<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
見納めのハナネコノメ
白い花弁に包まれた真っ赤な蕊が印象的なハナネコノメ、まだ見られるかもと、林道を走りながら、沢という沢をすべて覗いてみる。
ネコノメソウの仲間すらいなかった。
場所を変えて小さな川を歩いてみた。ニッコウネコノメはたくさん咲いている。
期待を膨らましながらしばらく歩くと、なんとか赤い蕊の残ったものを見つける。
あと10日早ければきれいな姿に会えたかもしれないが、そう度々来られる距離でもないし、見られたことに感謝することにした。
ほかの場所でもちょっとした群生を見つける。秘密の花園として、いつの日か訪れられる機会を待ちたい。

e0304170_18334845.jpg
e0304170_18335765.jpg
e0304170_18340975.jpg
e0304170_18341955.jpg
e0304170_18342891.jpg
e0304170_18344145.jpg
e0304170_18344945.jpg
e0304170_18345932.jpg
e0304170_18350758.jpg
e0304170_18351795.jpg
e0304170_18352592.jpg
e0304170_18353834.jpg
e0304170_18354698.jpg
e0304170_18355408.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-30 18:39 | Comments(0)
スミレ⑭(朝霧高原を歩く)
前々から歩いてみたいと思っていた朝霧高原、やっとその願いが叶った。
まずはキスミレの群生地、富士山をバックにと試行錯誤したが、望む場所で咲いてくれていない。
無理な姿勢で構えていたら、富士山が斜めになってしまった。
場所を移動して雑木林や杉林のなかを歩く。
案内をしていただいた方が、「紅を差したように可愛らしい」と形容していたヒナスミレ、会うことができました。
唇弁に部分的に付いたピンク色が、まるで紅を差しているかのように見える(最後の2カット)。
今年も多くのヒナスミレを見てきたが、最後に可愛らしい姿に出会えた。

e0304170_20342640.jpg
e0304170_20343871.jpg
e0304170_20345103.jpg
e0304170_20350263.jpg
e0304170_20351053.jpg
e0304170_20351999.jpg
e0304170_20352955.jpg
e0304170_20353719.jpg
e0304170_20354617.jpg
e0304170_20355539.jpg
e0304170_20360501.jpg
e0304170_20361342.jpg
e0304170_20362125.jpg
e0304170_20362922.jpg
e0304170_20363648.jpg
e0304170_20364405.jpg
e0304170_20365250.jpg
e0304170_20370331.jpg
e0304170_20371409.jpg
e0304170_20372247.jpg
e0304170_20373285.jpg
e0304170_20374172.jpg
e0304170_20375673.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-29 20:41 | Comments(0)
甲斐の山を歩く
正面に大きな富士山を望む。春霞のなか輪郭ははっきりしなかったが、その勇姿はしっかりと脳裏に刻むことができた。
静岡に住んでいても、富士山を見ると感動する。
この日はカイコバイモを訪ねたが少し遅かった。その代り面白い花後の姿を見ることができた。
カイコバイモの周辺には、カタクリやキクザキイチゲ、ミヤマカタバミなどが迎えてくれた。
富士山をバックに撮ることはできなかったが、浅い春の情景のなかに静かに佇んでいた。
周囲の緑が色を増す頃には、来年に向かってこの花たちも子孫を残す準備に入る。
爽やかな風を受け、花たちに誘われるように、苦もなく山道を登っていた。
こんな機会を与えていただいた、甲斐の写友に感謝です。

e0304170_23061204.jpg
e0304170_23062104.jpg
e0304170_23063193.jpg
e0304170_23064233.jpg
e0304170_23065776.jpg
e0304170_23070542.jpg
e0304170_23071394.jpg
e0304170_23072569.jpg
e0304170_23073304.jpg
e0304170_23074104.jpg
e0304170_23075306.jpg
e0304170_23080226.jpg
e0304170_23081023.jpg
e0304170_23081920.jpg
e0304170_23082804.jpg
e0304170_23083539.jpg
e0304170_23084256.jpg
e0304170_23084978.jpg
e0304170_23085764.jpg
e0304170_23090560.jpg
e0304170_23091465.jpg
e0304170_23092488.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-28 19:30 | Comments(0)
色付く面の木
静かな山道に子どもたちの声が響く。
林間学校にでも来ているのだろうか、10数名づつに分れて元気に山道を登って来る。
それぞれに腕章を付けた指導員(観察員)が付き、山の生態系や草木の説明をしている。
熱心に聞き入る子、自分たちの世界に入り込んでいる子、子どもたちの行動を見ていると面白い。
標高1,000メートルの高地でも、気温は15度を超えて、歩いていると汗ばんでくるが、時折木々の間を通り抜ける風が気持ちよい。
山が華やかさを取り戻しつつあった。ミツバツツジの花が斜面を飾り、見上げるとヤマザクラが大空に手を広げている。
芽吹き始めた新芽も目に優しい。生命の息吹を感じ、一年で一番よい季節を迎えつつあった。

