大小の滝
花があるわけでもなく、無意識に通り過ごしてしまうような何気ない水の滴り。
これが逆光で見ることで、驚異の世界に一変する。
岩の黒、苔の緑、そこに滴る数条の流れ、岩に当たって飛び散る飛沫。
まるで、若さがほとばしるかのように見えた。正に、光の魔術である。

阿多古川にも白倉川同様、ところどころに「淵」がある。
歩道が付いているわけでもなく、急峻な斜面を下りないと臨むことができない。
下りられそうな場所を見つけて、「淵」の撮影に挑戦してみた。
危険なことは一人のときは控えようと思うが、撮りたいものがあると無理してしまう。無理しないと人とは違った写真が撮れない。
気取った言い方をすれば、カメラマンの性である(なんちゃって)。
e0304170_19394849.jpg

e0304170_1943477.jpg
e0304170_19441965.jpg
e0304170_19444751.jpg
e0304170_19452176.jpg
e0304170_19455432.jpg
e0304170_19461137.jpg
e0304170_19462895.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-27 19:47 | 浜松市天竜区 | Comments(1)
ひっそりと色づく
釣りや川遊びで有名な阿多古川の上流、もみじを撮影した後、駐車スペースを見つけては紅葉を写真に収めた。
昨日記したように、道路沿いの樹木は杉が多いことから、紅葉する木は1本2本が点在する程度。
どうしても人工物を画面に入れないようにと心がけるあまり、写真が窮屈になってしまうことがある。
パソコンの画面で見ると、今回も同じような出来上がり。
次回からは、無理せずに対象物の環境も取り込めるような写真に心掛けてみよう。
e0304170_19354575.jpg
e0304170_19361078.jpg
e0304170_19362996.jpg
e0304170_193735.jpg
e0304170_19373885.jpg
e0304170_1938087.jpg
e0304170_19381645.jpg
e0304170_19383314.jpg
e0304170_19384928.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-26 19:40 | 浜松市天竜区 | Comments(0)
村の歴史を見てきた証人
近在の紅葉が一段落した後、見ごろを迎えるもみじがある。
毎年、12月初旬に出かけている。
今年も、このもみじを求めて、渓流沿いの細い道を走る。
道路は高い杉に囲まれ、昼なお暗く、用心のためにライトを付けて走る。
運悪く、数台の対向車とすれ違う。
うまく回避できるスペースがあればよいが、この日は2回ほどバックすることに。
小さな部落の山腹に造られた寺院。かつては隆盛を極めたのか、立派な本堂が建ち、門前には段々畑の痕跡も見られる。
お堂は修繕もなされていて、維持が大変だろうなと感心する。
もみじは境内の一角に、天空に向かって枝を広げるように聳えている。
各所に有名なもみじはあるが、どんなもみじに比べても引けをとらない。

このもみじには深い思い出がある。
先輩カメラマンの、写真に対する心構えを、この場所で教授されたことがある。
このもみじを見るたびに、その時のことが思い出される。
e0304170_19163110.jpg
e0304170_19164951.jpg
e0304170_19171562.jpg
e0304170_19173467.jpg
e0304170_19175930.jpg
e0304170_19181412.jpg
e0304170_19183570.jpg
e0304170_19185159.jpg
e0304170_1919723.jpg
e0304170_19192368.jpg
e0304170_19194081.jpg
e0304170_19195542.jpg
e0304170_19201275.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-25 19:21 | 浜松市天竜区 | Comments(1)
小さくも懸命に
10日前に見つけたセンブリ。踏まれずに元気かなと思い覗いてみた。
どの子も皆元気。小さい体に似合わない花を付けていた。
もう、ここを訪れる人も少なくなるだろう。
一生を全うできた頑張り屋さんたちにエールを送った。
今年は、10か所でセンブリを見ることができた。場所や天候によって、表情が変わる。ベスト撮影地をあげるとしたら、11月29日に掲載した場所だろう。
コウヤボウキ、ヤクシソウ、アキノタムラソウも、懸命に最後の力を振り絞っているかのように見える。その姿は、痛ましくも美しい。(30日撮影)
e0304170_1855378.jpg
e0304170_18552238.jpg
e0304170_18553891.jpg
e0304170_18555266.jpg
e0304170_185693.jpg
e0304170_18562983.jpg
e0304170_18564738.jpg
e0304170_1857437.jpg
e0304170_18572266.jpg
e0304170_18573957.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-24 18:58 | 浜松市浜北区 | Comments(0)
身に堪える晩秋の風
2月に予定している、第7回「山野草と語る会」展示会の打ち合わせのため、久しぶりにメンバー全員が森林公園に集まった。
風も穏やかで、秋の日差しが優しく降り注ぐ。
「外の方が気持ちがいいね」と、コーヒーを外のテーブルに注文する。
打合せも後半になると、赤松林に太陽が陰り始め、全員体が小さくなってきた。
中座する人も現れ、室内に移動することに。
11月も下旬になると、動かないでいると、さすがに風は冷たい。
モミジバフウはほとんどが葉を落とし、「真っ黒くろすけ」のような実が目立つ。
真っ赤な小さい木の実が、美味しそうに訪問者を待っていた。
e0304170_19282823.jpg
e0304170_19285058.jpg
e0304170_1929667.jpg
e0304170_19292349.jpg
e0304170_19294727.jpg
e0304170_193058.jpg
e0304170_19302457.jpg
e0304170_19305277.jpg

     三方原台地から、磐田原台地、その奥の小笠山丘陵を貫くように新東名が走る。
e0304170_19311163.jpg

# by yamabousi-28 | 2013-12-23 19:35 | 浜松市浜北区 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、白梅より一足..
by yamabousi-28 at 00:28
こんばんは 梅、綺麗で..
by gallery-asaba at 23:57
こんばんは、近場といって..
by yamabousi-28 at 22:55
こんばんは! 嬉しいコ..
by ビューポイント&ジャイロ at 18:04
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 10:08
こんばんは 本当に可..
by gallery-asaba at 00:04
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:49
こんばんは 氷の世界も..
by gallery-asaba at 00:14
クララさん、こんばんは。..
by yamabousi-28 at 21:56
ねこさん、私は臆病者です..
by yamabousi-28 at 21:42
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
盆梅展
at 2018-02-18 19:30
紅梅に思いを込めて
at 2018-02-17 19:30
ジュエリーをあなたに
at 2018-02-16 18:48
凍てつく川
at 2018-02-15 19:43
タイラ沢の大滝
at 2018-02-14 17:29
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物