<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
キダチコンギク

以前に話があった写友から、写真展を行うことが決まったと連絡があった。
年明け1月に風景写真をメインにした展示会。
さっそく撮りためたなかから風景写真を選ぼうと見直したが、風景といっても花風景ばかり。使える風景写真は数点しかない。
半切サイズで5点、なににしようか悩みながらも楽しい日々が続きそうだ。

さて今回はキダチコンギク、カラフルな色が魅力の花である。少し早すぎたようだ。

e0304170_19204558.jpg
e0304170_19205552.jpg
e0304170_19211013.jpg
e0304170_19212022.jpg
e0304170_19213268.jpg
e0304170_19214283.jpg
e0304170_19215266.jpg
e0304170_19220193.jpg
e0304170_19221200.jpg
e0304170_19222730.jpg
e0304170_19223663.jpg
e0304170_19225169.jpg


by yamabousi-28 | 2016-10-31 19:24 | Comments(0)
機械も歳には勝てず
小さな花の撮影には、アングルファインダーは必需品である。
故障して修理に出したが、見積額14,000円かかるという。修理をお願いしたが、まだ手元には戻ってきていない。
以前に聞いた写友の言葉を思い出した。ソニーのそれがキャノンに使えるという。
半信半疑試してみたら、なんとうまく装着することができた。久しぶりに寝転がって写真が撮れる。
小さなセンブリ、カメラを地面につけて撮ることができた。
今度はレリーズがおかしい。レリーズを付けると、ISO感度や絞りが動かない。
物入りが続いてしまう。憂鬱だなあ。

e0304170_08371387.jpg
e0304170_08372627.jpg
e0304170_08373584.jpg
e0304170_08374727.jpg
e0304170_08375615.jpg
e0304170_08380551.jpg
e0304170_08381511.jpg
e0304170_08382485.jpg
e0304170_08384340.jpg
e0304170_08385387.jpg
e0304170_08390208.jpg
e0304170_08391000.jpg
e0304170_08392091.jpg
e0304170_08393014.jpg
e0304170_08393959.jpg
e0304170_08394804.jpg
e0304170_08395907.jpg
e0304170_08400831.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-30 19:30 | Comments(0)
オケラ
露が朝陽に温められて蒸発していくが、気温が低いため白い靄となって漂う。
そんな光景が美しいと感じながら、目的地を目指した。
この日の行程は、最初に低山の登りをした後、途中寄り道をしながら最終目的地茶臼山までの約300キロ。
夏であれば余裕で廻りきれるコースであるが、陽が短くなり天気が良くても4時半には切り上げなければならない。
余分な寄り道をしていては、悔いが残りそうな季節になってしまった。
最初の低山では、白やピンクのオケラがきれいだった。

e0304170_21114931.jpg
e0304170_21120100.jpg
e0304170_21121013.jpg
e0304170_21122103.jpg
e0304170_21123236.jpg
e0304170_21124458.jpg
e0304170_21130584.jpg
e0304170_21131568.jpg
e0304170_21132761.jpg
e0304170_21133834.jpg
e0304170_21134985.jpg
e0304170_21140019.jpg
e0304170_21141116.jpg
e0304170_21142399.jpg
e0304170_21143386.jpg
e0304170_21144952.jpg
e0304170_21150008.jpg
e0304170_21151313.jpg
e0304170_21152433.jpg
e0304170_21153325.jpg
e0304170_21154386.jpg
e0304170_21155330.jpg
e0304170_21160313.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-29 21:17 | Comments(0)
天竜川河川敷
「あばれ天竜」の異名をもつ天竜川。
諏訪湖に源を発し、太平洋にそそぐまで、ほぼ南北に一直線に流れる。
昔から交易の手段として、また薪などの燃料確保として、人々の生活に密着してきた。
久しぶりに河川敷を歩いてみたが、以前は容易に川のほとりまで行けたのに、草が繁茂しいくつか架かる橋の場所でしか行くことができなかった。
カワラハハコの群生が見たいと願ったが、思いは叶えられなかった。
シャクチリソバの白い塊が点在していたが、イシミカワはやっと実が色付き始めたところだった。