e0304170_22242195.jpg
e0304170_22243081.jpg
e0304170_22243924.jpg
e0304170_22244677.jpg
e0304170_22245599.jpg
e0304170_22250321.jpg
e0304170_22251376.jpg
e0304170_22252135.jpg
e0304170_22252860.jpg
e0304170_22253667.jpg
e0304170_22254494.jpg
e0304170_22255532.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-27 22:27 | Comments(0)
群馬県西部の野山にて
スミレを求めて、以前に案内していただいた林道を走る。
スミレ以外にも期待していた花があった。一つはヒトリシズカ。かつては林道沿いのあちらこちらに群生していたが、時期が早かったのか見つけたのは一箇所だけ。
ここの個体は、茎も葉も黒光りしている。見慣れたものとは、ちょっとイメージが違う。
もう一つはオオヤマカタバミ。林道沿いの限られた場所に顔を出す。
3年前に見ているが、花がきれいに開いていなかった。
大きめの花弁が俯き加減に開き、蕊を見るのに難儀する。白い花弁に赤紫色の条が走り、花弁の基部に萼の緑色が透けてなんとも美しい。
気を付けないと素通りしてしまうほどの花、なんとも美しく可愛い。

e0304170_19441473.jpg
e0304170_19442619.jpg
e0304170_19443411.jpg
e0304170_19444170.jpg
e0304170_19445063.jpg
e0304170_19450013.jpg
e0304170_19450981.jpg
e0304170_19451966.jpg
e0304170_19452853.jpg
e0304170_19453871.jpg
e0304170_19454623.jpg
e0304170_19455421.jpg
e0304170_19460646.jpg
e0304170_19461662.jpg
e0304170_19463199.jpg
e0304170_19464067.jpg
e0304170_19465099.jpg
e0304170_19465815.jpg
e0304170_19470769.jpg
e0304170_19471826.jpg
e0304170_19472806.jpg
e0304170_19474299.jpg
e0304170_19475017.jpg
e0304170_19480009.jpg
e0304170_19480987.jpg
e0304170_19482151.jpg
e0304170_19483239.jpg
e0304170_19484048.jpg
e0304170_19485144.jpg
e0304170_19490136.jpg
e0304170_19491388.jpg
e0304170_19492227.jpg
e0304170_19493339.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-26 19:53 | Comments(2)
スミレ⑬(群馬のスミレ)
今月の前半、群馬県吾妻郡の里では、スミレが咲き始めていた。
最も目にしたのは、ヒナスミレとアオイスミレ。こちらでは見られない種類ということもあり、目にしたものを手当たり次第撮っていたが、なんと浅はかだったか、行く先々で両者を見ることに。
次第に、「これもヒナか、これもアオイか」の状態に。それでも色の濃いもの、形の良いもの、花付きの良いものは、ちゃんとカメラに収めてきた。
数えていないが、株数にしたらかなりの数を写した。
次に多かったのはエイザンスミレ、そしてヒカゲスミレ、やっと開花したものにタチツボスミレがあった。タチツボも数が少ないと、うれしい存在。
判断に迷うものがあり、帰りに立ち寄った中之条のスミレ博士に見てもらうと、エゾアオイスミレだった。数年ぶりのご対面となった。

e0304170_20463381.jpg
e0304170_20464301.jpg
e0304170_20465671.jpg
e0304170_20470578.jpg
e0304170_20471553.jpg
e0304170_20472258.jpg
e0304170_20473013.jpg
e0304170_20473899.jpg
e0304170_20474629.jpg
e0304170_20475397.jpg
e0304170_20480037.jpg
e0304170_20480677.jpg
e0304170_20481278.jpg
e0304170_20481810.jpg
e0304170_20482965.jpg
e0304170_20483725.jpg
e0304170_20484552.jpg
e0304170_20485332.jpg
e0304170_20490108.jpg
e0304170_20490913.jpg
e0304170_20491771.jpg
e0304170_20492515.jpg
e0304170_20493545.jpg
e0304170_20494317.jpg
e0304170_20495238.jpg
e0304170_20500118.jpg
e0304170_20500915.jpg
e0304170_20501803.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-25 20:54 | Comments(2)
境内の桜
病院へ行く母の付き添いを終えて、空いた時間でお寺の境内に咲く桜を訪ねた。
寒冷な地ということもあり、いろいろな花が一気に咲き出す。華やかではあるが、もったいない気もする。
順を追って咲いてくれたほうが、長い時間花を楽しめてお得感がある。

