雨化粧
春には幾度となく訪れる場所も、季節が変わるとまったくの無関心となる。
近くを通った折に、様子だけでも見てみようと立ち寄ってみた。
花の種類にこだわらなければ、なにがしかの花は咲いているもので、折しも雨の降る中、水滴によって普段は見向きもされないであろう花を、魅力的な花に変えていた。
数百メートルを歩く間に、15種類ほどの花を見つけることができた。
こんな花でも(モデルさんごめんなさい)、ファインダー越しに見ていると、「ハッ」とさせられる時がある。
こんな感動が、野草撮影の虜にしてしまう。

      ツリフネソウ
e0304170_19352866.jpg

      ヤマノイモ
e0304170_19362426.jpg

e0304170_1947785.jpg

      オニドコロ
e0304170_19365719.jpg
e0304170_19374056.jpg

      カナムグラ
e0304170_19394543.jpg
e0304170_19402110.jpg

      アレチウリ
e0304170_19405666.jpg
e0304170_19411828.jpg
e0304170_19414716.jpg

      オオニシキソウ
e0304170_19422295.jpg

      クズ
e0304170_19424720.jpg
e0304170_1943937.jpg

      カラムシ(でよいかと思います)
e0304170_19445767.jpg
e0304170_19451716.jpg

e0304170_19454352.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-09-23 19:49 | 奥三河 | Comments(10)
沢に咲く花
「マムシに注意」と書かれた看板を横目に、小さな沢を覗いてみる。
かつてはミミナグサの仲間が咲いていたが、シロイヌノヒゲが勢力を拡大していた。
花の種類は多い。が、小さな花が多い。
三脚は使えず、どうしても濡れるのを覚悟で肘をついてカメラを構える。
マクロレンズで小さな花を覗くと、ファインダーの中に花の生きる環境が広がる。
花の視点から見た世界観を覗き見ることは、普段では見られないことなので新鮮である。
水辺に咲く花は、どれも旬の季で、可愛らしい、美しい姿を見ることができた。

      アカバナ
e0304170_2044727.jpg
e0304170_2051928.jpg

      イワショウブ
e0304170_206365.jpg

      サワシロギク
e0304170_2072067.jpg
e0304170_2074965.jpg
e0304170_2081462.jpg

      サワギキョウ
e0304170_2085915.jpg
e0304170_209177.jpg
e0304170_2095355.jpg

      シロイヌノヒゲ
e0304170_20103873.jpg
e0304170_20105810.jpg

      ヒメジソ
e0304170_2012940.jpg


車に戻る途中、ついに遭遇してしまった。石垣の上で日向ぼっこ。
少し距離をおいて威嚇してみたが、動く気配はまったくなし。悠然としたものである。憎らしい。
# by yamabousi-28 | 2013-09-22 20:14 | 東濃地域 | Comments(1)
山に咲く花
シラヒゲソウが咲く湿地の周囲、山の中の整備された歩道を歩く。
足元には、「シラヒゲソウが咲きます」との注意札が付けられている。
葉の裏に隠れてツルリンドウが咲いている。そのままの姿で絵になるものもあれば、少しツルを動かさせてもらうものもある。
均整のとれた花姿、淡いピンクに染まった花弁、条件にもよるが透過光で見たときの美しさは虜になってしまう。
ツルリンドウには少し早かったみたいで、蕾のものやツルの短いものが多かった。
ホツツジは、林の中にあっても目立つ存在である。
ピンクがかった白い花は、近づいて見ると、花弁は虫が着地しやすいように平らで、しべが異常に伸びたユニークな形をしている。
山の上に居たら、下の湿地から、奇妙な唸り声のような鳴き声が聞こえてきた。
思わず脳裏をかすめたのは、猪。以前に熊より猪の方が怖いと教えていただいたことがある。運悪く一人、私の存在を知らせるべく、口笛を吹いて、大きな声を発した。

