スミレ天国その2
e0304170_20494073.jpg

ご案内いただいたのは大型連休の前半、前日には雹が降ったということであったが、当日は微風快晴、野山を歩くには最高の条件であった。
前回は車道の脇ばかりで、体力のない私にとっては願ってもない条件であったが、今回はストックを使っての山登りも含まれていた。
こんな場所まで歩かれているんだと、ただただ感心するばかり。
でもそんな先で待っていてくれたスミレは、初めて見るものばかり。
同行された埼玉県の人は、蝶への関心も高く、案内人と蝶を見ては会話が弾んでいた。
最初、蝶の名前を聞いて、そんなスミレもあるんだと、自分の知識の無さを恥じた。
お昼を食べた場所は雑木林の中。腰を下ろした目線の先には、
サクラスミレ、ヒゴスミレ、オトメスミレ、アカネスミレ。
なんと幸せなことだろう。まさにスミレ天国。
e0304170_20495616.jpg
e0304170_2050543.jpg
e0304170_20501312.jpg
e0304170_20502031.jpg
e0304170_20502787.jpg
e0304170_20503576.jpg
e0304170_20504516.jpg
e0304170_20505478.jpg
e0304170_2051363.jpg
e0304170_20511467.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-17 20:51 | 群馬県吾妻郡 | Comments(1)
スミレ天国その1
e0304170_2022723.jpg

e0304170_20222468.jpg

野草の撮影を始めてから、群馬県吾妻郡域の多様な植物相に驚いている。
特に多種多様なスミレの存在は、スミレ大好き人間にとってまさに天国である。
吾妻郡は県西北部に位置し、長野県と接し、新潟県にも近い。そんな位置関係が多様性と関係しているという。
3年前に初めてご案内をいただいた。次から次に案内されるスミレの数々、当時は初めて耳にするものが多かった。
スミレはスミレと、すべて一緒に考えていた私が、スミレに関心をもったのはこの時だったかも知れない。
正直、スミレよりも群生するヒトリシズカや、透き通るようなオオヤマカタバミの花弁に魅せられていた。
次第にスミレを意識するようになり、スミレの本も読むことで、スミレの虜になってしまった。
今回も丸一日、中之条町周辺の野山を案内していただいた。実に20種を超えるスミレの数々。
見たいと願っていたスミレ、初めて名前を聞くスミレ、感動したスミレを2回に分けて紹介する。
e0304170_20223559.jpg
e0304170_20224373.jpg
e0304170_20225388.jpg
e0304170_2023221.jpg
e0304170_20231059.jpg
e0304170_20231791.jpg
e0304170_20232698.jpg
e0304170_20233522.jpg
e0304170_20234540.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-16 20:24 | 群馬県吾妻郡 | Comments(0)
観光のメッカ榛名湖
e0304170_19282988.jpg

e0304170_1929971.jpg

ふるさとに帰ると必ず立寄る場所、榛名湖。
観光地化して湖畔にはボート乗り場が設置されているが、一周6㌔の所々には自然が残る。
冬は湖面が全面結氷し、ワカサギ釣りのメッカに。
春は新緑のなか、釣りや散策をする人たちで賑わう。
夏は涼を求めに、キャンプや合宿、林間学校で多くの人たちが訪れる。
秋は紅葉と、一年を通じて目的はそれぞれ異なるが集客のある、群馬県を代表する観光地の一つ。
私も、中学生の時は林間学校で、高校時代はクラブ活動の合宿で利用してきた。
そして今は、春から秋にかけての野草散策や、初日の出の撮影ポイントとして、四季を通じて楽しんでいる。
残念なことは、周遊道路沿いに水仙が植えられるようになった。
景観植物としては、来訪者を楽しませてくれるのかも知れないが、
花壇を造る際にエイザンスミレやヒゲネワチガイソウが被害に遭うのが悲しい。
e0304170_19292181.jpg
e0304170_19293077.jpg
e0304170_19293846.jpg
e0304170_19294672.jpg
e0304170_19295395.jpg
e0304170_1930073.jpg
e0304170_1930756.jpg
e0304170_19301417.jpg
e0304170_19302041.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-15 19:32 | 榛名湖 | Comments(1)
寄り道
時期はもう少し遅かったが、昨年ルイヨウボタンを撮った場所に立寄ってみた。
川の周囲に雑木林が広がる、野草が根付くには環境が整った場所である。
e0304170_19195322.jpg

