<   2017年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
林道に咲く色付きの花
今回の目的は、ヤマジオウを撮ること。
まことに滑稽な、そしてひょうきんな顔付きの花である。それと同時におしゃれでもある。淡いピンク色に白い縁取り、小さな眼(まなこ)も人を惹きつける。
マネキグサにそっくりなのは前にも触れた。
この顔を見ていると、話しかけたくなる。幼稚園児と向き合ったときのように。
林道を走って見かけた、色付きの花とともに。

        マルミノヤマゴボウ
e0304170_19482124.jpg
e0304170_19483092.jpg
        ヨウシュヤマゴボウ
e0304170_19484198.jpg
e0304170_19485023.jpg
        オオルリソウ
e0304170_19495142.jpg
e0304170_19495921.jpg
        オトギリソウ
e0304170_19501153.jpg
        タマアジサイ
e0304170_19502174.jpg
e0304170_19503059.jpg
e0304170_19503821.jpg
        ホタルブクロ
e0304170_19504747.jpg
        アカソ
e0304170_19505646.jpg
e0304170_19511043.jpg
e0304170_19513575.jpg
e0304170_19514459.jpg
        ヌスビトハギ
e0304170_19515380.jpg
        ヒナノウスツボ
e0304170_19520283.jpg
e0304170_19521194.jpg
e0304170_19522070.jpg
e0304170_19522911.jpg
        アキノタムラソウ
e0304170_19523720.jpg
        ママコナ
e0304170_19524665.jpg
e0304170_19525736.jpg
e0304170_19530881.jpg
e0304170_19531863.jpg
e0304170_19533763.jpg
e0304170_19534973.jpg
e0304170_19535853.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-18 20:05 | Comments(0)
濃霧に包まれて
林道を走っていると、不思議な状況に出会った。
深い霧で10m先も視界が利かないかと思うと、カーブを曲がるとまったく霧が出ていない。きっと気流の関係か地形が影響していると思うが、その極端な差にキツネに化かされているのではないかと思えた。
濃霧のなか、落石や対向車に気遣い、時速20キロと慎重な運転が続く。
霧のなかから突然現れたのはカモシカとノウサギ。
くもの巣が水滴を纏って、芸術作品に見えた。

e0304170_18294875.jpg
e0304170_18295565.jpg
e0304170_18300447.jpg
e0304170_18301389.jpg
e0304170_18302603.jpg
e0304170_18303889.jpg
e0304170_18304760.jpg
e0304170_18555159.jpg
e0304170_18555962.jpg
e0304170_18560953.jpg
e0304170_18562156.jpg
e0304170_18562940.jpg
e0304170_18563984.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-17 18:57 | Comments(2)
好奇心いっぱい
ピンクあり赤あり白あり紫ありと、サルスベリの花がきれいだ。
自然木であることは珍しく、庭や公園に植えられている。
触手を伸ばしたかのように、四方八方へ広がる蕊の様子が面白く、そんな姿を意識して探してみた。

e0304170_20280277.jpg
e0304170_20281178.jpg
e0304170_20282056.jpg
e0304170_20282998.jpg
e0304170_20283971.jpg
e0304170_20284858.jpg
e0304170_20285741.jpg
e0304170_20290565.jpg
e0304170_20291422.jpg
e0304170_20292309.jpg
e0304170_20293351.jpg
e0304170_20294112.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-16 20:30 | Comments(0)
古代ハス
当てもなく何かないかなと、遠州の古刹を訪ねた。
この季節に訪れることはなく、参拝者の姿もなかった。
太鼓橋に登ると、山裾に配置された伽藍を一望することができる。
そんな伽藍に続く階段の下に小さな池があり、大きな蓮の葉が目立った。
夕刻に近く花はすぼんでいたが、近くの看板には蓮の由来が書かれていた。
千葉市の約2000年前の地層から発見された「大賀蓮」で、7年前に根茎が寄付されたとあった。