      クルマバハグマ
e0304170_1671243.jpg
e0304170_167386.jpg
e0304170_1675979.jpg
e0304170_1682313.jpg


      ホツツジ
e0304170_169109.jpg
e0304170_169373.jpg
e0304170_1610546.jpg
e0304170_16103092.jpg
e0304170_16111612.jpg


      ツルリンドウ
e0304170_16122085.jpg
e0304170_16124345.jpg
e0304170_1613589.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-09-21 16:15 | 東濃地域 | Comments(0)
もじゃもじゃのしらひげ
シラヒゲソウの咲く場所はここしか知らない。
ここ数年通っているが、この時期になると訪れたくなる。
目的はシラヒゲソウであるが、訪れる微妙な時期のずれで、周辺に咲く花の様子が異なる。これも楽しみの一つである。
部分的にロープが張られていて、保護されている場所があるが、池の辺までは自由に入れるので、シラヒゲソウを間近で写すことができる。
花弁の縁に刻みが入り、ヒゲのように見えることが命名の由来とあった。
が、こんな説明も読んだことがある。
「髭」「髯」「鬚」と書くが、同じヒゲでも生える場所によって表記が異なる。
はたして、シラヒゲソウのヒゲはどの字を充てるのでしょう。
e0304170_20143381.jpg
e0304170_20145451.jpg
e0304170_20152297.jpg
e0304170_20154496.jpg
e0304170_2016382.jpg
e0304170_20162186.jpg
e0304170_20163832.jpg
e0304170_20165581.jpg
e0304170_20172140.jpg
e0304170_2018943.jpg

今回は、珍しく単品で白鬚草だけを紹介した。
# by yamabousi-28 | 2013-09-20 20:19 | 東濃地域 | Comments(4)
巡り会えた光景
色鮮やかに咲くヒガンバナ。秋のお彼岸に咲く花としては、どこか不釣り合い。
真っ赤に、細く縮れて伸びた花弁、大きく広げたしべを見ると、情熱の花とさえ思える。
名前の印象から、野辺に咲くイメージが強いが、秋のあぜ道に彩を添えて咲くヒガンバナも好きだ。
最近は年々稲刈りの時期が早まり、稲とヒガンバナを組み合わせて撮るのが難しくなった。と嘆いていたところ、岐阜県でそのチャンスに巡り会えた。
花の数は多くはなかったが、赤、黄、オレンジ色とカラフルに富んでいた。
オレンジに近い黄色のものは、遠目ではキスゲの仲間かと思うほど、珍しい花だった。
折しも1両編成の電車が、軽快なリズムを刻んで走り過ぎていった。
e0304170_1921573.jpg
e0304170_1923826.jpg
e0304170_1925833.jpg
e0304170_1932117.jpg
e0304170_1934474.jpg
e0304170_194564.jpg
e0304170_194288.jpg
e0304170_1945966.jpg
e0304170_1952257.jpg
e0304170_1955088.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-09-19 19:09 | 東濃地域 | Comments(1)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、美しいです。..
by yamabousi-28 at 00:15
こんばんは 連日の夕陽..
by gallery-asaba at 23:50
hibikorekouj..
by yamabousi-28 at 23:22
こんばんは、雪景色撮って..
by yamabousi-28 at 23:03
水平線へと沈む夕陽、憧れ..
by hibikorekouji2-2 at 22:57
今までと違って、こんな風..
by sarayuna516 at 22:18
潮騒橋は、自転車・歩行者..
by yamabousi-28 at 20:23
きれいな夕日です、、 ..
by mariakulala at 19:41
chieさんのところから..
by yamabousi-28 at 10:16
asabaさん、おはよう..
by yamabousi-28 at 10:10
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
夕陽を撮る3
at 2018-01-18 18:31
夕陽を撮る2
at 2018-01-17 18:44
夕陽を撮る1
at 2018-01-16 18:44
退砂垣
at 2018-01-15 19:30
風紋
at 2018-01-14 19:35
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物