<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
変貌する景観    
境川に架かる国道257号線設楽大橋周辺は、ダム建設のためだろう、道路工事や造成工事が急ピッチで進められている。
すでにハナモモで彩られる集落は移転が完了し、静かだった山村風景の山肌は削られ、想像もつかない場所に道が造られている。
どんな姿に変貌していくのだろう。
この周辺は、多彩な野草の宝庫でもある。心配しながら集落の細い道を入って行く。
目的の場所は、旧泰然とした佇まいを保っていたことに安堵したが、すぐ近くで造成工事が行われている。
いつまでこの環境が保たれるのか、不安を感じながらも、目の前に咲く可憐な野草の姿をカメラに収めた。

       フユノハナワラビ
e0304170_19263138.jpg
e0304170_19263654.jpg
e0304170_19264345.jpg
e0304170_19264865.jpg

       コウヤボウキ
e0304170_1927764.jpg

       コアジサイ
e0304170_19272577.jpg

       アキノキリンソウ
e0304170_19274314.jpg
e0304170_19274964.jpg

       リンドウ
e0304170_19281174.jpg

       ノコンギク
e0304170_19283238.jpg
e0304170_19283767.jpg

       アザミの仲間
e0304170_1929433.jpg

       ススキ
e0304170_19293047.jpg

       アカジソ
e0304170_19294744.jpg

       噴水
e0304170_19315374.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-31 19:32 | 奥三河 | Comments(0)
心残りのダイモンジソウ
ダイモンジソウ第三弾、後日、ダイモンジソウの自生地を訪れた。
実は、この日ダイモンジソウを目的に二カ所回ったが、最初の場所はすでに無残な状態であった。
前の晩に雨が降ったのだろうか、川の流れが速い。
学習能力のある私としては、同じ轍を踏むわけにはいかない。
最初は、恐る恐る花に近づいてみたが、途中で諦めることに。
思った以上に流れが速く、水深もかなりあった。
最後は、望遠で引き寄せての撮影で我慢することに。
今年は、きれいな状態で出会えなかったダイモンジソウ、一年後に期待しよう。

e0304170_2281847.jpg

e0304170_2282947.jpg
e0304170_22839100.jpg
e0304170_2285231.jpg
e0304170_229299.jpg
e0304170_2291215.jpg
e0304170_2292280.jpg
e0304170_2293298.jpg
e0304170_2294351.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-30 22:10 | 奥三河 | Comments(0)
渓流にひっそりと
ダイモンジソウ第二弾。次の目的地に着く。この場所は初めて。
先の(前日)撮影地に偶然お会いし、案内をしていただいた。
しっかりと濡れている長靴を、もう一度履くことに。
それでも気持ち悪かったのは最初だけで、慣れてしまえばどうってことはない。
川幅の広い、ゆうたりとした川の流れ。それに滝まで付いている。
なんと素晴らしいロケーションだろう。
ダイモンジソウも、まずまず見られる状態。
今までにない、変化のあるダイモンジソウを撮ることができた。

e0304170_18472366.jpg

e0304170_18473198.jpg
e0304170_18474059.jpg
e0304170_18474839.jpg
e0304170_184757100.jpg
e0304170_1848719.jpg
e0304170_18481520.jpg
e0304170_18482477.jpg
e0304170_18483421.jpg
e0304170_18484146.jpg
e0304170_18485391.jpg
e0304170_1849296.jpg
e0304170_18491334.jpg
e0304170_18492375.jpg
e0304170_18493141.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-29 19:30 | 奥三河 | Comments(0)
川遊びはほどほどに
3回に分けて、愛知県で撮影したダイモンジソウを特集する。
いくつかのブログで紹介されていて、内心早やく行かないとと焦っていた。
案の定、訪れたのは19日であったが、すでに花は終盤。それでもきれいな蕊を見つけては、背景に気遣いながら撮影を行った。
台風の影響で、流されてしまっているのではと危惧したが、岩場にしっかりと張り付いていた。
ここでは、花が終盤ということもあり、少々無理をして花に近づいてしまった。
まずは、滑る石の表面に足を捕られて、思いっきり転倒、カメラをぶつけてしまったが、機嫌良く作動してくれた。
次は、油断してついつい深みにはまってしまい、膝まで浸かってしまった。長靴のなかは、歩くたびに奇妙な音が。
最後は、大きな岩で足を捕られ、滑り台状態で深みの中へ。腰までしっかり浸かってしまった。カメラは首から下げていたのでなんとか無事。あわてて携帯電話を取り出したが、ケースに入っていたことで、難を逃れた。
ズボンは履き替えを持っていたが、それ以上のものはなく、それ以降は通気性の良い下半身であった。
歳を重ねたら、川遊びもほどほどにしないと、との教訓を得ました。

e0304170_18433479.jpg

e0304170_18434438.jpg
e0304170_18435475.jpg
e0304170_1844384.jpg
e0304170_18441251.jpg
e0304170_18442014.jpg
e0304170_1844304.jpg
e0304170_18444091.jpg
e0304170_18445067.jpg
e0304170_18445974.jpg
e0304170_184592.jpg
e0304170_18451845.jpg
e0304170_18452652.jpg
e0304170_1845358.jpg
e0304170_18454298.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-28 19:30 | 東三河 | Comments(5)
まるで野草の展示場
国道420号線を走っていると、サラシナショウマのふさふさした花が目に入った。
帰りに撮ろうと、まずはダイモンジソウを目指して渓谷へ。
帰りに見つけておいた駐車帯に車を停めて、道路沿いに歩いてみた。
サラシナショウマは目立ったが、歩いてみるとまるで野草の展示場。
思いがけず時間を費やしてしまい、次の目的地では早々に引き揚げることとなった。
サラシナショウマは、花後の花弁が落ちた姿も面白い。花とうまく絡められれば良かったのだが・・・。
美しかったのがクサアジサイ。この花も息が長い。この時期に見られたのがうれしかった。つけまつげのように、「パッ」と開いた蕊が可愛い。
メナモミとコメナモミ、一緒に咲いていたが、この花も不思議な形をしている。