e0304170_18455683.jpg
e0304170_18464222.jpg
e0304170_18471199.jpg
e0304170_18475034.jpg
e0304170_18482060.jpg
e0304170_18485063.jpg
e0304170_18492035.jpg
e0304170_18495006.jpg
e0304170_18502031.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-24 18:51 | Comments(0)
北杜市の桜
4月の第2週、山梨⇒長野⇒群馬とドライブした。
住んでいる場所では葉桜に変わりつつあったが、山梨県北斗市、長野県佐久市、群馬県東吾妻町では、桜の見ごろを迎えていた。
北斗市では車中から大きな桜を見つけ、遠くに連なる南アルプスの山並みとのコラボに挑戦した。
ここには大きな一本桜が点在し、どうしても人工物が入ってしまうが、雪山を背景に桜を撮ることができた。
足元には、ヒメオドリコソウやイヌナズナが畑の土手を埋め尽くしていた。
北斗市の道の駅“南きよさと”では気持ち良さそうに4月の風を受けて鯉が遊泳していた。
ソフトクリームが食べたいと思い売店に寄ると、“信玄ソフト”なるものが。
フドウの果汁が入っているのかと思いきや、クリームに蜜が掛かり餅が添えられていた。なんと「信玄餅+ソフトクリーム」、絶妙な味でした。

e0304170_19304617.jpg
e0304170_19305987.jpg
e0304170_19310785.jpg
e0304170_19311504.jpg
e0304170_19312307.jpg
e0304170_19313145.jpg
e0304170_19313815.jpg
e0304170_19314646.jpg
e0304170_19315410.jpg
e0304170_19320240.jpg
e0304170_19321810.jpg
e0304170_19322633.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-23 19:30 | Comments(0)
すいせんまつり
群馬県東吾妻町岩井親水公園で4月10日に“すいせん祭り”が行われた。
近くに実家の墓があり、朝早くに墓石の掃除に出掛けた折、イベントの看板が立てられていた。
一仕事を済ませ会場へ行ってみると、すでに駐車場は満車状態。人を撮るような状態だったので、後日再び訪れた。
吾妻川の右岸に、桜並木が約1㎞にわたって続き(パンフレットより)、約30万のラッパスイセンが植えられている。
その景観は見事で、冷え込んだ朝に撮ろうと予定したが、薄霜は降りたものの靄は出なかった。
近くに水量の少ない滝があり、もしかしたらネコノメソウの仲間がと期待したが、期待は裏切られたものの、感じの良い滝だった。

e0304170_19253542.jpg
e0304170_19254674.jpg
e0304170_19255643.jpg
e0304170_19260429.jpg
e0304170_19261234.jpg
e0304170_19274996.jpg
e0304170_19262377.jpg
e0304170_19263272.jpg
e0304170_19264007.jpg
e0304170_19265073.jpg
e0304170_19265779.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-22 19:28 | Comments(0)
スミレ⑫(フモトスミレ)
私の住む地域では、春一番に咲き出すフモトスミレ。
美白美人の印象があるが、ある一角に咲くフモトは薄化粧を施している。
花茎がひょろひょろと伸び、花も少し小さめ。葉の裏は紫色と緑色がある。
そして条の数が多かったり、花弁全体に色が付くものがかたまっている。
咲き出す時期も遅く、4月になってから開き出す。
当初、フモトとは思えず、別種ではないかと疑っていたが。
昨年はヒメフタバランとのツーショットが撮れたが、今年は寄り添って咲くものは見当たらなかった。
今年は諦めていたシュンランも、偶然見つけることができた。来年も会えるだろうか、ちょっと目立つ場所に咲いていたので。

e0304170_18332905.jpg
e0304170_18334317.jpg
e0304170_18335149.jpg
e0304170_18335948.jpg
e0304170_18341048.jpg
e0304170_18341812.jpg
e0304170_18342504.jpg
e0304170_18343566.jpg
e0304170_18345551.jpg
e0304170_18350327.jpg
e0304170_18351047.jpg
e0304170_18351898.jpg
e0304170_18352621.jpg
e0304170_18353371.jpg
e0304170_18354497.jpg
e0304170_18355434.jpg
e0304170_18360464.jpg
e0304170_18361341.jpg
e0304170_18362267.jpg
e0304170_18363275.jpg

by yamabousi-28 | 2016-04-21 18:45 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
彼の地、夢心地の場所です..
by yamabousi-28 at 16:30
こうして春の花々を拝見し..
by windy1957 at 09:40
sarayunaさん、文..
by yamabousi-28 at 19:28
コメントができなくなって..
by yamabousi-28 at 19:25
こんにちは、復帰しました..
by sarayuna516 at 19:13
こんばんは、思いがけない..
by yamabousi-28 at 18:27
春の雪に・・猫柳も面食ら..
by katokun3 at 09:19
こんばんは、セツブンソウ..
by yamabousi-28 at 21:45
やまぼうしさん、こんばん..
by まさ at 20:12
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:51
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
あぜ道
at 2017-03-25 19:22
ミノコバイモ
at 2017-03-24 19:38
なんとか、ものにしたいと
at 2017-03-23 18:44
やっと会えました
at 2017-03-22 19:03
野歌舞伎始まる
at 2017-03-21 16:21
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物