e0304170_21195090.jpg
e0304170_21200123.jpg
e0304170_21201266.jpg
e0304170_21202268.jpg
e0304170_21203218.jpg
e0304170_21204312.jpg
e0304170_21205026.jpg
翌朝、開花を期待して再訪した。
花数は少なかったが、その反面どの花を撮るか迷うことなく、ほとんどすべての花をカメラに収めた。
e0304170_21205811.jpg
e0304170_21210661.jpg
e0304170_21211514.jpg
e0304170_21212448.jpg
e0304170_21213463.jpg
e0304170_21214370.jpg
e0304170_21215280.jpg
e0304170_21220125.jpg
e0304170_21220952.jpg
e0304170_21221757.jpg
e0304170_21222754.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-15 19:30 | Comments(0)
美女と野獣か
訪れたのは午後4時をまわっていた。この花、一日花なので、半開きということはこれから開花するのだろう。
日当たりの良い、痩せた土壌のところどころで咲いていた。
ほかには花は見当たらず、この鮮やかな黄色が非常に目立っていた。
この花には白い小さな虫(アブラ虫?)がびっしり付くので、レンズを向ける気力も失せてしまうのだが、そんな心配も要らないほど良い状態だった。

e0304170_19025587.jpg
e0304170_19030247.jpg
e0304170_19031098.jpg
e0304170_19031863.jpg
e0304170_19032508.jpg
e0304170_19033093.jpg
e0304170_19033797.jpg
e0304170_19034440.jpg
e0304170_19035169.jpg

ユウスゲが陽の花なら、地味な陰のイメージのあったイガクサ。
イガクサの主分布は、畿内以西と書かれているものが多いが、ほかに見当たる種がない。
花を守るかのように、角のように伸びた葉と花の配置に心惹かれた。

e0304170_19040377.jpg
e0304170_19040949.jpg
e0304170_19041491.jpg
e0304170_19041966.jpg
e0304170_19042530.jpg


by yamabousi-28 | 2017-08-14 19:10 | Comments(0)
君に会いたくて
ハグロソウ、この花も面白い形をしている。花は、上唇と下唇の二枚の花弁で構成されている。
無性にこの花に会いたくなり、小国神社へ出掛けた。
残念ながら花期の盛りは過ぎていて、きれいな花を探すのに苦労した。

        ウバユリ
e0304170_19145454.jpg
e0304170_19150206.jpg
e0304170_19151218.jpg
e0304170_19152285.jpg
        ナツノタムラソウ
e0304170_19153370.jpg
        トチバニンジン
e0304170_19154464.jpg
        キツネノボタン
e0304170_19155990.jpg
        ハグロソウ
e0304170_19160931.jpg
e0304170_19162479.jpg
e0304170_19163498.jpg
e0304170_19164407.jpg
e0304170_19165923.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-13 19:19 | Comments(0)
ハナゼキショウ
透明度の高い流れのなかを進む。川底を埋めている石は滑るので、石の形状を見ながら慎重に進む。
目的の花は、対岸の切り立った大きな岩に根を張っている。
膝まである長靴をはいているが、上端ぎりぎりまで川面がくる。
真っすぐに立っていれば問題ないのだが、カメラを構えて少し体をひねると、靴下がじわっと湿ってくる。この季節だからこそ、無理もできる。
花はいたって小さい、ただ撮っただけとなってしまったが。

e0304170_19270780.jpg
e0304170_19273644.jpg
e0304170_19274919.jpg
e0304170_19280386.jpg
e0304170_19281903.jpg
e0304170_19283321.jpg
e0304170_19285430.jpg
e0304170_19291238.jpg
e0304170_19292718.jpg
e0304170_19293947.jpg
今、樹木の花ではこのリョウブとクサギが目立つ。
e0304170_19295172.jpg
e0304170_19300751.jpg
e0304170_19302150.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-12 19:32 | Comments(2)
ベニシュスラン
なんとも不思議な花である。高さ10㎝たらず(私が見るのは5㎝くらい)の先端に、長さ3㎝にもおよぶ筒状の花をつける。不思議というよりも滑稽な姿をしている。
この植物の魅力は、名前が示すとおり薄紅色をした花にある。
湿った陽の差し込まない場所にあって、この花色はひと際異彩を放っている。
薄紅色の花弁に見えるのは萼片で、花弁は側弁と唇弁の三枚からなり色は白い。
花は地面に平行するものが多く、花期としては終盤なのかも知れない。

