<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
5月の森林公園
撮影に行く途中や帰りに、時間があれば立ち寄る森林公園。
その時々で目的の花があるが、例え目的の花の時期を逸していても、何かしらの花が咲いている。
下見(開花状況の確認)を兼ねて立ち寄る場合もある。
今月、ここの花は紹介していなかったので、一カ月を振り返って掲載してみた。
6月になれば、ササユリが公園内のあちらこちらで咲き出す。
もうササユリの季節か、なんて季節のサイクルは早いのだろう。

e0304170_19292583.jpg
e0304170_19293760.jpg
e0304170_19294635.jpg
e0304170_19295441.jpg
e0304170_19300237.jpg
e0304170_19301394.jpg
e0304170_19302272.jpg
e0304170_19303265.jpg
e0304170_19304007.jpg
e0304170_19304809.jpg
e0304170_19305651.jpg
e0304170_19310636.jpg
e0304170_19311485.jpg
e0304170_19312424.jpg
e0304170_19313588.jpg
e0304170_19314566.jpg
e0304170_19315369.jpg
e0304170_19320341.jpg
e0304170_19321740.jpg
e0304170_19322645.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-31 19:34 | Comments(4)
ここまでするのか
久し振りに前の浜へ出掛けてみた。
家から2kmくらいで海岸に着く。休日ともなると、早朝からサーファーの車で駐車場は一杯になるが、平日は釣り人がちらほらと見られる程度。
久し振りの海岸は一変していた。津波対策のため防風林はきれいに伐採され、堤防の嵩上げの準備が進められていた。
木々に覆われ木陰の中を縫うように設けられた遊歩道は、木陰が一つもなく太陽が歩道を容赦なく照らしていた。
ツワブキの群生、ナデシコやユリも姿がない。防災工事により豊かな自然が破壊される、複雑な心境であった。
この先、どんな自然が造られていくのだろう。
浜には、いつもと変わりない植物が花を咲かせていた。

e0304170_19230670.jpg
e0304170_19231807.jpg
e0304170_19232783.jpg
e0304170_19233542.jpg
e0304170_19234355.jpg
e0304170_19235203.jpg
e0304170_19240211.jpg
e0304170_19241096.jpg
e0304170_19241852.jpg
e0304170_19242784.jpg
e0304170_19243517.jpg
e0304170_19244784.jpg
e0304170_19245743.jpg
e0304170_19251187.jpg
e0304170_19252447.jpg
e0304170_19253307.jpg


by yamabousi-28 | 2016-05-30 19:26 | Comments(2)
ヤセウツボ
諏訪湖に源を発する天竜川、太平洋に至るまでの約260㎞、ほぼ南北に真っすぐ流れている。
“あばれ天竜”と呼ばれるほどに水量は豊富で、上流のものを何でも流してくる。
その中には植物の種子も含まれており、下流域では豊かな植生を見ることができる。
川を渡る風を感じながら、河川敷を歩くのは楽しい。
川の両岸は、度重なる氾濫から守るため、大きな堤防が造られている。
この堤防がミヤコグサで黄色く染まる頃、ヤセウツボを撮りに行く。
地味な色合いながら、多くの花を付け、真っすぐに伸びる姿は格好の被写体。
今年初めて気づいたが、ところどころに黄色い姿をしたものがあった。
色素が落ちたものかと思ったが、どうやら黄色いヤセウツボなるものがあるらしい。

e0304170_13310337.jpg
e0304170_13311468.jpg
e0304170_13312492.jpg
e0304170_13313262.jpg
e0304170_13314080.jpg
e0304170_13315005.jpg
e0304170_13315902.jpg
e0304170_13321197.jpg
e0304170_13322168.jpg
e0304170_13325540.jpg
e0304170_13330341.jpg
e0304170_13331167.jpg
e0304170_13332042.jpg
e0304170_13332936.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-29 13:35 | Comments(0)
カザグルマ
庭にクレマチスが咲き出すと、気になるのがカザグルマ。
先日遠征先では、紫色のものを見たが、近くで見られるものは白ばかり。
バラの刺に呼び止められながら、ブッシュの中を分け入り、なるべく近くまで寄って最高の表情を探す。
非常に傷みやすい花で、開花したばかりでないと花弁が黒ずんでしまう。
咲いている状況も撮り込もうと、花の位置を考えながらカメラを構える。

