<   2017年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
初めてのご対面
初めて見ることができました。いつもお目にかかれるのは、花が終わり花茎が30cmも伸びた状態のもの。
果実から種を飛ばし、果柄での姿、これはこれで写真向きの姿なのだが。
私が住む近くの山では良く目にするが、今回は花を見ることができた。
高さ2~3cm、落ち葉に埋もれるとまったく探すことはできない。
当然自分では探せず、距離まで書いた詳細な地図を用意していただいて。
長年の夢だった花に巡り合え、感慨深く見させていただいた。
花、果実、果柄すべて別個体で、果柄は昨年のもの。

e0304170_19590356.jpg
e0304170_19591329.jpg
e0304170_19592266.jpg
e0304170_19593131.jpg
e0304170_19594489.jpg
e0304170_19595180.jpg
e0304170_20000029.jpg
e0304170_20000947.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-31 20:01 | Comments(2)
黄色い花、白い花

台風22号には、すっかりもてあそばされました。
危機管理能力がズタズタでした。
猛烈な雨のあと、静かになったと思ったら、月が顔を出していました。
対応が難しかったです。皆さんのところは、いかがでしたか。
今日は台風一過、風の強い一日でした。
昨日の続きで、黄花と白花を集めてみました。
白花は季節を通じて多いですね。

        アキノキリンソウ

e0304170_19082999.jpg
e0304170_19083872.jpg
        ガンクビソウ
e0304170_19090072.jpg
        ヤクシソウ
e0304170_19084936.jpg
e0304170_19091118.jpg
e0304170_19092062.jpg
e0304170_19092864.jpg
         シモバシラ
e0304170_19093572.jpg
e0304170_19094411.jpg
        コフウロ
e0304170_19095111.jpg
e0304170_19100049.jpg
        ゲンノショウコ
e0304170_19100828.jpg
        コウヤボウキ
e0304170_19101718.jpg
        ツルニンジン
e0304170_19102590.jpg
        ヤマハハコ
e0304170_19104198.jpg
e0304170_19104917.jpg
最高のシチュエーション、違う花だったらな、ヒメジョオン
e0304170_19105830.jpg
        ヒヨドリバナ

e0304170_19110617.jpg
        クルマバハグマ
e0304170_19111444.jpg


by yamabousi-28 | 2017-10-30 19:20 | Comments(0)
不安な一日
秋、赤系統の花は温かみを感じ、青系統の花には清々しさを感じる。
そんな思いが届けられればいいけれど。
台風22号、南に進路を変えろ!
今夕は展示会の資材を撤収しなければいけない。

        トモエシオガマ
e0304170_09065918.jpg
e0304170_09070882.jpg
e0304170_09071629.jpg
        ママコナ
e0304170_09072586.jpg
e0304170_09073335.jpg
        トリカブト
e0304170_09074125.jpg
        アズマレイジンソウ
e0304170_09075764.jpg
        トウバナ
e0304170_09080696.jpg
e0304170_09081535.jpg
        リンドウ
e0304170_09082352.jpg
        セキヤノアキチョウジ
e0304170_09083156.jpg
e0304170_09083910.jpg
        ヤマハッカ
e0304170_09084847.jpg
e0304170_09085683.jpg
        オオルリソウ
e0304170_09090755.jpg
        タチキランソウ
e0304170_09091676.jpg
        クサボタン
e0304170_09092482.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-29 09:17 | Comments(0)
イタドリとシラネセンキュウ
円形に広がるか、棒状に一列に並ぶか、小さな花は集合体として目立とうとしている。
イタドリは息の長い花で、これから独特な姿に成長していく。
新芽は食用になり、成長した茎は杖になるという。
茎は中空で軽いことから重宝されたのだろう。
赤みがかった葉と緑色の葉脈の上に並んだイタドリに、妙に心が惹かれた。

e0304170_19105699.jpg
e0304170_19120236.jpg
e0304170_19121229.jpg
e0304170_19122082.jpg
e0304170_19111419.jpg
e0304170_19112610.jpg
e0304170_19113299.jpg
e0304170_19114395.jpg
e0304170_19140058.jpg
e0304170_19115458.jpg



by yamabousi-28 | 2017-10-28 19:15 | Comments(0)
フジアザミ
私にとって、同定の難しい植物の一つにアザミがある。
一度アザミを分類されている人に写真を見てもらったことがあるが、根も含めてすべての部位がないと同定には難しいと聞いたことがある。
このアザミはその威容な姿から、まず間違えることはないだろう。
アザミの仲間では最大の花であるという。
今年は例年たくさん咲く場所でほとんど見ることができなかった。
根は食用になるというし、動物も食用にしているらしい。

