「ほっ」と。キャンペーン
<   2017年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ミツマタ
公園内のミツマタが咲き出した。
かつては静岡県西部の山間では、盛んに栽培が行われていた。
いまでも放置された林に、野化したものが残り、その面影を見ることができる。
萼は筒状で集合して球体を半裁したような全形をなし、その外縁部から中央に向かって開いていく。
撮影した時点では、やっと外縁部が開き始めた状態で、花姿よりもデザイン的な面白さを感じた。
江戸時代に大陸から渡来したと言われるが、万葉集にも登場することから、鑑賞用としての歴史は古いようだ。

e0304170_19023605.jpg
e0304170_19024482.jpg
e0304170_19025125.jpg
e0304170_19025931.jpg
e0304170_19030749.jpg
e0304170_19031544.jpg
e0304170_19032211.jpg
e0304170_19033448.jpg
e0304170_19034120.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-19 19:30 | Comments(0)
春を探して
これも小さな小さな春の花。まぶたを「パッ」と見開いて、春の気配を感じている姿がなんとも可愛らしい。
春には気温や日照に関係して閉じてしまう花が多いなかで、いつでも会えることがうれしい。
後日、現地を訪ねたら、きれいに刈り込まれていた。花期はこれからだったのに、残念でならない。

e0304170_18524900.jpg
e0304170_18525829.jpg
e0304170_18530935.jpg
e0304170_18531797.jpg
e0304170_18532674.jpg
e0304170_18533534.jpg
e0304170_18534371.jpg
e0304170_18535472.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-18 18:54 | Comments(0)
毛皮のコートは手放せず
小さな小さな春の花。茎も葉も萼も腺毛も覆われ、春とはいえ毛皮のコートを着込んでいる。
あまり見かけない花ではあるが、生えているところでは群生をなしている。
開花して間もない花は全開せずに、薄紫色の花弁を少し広げ、そこから覗く青い蕊に早春を感じる。

e0304170_18573787.jpg
e0304170_18574783.jpg
e0304170_18575793.jpg
e0304170_18582517.jpg
e0304170_18583905.jpg
e0304170_18584813.jpg
e0304170_18585820.jpg
e0304170_18591044.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-17 19:00 | Comments(0)
写真展を終えて1
今年で10回目を数えた、山野草を対象にした写真展が14日で終了した。
10回目ともなると楽しみにされている方もいて、初日に会場へ行くと、「今日からだね」と声をかけてくださる方もいた。
5人の会で、会場周辺で撮影した野草を各人8点づつの計40枚、一年間撮りためた写真も各人8点づつの計40枚、合計80点の作品を展示しました。
ご来場くださいました多くの皆さま、ありがとうございました。
その中から、私のベスト5を紹介します。今回は、「光」をテーマにしました。

        セリバオウレン(静岡県 3月)
e0304170_19042896.jpg

        クマガイソウ(静岡県 5月)
e0304170_19044806.jpg

        シライトソウ(静岡県 5月)
e0304170_19045678.jpg

        シラネアオイ(群馬県 6月)
e0304170_19050430.jpg

        オオキツネノカミソリ(愛知県 8月)
e0304170_19043731.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-16 19:09 | Comments(10)
薄氷
凍結した湖面を期待して、奥三河の最奥部を訪ねた。
枝垂れ桜が湖畔を彩り、春には多くのすみれが咲く、お気に入りの場所。
期待した景色を見ることはできなかったが、湖面に映る木立や、うっすらと張りつめた氷を切り取ってみた。
「やまびこ」の聞こえるという看板があり、誰もいないことを確認して叫んでみたが、冷たい返事しか返ってこなかった。

e0304170_18412857.jpg
e0304170_18413839.jpg
e0304170_18414813.jpg
e0304170_18415792.jpg
e0304170_18420532.jpg
e0304170_18421390.jpg
e0304170_18422111.jpg
e0304170_18423052.jpg
e0304170_18423901.jpg
e0304170_18425033.jpg
e0304170_18425868.jpg
e0304170_18430624.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-15 18:43 | Comments(0)
霜2
霜の最後は、小さな葉に降りたもの。
霜の大きさに大小はないが、近づいて撮った分、葉全体にまぶした一つ一つの結晶が見てとれる。