少し時間があったので、川まで降りてみた。石には苔が生えている。
ネコノメソウの仲間があってもおかしくないな、と思いしばらく歩いてみた。
案の定、タチネコノメソウや花期の終わったシロバナネコノメソウを見つけることができた。やっと開き始めたタチカメバソウもあった。
雑木林の中では、ハルトラノオが春の陽に向かって背比べをし、終わりかけのカタクリが最後の輝きを放ち、エイザンスミレやヒナスミレが出迎えてくれた。
こんな場所で、一日野草と向き合っていても飽きないだろうな。
e0304170_19201217.jpg
e0304170_19202156.jpg
e0304170_19202868.jpg
e0304170_19203616.jpg
e0304170_19204365.jpg
e0304170_19205085.jpg
e0304170_1920565.jpg
e0304170_1921213.jpg

e0304170_19214840.jpg
e0304170_19215571.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-14 19:23 | 群馬県吾妻郡 | Comments(0)
スミレの楽園
榛名湖へ向かって県道を走る。連休中だというのに、まれに車とすれ違う。
静かな場所である。
やっと芽吹いた雑木林の中を、枯葉を踏みしめながら花を探してみた。
まず目に飛び込んできたのが、淡いピンク色をしたスミレ。
今回、あちらこちらで目にしてきたエイザンスミレかと、ほかの花を探してみた。
次に目にしたのも淡いピンク色をしたスミレ、でも葉が違う。くるくるっとカールしている。
アケボノスミレだ!しかもけっこうな数咲いている。
白いスミレ、淡いピンクのスミレが、狭い範囲のあちらこちらで咲いている。
エイザン、アケボノ、ヒナ、マルバ、タチツボ、アカフタチツボ、まさにスミレの楽園であった。しかも、ほかの花は一つも咲いていない。
目線の高さに、ウグイスカグラが咲いていた。この実は美味しいというが。
気になったのが、一部に車の入った痕跡が残っていたこと。
何かを捨てられなければいいけど。
e0304170_20482182.jpg
e0304170_2048334.jpg
e0304170_20484235.jpg
e0304170_20484883.jpg
e0304170_20485410.jpg
e0304170_2049140.jpg
e0304170_2049823.jpg
e0304170_20491548.jpg
e0304170_20492681.jpg
e0304170_20493358.jpg

エイザンスミレ?少し雰囲気が違うような。いいのかな。
e0304170_20494053.jpg
e0304170_20494793.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-05-13 20:53 | 群馬県吾妻郡 | Comments(1)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、お久し振りで..
by yamabousi-28 at 18:22
今日は。 あんだんて♪..
by andanteeno at 15:41
こんにちは、私も昨日から..
by yamabousi-28 at 12:26
林床に咲く、清々しい!コ..
by まさ at 11:29
こんにちは、私からのコメ..
by yamabousi-28 at 17:02
やまぼうしさん、 おは..
by まさ at 08:53
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:12
毎日の更新に羨ましく思っ..
by みちほ at 00:35
鍵コメさん、お久し振りで..
by yamabousi-28 at 21:59
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 21:18
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
標高の低い場所で
at 2017-06-28 18:31
頭上に咲く花
at 2017-06-27 19:33
コアジサイ
at 2017-06-26 19:01
イナモリソウ
at 2017-06-25 19:30
静岡の林道を走る
at 2017-06-24 20:08
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物