e0304170_19191229.jpg
e0304170_19192023.jpg
e0304170_19192921.jpg
e0304170_19193801.jpg
e0304170_19194649.jpg
e0304170_19195500.jpg
e0304170_19200343.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-27 19:20 | Comments(2)
メハジキ
林道を走っていて、赤紫色の花が視線をかすめた。
「ん?」と思い、バックして路肩にとめる。
今まで50cmくらいのものは見ていたが、1mを超える高さがあった。
シソ科の花らしく、どことなくマネキグサに似ている。
この林道の楽しみが一つ増えた。

e0304170_21302024.jpg
e0304170_21303529.jpg
e0304170_21304347.jpg
e0304170_21305125.jpg
e0304170_21310074.jpg
e0304170_21310870.jpg
e0304170_21311624.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-26 21:31 | Comments(2)
アケボノソウ
花冠に散りばめられた多くの星と、明けの明星、宵の明星を思わせる二つの大きな点、この花名の由来となった特徴である。
時々散りばめられた星が雲に隠れているものがある。
ここで撮影したものは、ほとんどに星がなく、黄色い蜜腺だけが見られた。
花にとっては星はいらないのであろうか、蟻が蜜を求めて高い茎をよじ登ってきていた。

e0304170_20573352.jpg
e0304170_20574047.jpg
e0304170_20574709.jpg
e0304170_20575331.jpg
e0304170_20575964.jpg
e0304170_20580635.jpg
e0304170_20581313.jpg
e0304170_20581986.jpg
e0304170_20582761.jpg
e0304170_20583350.jpg
e0304170_20583976.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-25 20:59 | Comments(4)
野菊
伊藤左千夫の「野菊の墓」に登場するノギクの種は?
いがりまさしさんが著書「日本の野菊」で、謎解きをされている。
もちろん伊藤左千夫はノギクの特徴を記している訳ではないので、いがりさんは自生地の環境や共生している植物をヒントに論を進めている。
そこで、一つの可能性としてあげられているのがノコンギクである。
くどい言い方になってしまったが、数多くあるキクのなかで、私の好きなキクの一つがノコンギクである。
ここには、火防の神を祀る秋葉神社に由来するアキハギクも見られる。

        アキハギクの可能性
e0304170_18360291.jpg
e0304170_18361081.jpg
        アキハギク
e0304170_18361879.jpg
e0304170_18362578.jpg
e0304170_18363284.jpg
        ノコンギク
e0304170_18364192.jpg
e0304170_18364987.jpg
e0304170_18365748.jpg
e0304170_18370654.jpg
e0304170_18371457.jpg
好きな佇まい、毎年撮っている。
e0304170_18372244.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-24 18:41 | Comments(0)
エンシュウハグマ
クルクル、クルクル、秋を感じて涼風を流す。
爽やかなイメージの花ながら、撮影は蚊に悩まされながらとなる。
花が旬の時には出掛けられなかったが、てっぺんの一番花が咲き出した初々しいときに出会うことができた。

e0304170_19191680.jpg
e0304170_19192393.jpg
e0304170_19192975.jpg
e0304170_19193415.jpg
e0304170_19194247.jpg
e0304170_19195044.jpg
e0304170_19195810.jpg
e0304170_19200515.jpg
e0304170_19201301.jpg
e0304170_19202081.jpg
e0304170_19202831.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-23 19:22 | Comments(2)
イワシャジン
撮影地は静岡県西部の最北端、長野県との県境、周囲は中央構造線による破砕帯のなかにある。
自然崩落が顕著で、崩れ落ちた仲間たちが多くいるなかで、岩場にしっかりと根をおろした株だけは元気に花を咲かせていた。
茎は細く葉も細い、そんな姿に比べて青紫色の花はやや大きく、垂れ下がるように咲く。
近くに住んでいる者としては、開花に合わせて訪れたくなる花の一つである。

e0304170_18435246.jpg
e0304170_18435958.jpg
e0304170_18440758.jpg
e0304170_18441652.jpg
e0304170_18442340.jpg
e0304170_18443007.jpg
e0304170_18444135.jpg
e0304170_18445389.jpg
e0304170_18450269.jpg
e0304170_18451098.jpg
e0304170_18451835.jpg

by yamabousi-28 | 2017-10-22 18:46 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:13
赤い実がとても可愛いです..
by mariakulala at 22:23
感動が心を射抜いたのかと..
by yamabousi-28 at 10:44
ごめんなさい、感動が感通..
by mariakulala at 23:27
ありがとうございます、私..
by yamabousi-28 at 21:17
野生のリンドウなかなか見..
by mariakulala at 20:16
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:48
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 23:04
こんばんは~ すぐに判り..
by umisanjin at 22:25
クララさん、分かってもら..
by yamabousi-28 at 21:52
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
イソギク
at 2017-12-11 19:30
懸命の努力
at 2017-12-10 18:10
会えて良かった
at 2017-12-09 19:30
リンドウ
at 2017-12-08 18:56
イワシャジン
at 2017-12-07 18:47
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物