シライトソウ
写友に、土手一面に咲くシライトソウの写真をみせていただいた。
昨年撮影したものだったが、まるで雪が積もったかのように真っ白だった。
一瞬目を疑い、「すごい」という言葉しか出てこなかった。
そんな光景を期待して出掛けてみたが、今年は裏年なのだろうか、地面が目立つ咲き具合だった。
一度写した花でも、場所が変われば花の表情も変わって見える。

e0304170_18580557.jpg
e0304170_18581422.jpg
e0304170_18582181.jpg
e0304170_18583000.jpg
e0304170_18583855.jpg
e0304170_18584547.jpg
e0304170_18585253.jpg

ヨウラクランがたくさん下がっていたが、開花までは少し時間がかかるようだった。
森林公園でのヨウラクランや、ほかの花も含めて紹介する。

e0304170_18595233.jpg
e0304170_19000001.jpg
e0304170_19000895.jpg
e0304170_19001804.jpg
e0304170_19002518.jpg
e0304170_19003468.jpg
e0304170_19004233.jpg
e0304170_19004994.jpg
e0304170_19005727.jpg
e0304170_19010529.jpg
e0304170_19011364.jpg


# by yamabousi-28 | 2017-06-08 19:04 | Comments(0)
植栽と自生
新城市の人里離れた山中、ベニバナヤマシャクヤクやクリンソウに限らず、多くの植物が育てられている。
自然に自生している植物も多い。自生のものは華やかさに欠けるが、反面儚さを感じるものが多い。
そんなところが野草の魅力であり、追い求めてしまう所以ではないかと思っている。
栽培されている植物と、自生の植物に分けて紹介する。
まずは植栽された花々を。

e0304170_19063020.jpg
e0304170_19063910.jpg
e0304170_19064787.jpg
e0304170_19065586.jpg
e0304170_19070420.jpg
e0304170_19071302.jpg
e0304170_19072260.jpg
e0304170_19073125.jpg
e0304170_19074030.jpg
e0304170_19074916.jpg
e0304170_19075877.jpg
e0304170_19080716.jpg
e0304170_19081712.jpg

次に自生の花々を。
e0304170_19082699.jpg
e0304170_19083631.jpg
e0304170_19084568.jpg
e0304170_19085390.jpg
e0304170_19090285.jpg
e0304170_19091263.jpg
e0304170_19092118.jpg
e0304170_19092988.jpg
e0304170_19093776.jpg
e0304170_19094576.jpg
e0304170_19095453.jpg
e0304170_19100501.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-06-07 19:12 | Comments(0)
紅色に魅せられて
栽培されているベニバナヤマシャクヤク、最近富に鹿の害があるということで、ネットでしっかりと保護されていた。
この時期、この花を目当てに訪れる人が多いのだろう、所有者は手慣れた手つきでネットをはずしてくれた。
ネットで囲まれた外でも、新たな株が成長していた。人工物を入れずに撮ろうとすると、どうしても決まったアングルになってしまう。
間違いを指摘していただきました。今からご覧になられる方は、正しい内容です。

e0304170_19435096.jpg
e0304170_19435914.jpg
e0304170_19440660.jpg
e0304170_19441303.jpg
e0304170_19442017.jpg
e0304170_19442754.jpg
e0304170_19443439.jpg
e0304170_19444025.jpg
e0304170_19444740.jpg
e0304170_19445602.jpg


光が差すのを待って、自分としてはこだわりの一枚を撮ろうと、かなりの時間を待ってクリンソウを狙った。
こだわりのクリンソウ、わかってもらえると嬉しいのだが。

e0304170_19471123.jpg
e0304170_19471827.jpg
e0304170_19472662.jpg
e0304170_19473462.jpg
e0304170_19474248.jpg


# by yamabousi-28 | 2017-06-06 19:48 | Comments(4)
エビネ
山中にひっそりと咲く野草、その周囲の空間には踏み入ってはいけないような、神聖な場所という雰囲気がある。
特別なランではなく、それがエビネであっても、そんな世界を醸し出していた。
この日は萼や花弁に多様な色合いのエビネに出会うことができた。
きっと多彩な色合いから、特別な印象を受けたのだろう。
「きれいだね」「最高だね」と声をかけながら、レンズを向けさせてもらった。

e0304170_19244942.jpg
e0304170_19245562.jpg
e0304170_19250382.jpg
e0304170_19250989.jpg
e0304170_19251538.jpg
e0304170_19252330.jpg
e0304170_19252946.jpg
e0304170_19253659.jpg
e0304170_19254153.jpg
e0304170_19254744.jpg
e0304170_19255346.jpg
e0304170_19260031.jpg
e0304170_19260854.jpg
e0304170_19261581.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-06-05 19:27 | Comments(4)
浜を覆って
この時期、海岸に咲く花は、「ハマ」の付く名前が多い。
目に付いた花をすべて撮ってみたが、「ハマ」の付かない花のほうが少なかった。
マンテマは涼しげな花で好きだ。微風を運んでくれるようだ。
砂浜が熱せられる前に、散歩した先客がいたようだ。

e0304170_19324628.jpg
e0304170_19325512.jpg
e0304170_19330264.jpg
e0304170_19330970.jpg
e0304170_19331880.jpg
e0304170_19332682.jpg
e0304170_19333307.jpg
e0304170_19333952.jpg
e0304170_19334020.jpg
e0304170_19334884.jpg
e0304170_19335469.jpg
e0304170_19340577.jpg
e0304170_19341136.jpg
e0304170_19341809.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-06-04 19:38 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、お久し振りで..
by yamabousi-28 at 18:22
今日は。 あんだんて♪..
by andanteeno at 15:41
こんにちは、私も昨日から..
by yamabousi-28 at 12:26
林床に咲く、清々しい!コ..
by まさ at 11:29
こんにちは、私からのコメ..
by yamabousi-28 at 17:02
やまぼうしさん、 おは..
by まさ at 08:53
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:12
毎日の更新に羨ましく思っ..
by みちほ at 00:35
鍵コメさん、お久し振りで..
by yamabousi-28 at 21:59
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 21:18
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
標高の低い場所で
at 2017-06-28 18:31
頭上に咲く花
at 2017-06-27 19:33
コアジサイ
at 2017-06-26 19:01
イナモリソウ
at 2017-06-25 19:30
静岡の林道を走る
at 2017-06-24 20:08
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物