり..
by yamabousi-28 at 08:41
可愛いですねぇ! ヤマ..
by gallery-asaba at 00:34
ワスレナグサと同じ仲間で..
by yamabousi-28 at 22:01
この花 忘れな草に似て..
by mariakulala at 21:40
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:51
こんばんは 山吹の花、..
by gallery-asaba at 00:23
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
ナベワリ
at 2018-04-20 18:33
優しい色に癒されて
at 2018-04-19 17:31
目にも鮮やかに
at 2018-04-18 19:29
ザゼンソウとミズバショウ
at 2018-04-17 19:30
奥三河のすみれ1
at 2018-04-16 19:30
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物