e0304170_18520495.jpg
e0304170_18521478.jpg
e0304170_18522420.jpg
e0304170_18523454.jpg
e0304170_18524388.jpg
e0304170_18525395.jpg
e0304170_18530267.jpg
e0304170_18531014.jpg
e0304170_18532046.jpg
e0304170_18532968.jpg
e0304170_18533871.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-14 18:54 | Comments(0)
霜1
うっすらと降りた霜、大きな葉に降りたものは、痛々しさを感じることはなく、砂糖菓子のように美味しそうに葉の姿を変えていた。

e0304170_19032447.jpg
e0304170_19033463.jpg
e0304170_19034436.jpg
e0304170_19035685.jpg
e0304170_19040768.jpg
e0304170_19041584.jpg
e0304170_19042314.jpg
e0304170_19043279.jpg
e0304170_19044162.jpg
e0304170_19044974.jpg
e0304170_19050000.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-13 19:07 | Comments(0)
刺さる
純白の衣裳を纏うというより、痛々しい姿の野草。
部分的に霜が長く成長し、まるで針が刺さっているかのように見える。
そんな霜の表情を、近づいてとらえてみた。

e0304170_18460880.jpg
e0304170_18502737.jpg
e0304170_18503977.jpg
e0304170_18504836.jpg
e0304170_18505904.jpg
e0304170_18510949.jpg
e0304170_18511908.jpg
e0304170_18512915.jpg
e0304170_18513933.jpg
e0304170_18514851.jpg
e0304170_18515816.jpg
e0304170_18520843.jpg
e0304170_18521787.jpg
e0304170_18522735.jpg
e0304170_18523755.jpg
e0304170_18524632.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-12 18:54 | Comments(0)
コケ
舗装された道路の際に、土溜まりがあり、細かなコケが地面を覆っていた。
そんな上にも霜は降りていた。
細かな緑と白のコントラストに、妙に心が奪われた。

e0304170_18443383.jpg
e0304170_18445358.jpg
e0304170_18452185.jpg
e0304170_18452730.jpg
e0304170_18453465.jpg
e0304170_18454294.jpg
e0304170_18455703.jpg
e0304170_18460880.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-11 18:53 | Comments(0)
オオイヌノフグリ
目が慣れるまでしばらく時間を要した。葉は確認できたのに花が見つからない。
一つ見つけたら、次々に見つけることができた。
コバルトブルーに突き刺さる白い針、色合いから気持ちが「ほっ」としたのか、おしゃれな衣裳をまとっているように見えた。
霜が融けるころには、花も落ちてしまうのだろう。

e0304170_18411839.jpg
e0304170_18413744.jpg
e0304170_18414596.jpg
e0304170_18415306.jpg
e0304170_18420192.jpg
e0304170_18421098.jpg
e0304170_18421867.jpg
e0304170_18422610.jpg

by yamabousi-28 | 2017-02-10 18:43 | Comments(4)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
sazaneriさん、こ..
by yamabousi-28 at 23:43
こんばんは~ 写真展が..
by sazaneri873 at 23:13
翼さん、こんにちは。 ..
by yamabousi-28 at 12:44
こんにちは、柔らかな光を..
by yamabousi-28 at 12:39
こんにちは。 写真展、..
by windy1957 at 11:24
おはようございます(^^..
by katokun3 at 09:36
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 22:36
hibikorekouj..
by yamabousi-28 at 22:13
こんばんは。 光りに包ま..
by umisanjin at 21:56
クマガイソウが目に入った..
by hibikorekouji2-2 at 20:52
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
ミツマタ
at 2017-02-19 19:30
春を探して
at 2017-02-18 18:54
毛皮のコートは手放せず
at 2017-02-17 19:00
写真展を終えて1
at 2017-02-16 19:09
薄氷
at 2017-02-15 18:43
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物