e0304170_18461545.jpg
e0304170_18462541.jpg
e0304170_18463311.jpg
e0304170_18464208.jpg
e0304170_18465091.jpg
e0304170_18465789.jpg
e0304170_18470428.jpg
e0304170_18471156.jpg
e0304170_18471923.jpg
e0304170_18472683.jpg
e0304170_18473412.jpg
e0304170_18474203.jpg
e0304170_18475090.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-28 18:50 | Comments(0)
こんな野草が・・・
水源の里第二弾、華やかな花を目的とする人には、すべてではないがあまり見向きされないのではと思われる花を紹介する。
へそ曲がりなのか、感動は少ないものの、こういう花と対峙している時の方が幸せを感じる。
周囲に視線を送り、花を探す。花を見つけると、写真になるか一応チェックする。
「よし!」と思われたら、おもむろにカメラを構える。
この一連の動作が好きで、花撮りが続けられているのだろう。
たまに珍しい花を見つけることがある。そんな時は、一人ほくそ笑む。この感動がたまらない。
今回の感動は、破竹の新芽とカラスビシャクかな?カラスビシャクは家のプランターで増えてしょうがないものだけど。

e0304170_19200195.jpg
e0304170_19201414.jpg
e0304170_19202130.jpg
e0304170_19203103.jpg
e0304170_19203999.jpg
e0304170_19204645.jpg
e0304170_19205441.jpg
e0304170_19210015.jpg
e0304170_19210841.jpg
e0304170_19211675.jpg
e0304170_19212485.jpg
e0304170_19213221.jpg
e0304170_19214153.jpg
e0304170_19220926.jpg

e0304170_19221922.jpg
e0304170_19222960.jpg
e0304170_19223704.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-27 19:23 | Comments(2)
山守の住む里
写友と連れだって、心のふるさと・水源の里を訪れた。
5月中旬、一年のうちでこの時期が最も華やかに彩られるかも知れない。
というより、この時期が最も華やかな野草に包まれるかも知れない。
山間部にあるため、鹿の害から守るため、今年ベニバナヤマシャクヤクはネットによって保護されていた。
花の見ごろを迎えると、撮影者を気遣って昼間はネットをはずしてくれる。
自然に対してもそんな心遣いがあって、周辺部では見られない豊かな植生が守られている。
クリンソウ、エビネ、シライトソウ、そしてギンリョウソウなど、訪れた誰もがレンズを向けるであろう花を取り上げた。

e0304170_19364332.jpg
e0304170_19370094.jpg
e0304170_19371132.jpg
e0304170_19372286.jpg
e0304170_19373146.jpg
e0304170_19374139.jpg
e0304170_19375041.jpg
e0304170_19375885.jpg
e0304170_19381173.jpg
e0304170_19381994.jpg
e0304170_19382960.jpg
e0304170_19383846.jpg
e0304170_19384871.jpg
e0304170_19390083.jpg
e0304170_19390719.jpg
e0304170_19391690.jpg
e0304170_19392485.jpg
e0304170_19393509.jpg
e0304170_19395015.jpg
e0304170_19395826.jpg
e0304170_19400658.jpg
e0304170_19401463.jpg
e0304170_19402345.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-26 19:43 | Comments(2)
紫色の花
数が多いためか、どこででも見かけるためか、花を見てもレンズを向けることの少ないムラサキサギゴケとカキドオシ。
どちらも独特な表情をしているので、希少種であれば、きっと遠征してでも撮りたくなるだろう。
この日見た花は、擁壁の上でちょうど目線の高さに咲いていた。背景が抜けるし、真横から見ることがないので、とても新鮮な花に感じられた。
この日の目的は、ラショウモンカズラを見ること。
ということで、紫色をした花でまとめるみることに。

e0304170_20091497.jpg
e0304170_20092268.jpg

e0304170_20093590.jpg
e0304170_20094359.jpg
e0304170_20095210.jpg
e0304170_20100182.jpg
e0304170_20101156.jpg
e0304170_20101947.jpg
e0304170_20102777.jpg
e0304170_20103748.jpg
種になっているが、この花も紫色。
e0304170_20104433.jpg
e0304170_20105253.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-25 20:12 | Comments(0)
深山に分け入る②
深山に分け入るシリーズの第二弾。朝5時に起きて、行動を開始する。
観光案内所で場所を確認し、登山道へ向かう。
登山道といっても私向きのコースで、下山する時にはサンダル履きで上がってくる若者もいたほど。
小さな沢沿いに続く道は細く、周囲の木々が常に陽を遮ってくれる。
夏場は虫に悩まされるだろうなと思いながら、奥へ奥へと進んだ。
沿道にはそこそこの花が咲いている。立ち止まってはカメラを構えの繰り返しで、疲労感はまったくなかった。
途中、偶然にも二人連れの写友と合流する。花が咲く場所などを教えていただく。
初めて見る花や今年の一番花にも出会え、とても有意義な時間を送ることができた。
このコースを教えていただいた写友に感謝します。