e0304170_17495588.jpg
e0304170_17501584.jpg
e0304170_17502555.jpg
e0304170_17503630.jpg
e0304170_17504758.jpg
e0304170_17512488.jpg
e0304170_17513331.jpg
e0304170_17514307.jpg
e0304170_17515347.jpg
e0304170_17520276.jpg
e0304170_17521299.jpg
e0304170_17522871.jpg
e0304170_17523937.jpg
e0304170_17524949.jpg
e0304170_17525831.jpg
e0304170_17530849.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-28 17:54 | Comments(2)
ホトトギス
今の時期、光が遮られた場所でよく見かけるものにホトトギスがある。
花弁の開き具合によって名前が異なるが、ホトトギスの花弁は斜め上向きに開き全開はしない。
花の色には、白っぽいものから赤紫の濃いものまで変化に富む。が、共通しているのは名前の由来にもなっている花弁についた斑紋。
花の形や色から、被写体としては申し分ない。写欲がそそられる。
場所は様々だが、枚数がたまったので、ここで一挙公開することに。

e0304170_21261603.jpg
e0304170_21263245.jpg
e0304170_21264400.jpg
e0304170_21265997.jpg
e0304170_21270913.jpg
e0304170_21272545.jpg
e0304170_21273947.jpg
e0304170_21275538.jpg
e0304170_21281149.jpg
e0304170_21282537.jpg
e0304170_21283521.jpg
e0304170_21284520.jpg
e0304170_21285452.jpg
e0304170_21290534.jpg
e0304170_21293083.jpg
e0304170_21294142.jpg
e0304170_21295178.jpg
e0304170_21300771.jpg
e0304170_21302735.jpg
e0304170_21304357.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-27 19:30 | Comments(0)
私の楽園
国道沿いに好きな野草のポイントがある。
3年前は大型トラックの通過に気を配りながら、トラックが巻き上げる風のおさまるのを待って撮影していたが、最近新たな道路が横に造られ、安心して撮影できるようになった。
心配なのは旧道の今後、新道と合わせて拡幅される恐れがある。
私の楽園の行く末を心配している。
100メートルほどの距離にさまざまな野草が咲いている。
特に感激したのがクサアジサイ、この時期まだきれいな花を咲かせていた。
このピンク色の花、可愛いの一言。瞳パッチリと見開いたまつ毛のようなシベにうっとりとしてしまう。

e0304170_18080800.jpg
e0304170_18082487.jpg
e0304170_18083837.jpg
e0304170_18084984.jpg
e0304170_18090029.jpg
e0304170_18091040.jpg
e0304170_18091996.jpg
e0304170_18092814.jpg
e0304170_18093833.jpg
e0304170_18094726.jpg
e0304170_18095876.jpg
e0304170_18100776.jpg
e0304170_18101667.jpg
e0304170_18102679.jpg
e0304170_18103604.jpg
e0304170_18104875.jpg
e0304170_18105906.jpg
e0304170_18111056.jpg
e0304170_18112142.jpg
e0304170_18113136.jpg
e0304170_18114169.jpg
e0304170_18115190.jpg
e0304170_18120014.jpg
e0304170_18120965.jpg
e0304170_18121915.jpg
e0304170_18122999.jpg
e0304170_18123930.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-26 18:14 | Comments(4)
来期に備えて
子孫を拡散する方法にはいろいろある。蟻を介するもの、動物(人間も含めて)を介するもの、鳥に頼るものと、その植物にあった方法が取り入れられている。
そんな方法の一つに、風に頼るものがある。この時季その代表格はススキだろう。
順光では目立たないが、逆光で見ることで「ハッ」と息を飲む瞬間がある。
イネ科の植物に綿毛を飛ばすものが多いが、なかでも好きなのはカルカヤだろう。
この綿毛を見ると、必ず太陽と向き合い、背景の暗い場所を探してみる。
この時期、種も格好の被写体である。

