虚しく響くメロディー
コフタバランの探索に時間を費やし、時間も遅くなってしまい、天気も曇ってきたので、三箇所だけ覗いてみたが、茶臼山では、この時期花を咲かす山野草は少ないのだろうか。
目的の花があった訳ではないが、帰宅するには早いし、他へ回るにはせわしない時間。
次回に備えて、気になる花の状況を確認しながら、目に付いた花にカメラを向けてみた。
17時を回ると交通が遮断される場所がある。仕方なく車を遠くに止めて、湖の周辺を歩く。終了を告げる音楽だけが、人の居なくなった高原に鳴り響いていた。
ここでの楽しみの一つ、美術館長との花談義もできなくなってしまった。
e0304170_18475642.jpg
e0304170_184843.jpg
e0304170_18481237.jpg
e0304170_18482045.jpg
e0304170_18482862.jpg
e0304170_1848369.jpg
e0304170_18484255.jpg
e0304170_18484831.jpg
e0304170_18485432.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-07-02 18:49 | 茶臼山 | Comments(0)
今年も何とか会えました
小鳥茶屋に立寄った。ちょっと遅い昼食となったが、楽しみにしている小鳥ランチを食す。
このランチの楽しみは、その季節で旬な野草が天ぷらで出してもらえること。
煮物なども極力化学調味料を使わずに味付けされているという。
この日の天ぷらには、ドクダミが含まれていた。葉と花、見た目色がきれいであった。
天つゆに浸して食べてみたが、最初は無味、特徴がないなと思ったが、後から苦味が口のなかに広がった。間違いなくドクダミだ。
ある本によると、1日水にさらすと、苦味は薄らぐというが、庭に生えているドクダミを食べようとは思わない。
食事をしていると、「初めてコフタバランを見たよ」と。行くつもりはなかったが、咲いていると聞くと見ずに帰る勇気はなかった。
いつも撮影しているポイントを歩くが、1本も目に入らない。足元に気をつけて、何回探し回っただろう。それでも見つからず、諦めて茶屋への帰路に着いた。
幸運は突然にやってくる。
諦めきれずに下を見ながら歩いていると、不自然な棒が目に入った。
その近くに、「あった!」体の力が抜けたかのように座り込み、確認をした。
よく見ると、何本か生えている。自分でも見つけたのがあり、目印に棒を差してきた。
e0304170_1955098.jpg
e0304170_1955818.jpg
e0304170_19551568.jpg
e0304170_19552199.jpg
e0304170_19552984.jpg
e0304170_19553567.jpg
e0304170_19554147.jpg
e0304170_19554820.jpg
e0304170_19555343.jpg
e0304170_1956245.jpg
e0304170_195695.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-07-01 19:57 | 茶臼山 | Comments(0)
渓谷に彩を添えて
訪れた日は、台風3号が前線を刺激して、2日間雨が降った翌日であった。
小戸名渓谷も水嵩を増し、流れは激しく岩にぶつかっていた。
イワツツジを求めて神越渓谷を訪れたのは1週間前。
2回目のイワツツジの撮影となった。
岩の亀裂などに根を張り、そして伸ばして、鮮やかな赤い花を咲かせている。
その生命力の強さには驚かされる。
よりによって、こんなに環境の悪い場所で生きていかなくてもいいのにと思う。
住めば都とは言うが、イワツツジにとっては住み心地が良いのだろうか。
e0304170_21523134.jpg

e0304170_21524579.jpg
e0304170_21525566.jpg
e0304170_2153499.jpg
e0304170_21531427.jpg
e0304170_2153245.jpg


川の流れに勢いがあることで、岩肌を滑る水模様が美しかった。
こういう被写体は、シャッタースピードを変えて何枚も撮るに限る。模様の変化が面白い。
e0304170_21533889.jpg
e0304170_21534839.jpg
e0304170_2154043.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-06-30 22:30 | 南信州 | Comments(0)
また一つ楽しみの場所が・・・
これといった花が咲くわけでもないが、雰囲気の好きな売木村内の県道を走った。
これまで土側溝で、ミゾホオズキやクモキリソウが咲いていたが、なんとU字溝の埋設工事を行っていた。当然、現地は掘り返され、工事に関係のない場所にまで排土が置かれていた。
一瞬にして、雰囲気が一変してしまった。しばらくはここに立寄ることもないだろう。

別の場所で水路を埋め尽くすように、ワスレナグサが一面に咲いていた。
旬は過ぎていたものの、葉の薄い緑と、水色の可愛い花がマッチしていた。
いつもは近寄って撮っていたが、やや引き気味にして、爽やかさを表現してみた。
e0304170_18104954.jpg
e0304170_1811112.jpg
e0304170_18111551.jpg
e0304170_18112557.jpg
e0304170_18113455.jpg

     ノイバラ
e0304170_18121660.jpg

     サワギク
e0304170_18124393.jpg

     ムラサキツユクサ
e0304170_18131175.jpg
e0304170_18132128.jpg

     クサノオウ
e0304170_18134883.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-06-29 18:15 | 南信州 | Comments(0)
雨に謳う-水郷の里を訪ねて7-
台風3号が梅雨前線を刺激して、当日は不安定な天気であった。
夜半に降った雨が朝方まで残っていたが、予報を見ると愛知県は天気が回復する。
予定通り東三河へ向かう。
晴れ間が出たり、ポツポツときたりと一喜一憂する天気であったが、かえって変化のある写真が撮れた。
しかし、15時あたりから突然の雨。
しかも雨量が半端ではなかったが、養生をして嬉々として撮影を続けた。
梅雨に入ってから雨らしい雨もなく、木々や草花は体いっぱいに雨を浴びて、「水も滴るいい植物」へと変わっていった。
みずみずしい、生き生きとした表情を見ていると、雨っていいなあとつくづく思う。
考えてみると、今年真剣にアジサイを撮っていない。
「アジサイには雨が似合う」という、変な先入観を持っているのが原因である。
この日は、しっとりと雫を纏ったアジサイを撮ることができた。
e0304170_22255035.jpg
e0304170_2226098.jpg
e0304170_2226883.jpg
e0304170_22261937.jpg
e0304170_22262738.jpg
e0304170_2226357.jpg
e0304170_22265067.jpg
e0304170_22265979.jpg
e0304170_2227815.jpg
e0304170_22271991.jpg

     ベニバナヤマシャクヤクの種子
e0304170_22272896.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-06-28 21:23 | 東三河 | Comments(1)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、白梅より一足..
by yamabousi-28 at 00:28
こんばんは 梅、綺麗で..
by gallery-asaba at 23:57
こんばんは、近場といって..
by yamabousi-28 at 22:55
こんばんは! 嬉しいコ..
by ビューポイント&ジャイロ at 18:04
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 10:08
こんばんは 本当に可..
by gallery-asaba at 00:04
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:49
こんばんは 氷の世界も..
by gallery-asaba at 00:14
クララさん、こんばんは。..
by yamabousi-28 at 21:56
ねこさん、私は臆病者です..
by yamabousi-28 at 21:42
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
野に春の足音が聞こえます
at 2018-02-19 19:03
盆梅展
at 2018-02-18 19:30
紅梅に思いを込めて
at 2018-02-17 19:30
ジュエリーをあなたに
at 2018-02-16 18:48
凍てつく川
at 2018-02-15 19:43
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物