e0304170_22073016.jpg
e0304170_22074209.jpg
e0304170_22075123.jpg
e0304170_22075906.jpg
e0304170_22080858.jpg
e0304170_22082009.jpg
e0304170_22082966.jpg
e0304170_22083745.jpg
e0304170_22084581.jpg
e0304170_22085381.jpg
e0304170_22090048.jpg
e0304170_22090895.jpg
e0304170_22091630.jpg
e0304170_22092552.jpg
e0304170_22093691.jpg
e0304170_22095865.jpg
e0304170_22100659.jpg
e0304170_22101369.jpg
e0304170_22102252.jpg
e0304170_22103195.jpg
e0304170_22103806.jpg
e0304170_22104654.jpg
e0304170_22105541.jpg
e0304170_22110428.jpg
e0304170_22111290.jpg
e0304170_22112149.jpg
e0304170_22112965.jpg
e0304170_22115240.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-24 19:30 | Comments(1)
シラン
少し前、車を走らせていると、道路脇の斜面に赤紫色の花がひと際目立っていた。
この花は園芸種とばかり思っていたが、れっきとした野草のようだ。
野草と園芸種の違いがわからないが、ラン科の花としては身近な存在だ。
ランは、ラン菌がないと育たないと聞く。また、複数種類のランが共生する場合が多いとも聞く。
シランは無菌状態でも育つらしい。友人から数年前に鉢に植えたシランをもらい、毎年花を付けていたが、ついに今年は蕾を付けなかった。
花の形は似ても似つかないのに、唇弁の襞を見ていると、なぜかホテイランを思い出してしまう。

e0304170_21412716.jpg
e0304170_21413944.jpg
e0304170_21414822.jpg
e0304170_21415717.jpg
e0304170_21420439.jpg
e0304170_21421390.jpg
e0304170_21422030.jpg
e0304170_21423701.jpg
e0304170_21424914.jpg
e0304170_21430049.jpg
e0304170_21431021.jpg
e0304170_21432363.jpg
e0304170_21433401.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-23 19:30 | Comments(0)
シライトソウ
私がいつも見ているシライトソウは、薄暗い林のなかに咲く。
遠くから見ると、まるで林のなかに誘っているかのようだ。
そんな姿に惹き付けられて、私はシライトソウの前に膝まつく。
たくさん咲くなかで、特に心惹かれた花が二つあった。
露出を変えて、方向を変えて、光を読んで、心行くまで写真に収めた。
そんな姿を、しつこく紹介したい。

e0304170_21322607.jpg
e0304170_21323705.jpg
e0304170_21324555.jpg
e0304170_21325275.jpg
e0304170_21330099.jpg
e0304170_21331555.jpg
e0304170_21332287.jpg
e0304170_21333672.jpg
e0304170_21334471.jpg
e0304170_21335248.jpg
e0304170_21340078.jpg
e0304170_21340855.jpg
e0304170_21341641.jpg
e0304170_21342805.jpg
e0304170_21343886.jpg
e0304170_21344883.jpg

by yamabousi-28 | 2016-05-22 19:30 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
彼の地、夢心地の場所です..
by yamabousi-28 at 16:30
こうして春の花々を拝見し..
by windy1957 at 09:40
sarayunaさん、文..
by yamabousi-28 at 19:28
コメントができなくなって..
by yamabousi-28 at 19:25
こんにちは、復帰しました..
by sarayuna516 at 19:13
こんばんは、思いがけない..
by yamabousi-28 at 18:27
春の雪に・・猫柳も面食ら..
by katokun3 at 09:19
こんばんは、セツブンソウ..
by yamabousi-28 at 21:45
やまぼうしさん、こんばん..
by まさ at 20:12
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:51
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
あぜ道
at 2017-03-25 19:22
ミノコバイモ
at 2017-03-24 19:38
なんとか、ものにしたいと
at 2017-03-23 18:44
やっと会えました
at 2017-03-22 19:03
野歌舞伎始まる
at 2017-03-21 16:21
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物