e0304170_18545817.jpg
e0304170_18550710.jpg
e0304170_18551793.jpg
e0304170_18552674.jpg
e0304170_18553531.jpg
e0304170_18554410.jpg
e0304170_18555369.jpg
e0304170_18560264.jpg
e0304170_18561238.jpg
e0304170_18562046.jpg
e0304170_18562805.jpg
e0304170_18563682.jpg
e0304170_18564538.jpg
e0304170_18565320.jpg
e0304170_18570250.jpg
e0304170_18570985.jpg
e0304170_18571977.jpg
e0304170_18572713.jpg
e0304170_18574169.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-25 18:59 | Comments(0)
ダイモンジソウ第四弾
ダイモンジソウ第四弾は、地元静岡県の渓流で撮影したもの。
この日は二箇所廻ったが、もう一箇所ではやっと開花が始まった状態だった。
後日、改めて訪れてみたいと思う。
三河で撮影し、3回に分けて紹介したダイモンジソウに比べて、ここのものは花がやや小振りで、しかも密集して咲くように感じる。
そして「人」の片方が極端に短いものが多い。
川は水深があり、近づきがたい場所に群生している。
こういう場所なので、踏まれもせずに群生しているのだろう。自責の念を込めて。

e0304170_18492939.jpg
e0304170_18493957.jpg
e0304170_18494898.jpg
e0304170_18495637.jpg
e0304170_18500413.jpg
e0304170_18501330.jpg
e0304170_18502580.jpg
e0304170_18503482.jpg
e0304170_18504233.jpg
e0304170_18505003.jpg
e0304170_18505836.jpg
e0304170_18510825.jpg
e0304170_18511605.jpg
e0304170_18512409.jpg
e0304170_18513269.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-24 18:58 | Comments(4)
ダイモンジソウ第三弾
ダイモンジソウ第三弾は、落差3メートルほどの滝を挟み、その上部の流れが緩やかな場所と、滝を背景にすることができる、一箇所で二度美味しい楽しみ方ができる場所。
滝の上から滝壺を覗き込むアングルも迫力がある。
ここでも二回目の訪問で、満足できる咲き具合に巡り会えた。
雨後で流れも速く、川を渡るに慎重過ぎるほど慎重となったが、花を目の前にしては渡らざるをえなかった。
きっとこういう無理が事故につながるのだろう。

e0304170_17451270.jpg
e0304170_17452321.jpg
e0304170_17453207.jpg
e0304170_17454141.jpg
e0304170_17455988.jpg
e0304170_17461181.jpg
e0304170_17461926.jpg
e0304170_17462903.jpg
e0304170_17463974.jpg
e0304170_17464890.jpg
e0304170_17465906.jpg
e0304170_17470977.jpg
e0304170_17472059.jpg
e0304170_17472954.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-23 17:48 | Comments(6)
ダイモンジソウ第二弾
ダイモンジソウ第二弾は、堰を流れ落ち小さな滝を形成する場所で。
分布範囲は狭いながら、私が一番気に入っている場所。一週間開けて二度訪ねた。
前日にまとまった雨が降った後で、水嵩が増え、花も花弁がくっついているものが多かった。
この場所が好きなのは、落水が細い筋状になっていること、岩が垂直に切り立ち背景に変化を付けられること。
シャッタースピードを変えながら、水の流れとの組み合わせを楽しんだ。
3日間、場所は変わりますが同じ花が続きます。
今年16匹目の、地を這う長いものを踏みつけるところだった。

e0304170_17484232.jpg
e0304170_17485794.jpg
e0304170_17490666.jpg
e0304170_17491691.jpg
e0304170_17492681.jpg
e0304170_17493551.jpg
e0304170_17494472.jpg
e0304170_17495470.jpg
e0304170_17500314.jpg
e0304170_17502682.jpg

by yamabousi-28 | 2016-10-22 17:51 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
shunさん、いつもあり..
by yamabousi-28 at 11:11
対生している葉、葉腋から..
by shun_photo at 07:00
こんばんは、面白かったで..
by yamabousi-28 at 23:26
こんばんは。 蜘蛛の糸に..
by umisanjin at 23:18
フミさんが、この花未見な..
by yamabousi-28 at 21:26
とてもユニークなベニシュ..
by fumifumi at 10:58
こんにちは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 17:23
初めまして・・・! 涼..
by lavie625 at 15:31
まささん、こんにちは。 ..
by yamabousi-28 at 14:07
saraさん、こんにちは..
by yamabousi-28 at 13:55
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
林道に咲く白い花
at 2017-08-20 15:42
足元に咲く白い花
at 2017-08-19 19:30
林道に咲く色付きの花
at 2017-08-18 20:05
濃霧に包まれて
at 2017-08-17 18:57
好奇心いっぱい
at 2017-08-16 20:30
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物