e0304170_19181631.jpg
e0304170_19182740.jpg
e0304170_19183814.jpg
e0304170_19185947.jpg
e0304170_19190889.jpg
e0304170_19191638.jpg
e0304170_19192473.jpg
e0304170_19193247.jpg
e0304170_19193962.jpg
        イワタバコ
e0304170_19194704.jpg
        イワギボウシ
e0304170_19195490.jpg
e0304170_19200125.jpg
飯田線が頭上を走る。1時間ほどいたが、通過したのは上り下りそれぞれ一本づつ。
準備をして待つこと○○分、やっと写真が撮れた。
e0304170_19200839.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-11 19:25 | Comments(2)
イワタバコⅢ
イワタバコ第三弾も滝を背景としたもの。水の流れを取り入れることで、清々しさを感じる。
足元に気を配りながら、イワタバコと滝の位置関係を模索してみるが、なかなか思い通りに決まらず、試行錯誤を繰り返す。
同じ場所で写友が撮った画像がアップされた。「こんな構図もあるのか」と、自分の発想の乏しさを悔やむ。
近くにはイワタバコの自生地が多くあり、今年も十分楽しませてもらった。

e0304170_19180778.jpg
e0304170_19181687.jpg
e0304170_19182378.jpg
e0304170_19183533.jpg
e0304170_19185285.jpg
e0304170_19190547.jpg
e0304170_19191699.jpg
e0304170_19193086.jpg
e0304170_19193923.jpg
e0304170_19194975.jpg
e0304170_19195800.jpg
        タニタデ
e0304170_19200758.jpg
        シロバナイナモリソウ
e0304170_19201853.jpg
        ハエドクソウ
e0304170_19202709.jpg
        オオバギボウシ
e0304170_19203656.jpg
e0304170_19204466.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-10 19:25 | Comments(0)
イワタバコⅡ
垂直な岩場を滑り落ちてくる滝。近くに朽ち木柱があり「白滝不動・・」と読める。
祠があるのでどちらの標識かはわからない。祠が「白滝不動尊」なのかも知れないが、「白滝」が滝の名称なのかも知れない。
ここでは滝をいかに取り込むかに苦心した。
そして初めて見る白花、珍しいが紫色の本来の方がいいのかな。

e0304170_18475006.jpg
e0304170_18480010.jpg
e0304170_18480702.jpg
e0304170_18481691.jpg
e0304170_18482355.jpg
e0304170_18483113.jpg
e0304170_18484383.jpg
e0304170_18485176.jpg
e0304170_18485841.jpg
e0304170_18490565.jpg
e0304170_18491474.jpg
e0304170_18492368.jpg
e0304170_18493210.jpg
e0304170_18493993.jpg

by yamabousi-28 | 2017-08-09 18:50 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、面白かったで..
by yamabousi-28 at 23:26
こんばんは。 蜘蛛の糸に..
by umisanjin at 23:18
フミさんが、この花未見な..
by yamabousi-28 at 21:26
とてもユニークなベニシュ..
by fumifumi at 10:58
こんにちは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 17:23
初めまして・・・! 涼..
by lavie625 at 15:31
まささん、こんにちは。 ..
by yamabousi-28 at 14:07
saraさん、こんにちは..
by yamabousi-28 at 13:55
台風5号の動きが、大変心..
by まさ at 09:48
今晩は。 砂の造形素敵..
by sarayuna516 at 00:08
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
林道に咲く色付きの花
at 2017-08-18 20:05
濃霧に包まれて
at 2017-08-17 18:57
好奇心いっぱい
at 2017-08-16 20:30
古代ハス
at 2017-08-15 19:30
美女と野獣か
at 2017-08-14 19:10
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物