       サラシナショウマ
e0304170_18352297.jpg

e0304170_18353468.jpg
e0304170_18354685.jpg

       アキチョウジ?
e0304170_1836970.jpg
e0304170_18361816.jpg

       モミジガサ
e0304170_18363832.jpg
e0304170_18364698.jpg

       タマアジサイ
e0304170_183789.jpg

       クサアジサイ
e0304170_18372821.jpg
e0304170_18373974.jpg
e0304170_18375176.jpg
e0304170_1838019.jpg

       レモンエゴマ
e0304170_18382426.jpg
e0304170_18383274.jpg
e0304170_18384246.jpg

       ノブキ
e0304170_1839160.jpg

       コメナモミ
e0304170_18392846.jpg

       メナモミ
e0304170_18395120.jpg
e0304170_1840154.jpg
e0304170_18401765.jpg

       ヤブタバコ
e0304170_18404068.jpg

       ノコンギク
e0304170_18405966.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-27 19:30 | 東三河 | Comments(0)
もう一つの風車
10月12日に、「テイショウソウが咲き始めた」、との話を伺った。
「え!」例年10月後半の開花なのに。20日に現地へ行ってみると、すでに盛りを迎えていた。
覗くだけのつもりで、現地へ着いたのが午後4時。
天気は曇り、しかも深い杉林に覆われているため、かなり暗くなっていた。
この機会を逃がしたらと思うと、写さざるをえない。
三脚を使い、ISO感度を上げての撮影となった。微妙な風でもブレてしまう。
24日に再度挑戦した画像とともに。
花だけを見ると、まるでエンシュウハグマ。ピンク色がない分、可愛らしさに欠ける面も。今年の秋は、花たちが駆け足で通り過ぎていく。

e0304170_17564068.jpg
e0304170_17565179.jpg
e0304170_1757141.jpg
e0304170_17571045.jpg
e0304170_17572178.jpg
e0304170_17573220.jpg
e0304170_17574458.jpg
e0304170_17575526.jpg
e0304170_1758335.jpg
e0304170_17581239.jpg
e0304170_17582139.jpg
e0304170_17583018.jpg
e0304170_17583962.jpg

   24日の色付き。見ごろは一ヶ月先になります。
e0304170_17593454.jpg
 
by yamabousi-28 | 2014-10-26 19:30 | 中遠 | Comments(0)
秋には控えめに
10月桜が斜面を白く染める。ソメイヨシノのようなボリューム感はないが、遠目からでも桜だと目視することができる。
久しぶりに近づいてみた。全体ではなかなか写真に撮るのが難しい。花のまとまっている部分を切り取ってみた。
近くに、ほんの一角、カラスノゴマとコシオガマの咲く場所がある。
当然咲く時期は異なるが、数株が狭い範囲にまとまっている。
どちらの花も、周辺を含めても見たことがない。拡散しないのが不思議である。
最初に見つけたときには、近くでも咲いているんだと興奮したが、今でもその感動は冷めない。

       ジュウガツザクラ
e0304170_21141575.jpg
e0304170_21142693.jpg
e0304170_21143585.jpg
e0304170_21144467.jpg
e0304170_21145517.jpg

       カラスウリ
e0304170_21151757.jpg
e0304170_21152426.jpg
e0304170_21153337.jpg

       ノコンギク
e0304170_2118091.jpg

       赤と白のキツネノマゴ
e0304170_21184555.jpg

       ツリガネニンジン
e0304170_21192124.jpg

       アジサイ
e0304170_21194140.jpg

       一面のヤマハッカ
e0304170_212061.jpg

       コシオガマ
e0304170_21202726.jpg
e0304170_21203596.jpg

e0304170_17504975.jpg

e0304170_1751625.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-25 19:30 | 中遠 | Comments(0)
マーキングポイント
山の斜面に造られた畑に通じる入り口に、車が止められるスペースがある。
ここから眺める山間集落の佇まいが好きで、この道を通るときには、必ずこの場所で休憩をとる。
帰り道に利用することが多く、いつも陽が西に傾いてからの時刻となる。
畑へ通じる小道や、道路脇の草むらを覗いてみた。
セイダカアワダチソウがススキに囲まれて、秋の風情を醸し出していた。

       ヒキオコシ
e0304170_2184974.jpg

       ホトトギス
e0304170_2191432.jpg
e0304170_2192487.jpg

       ゲンノショウコ
e0304170_2194881.jpg

       ツリガネニンジン
e0304170_21101510.jpg
e0304170_21102472.jpg
e0304170_21103483.jpg

       セイダカアワダチソウ
e0304170_21112395.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-24 19:30 | 浜松市北区 | Comments(0)
水源の郷を訪ねてその2
昨日に引き続き同じ場所で撮った、色のついた花を取り上げる。
多くの花が旬を過ぎ、最後の力を振り絞って、生きてきた証を虫たちに示し、来年の再会を約束している。
その御相伴にあずかり、私も「来年また会おう」とカメラを向ける。
そんな野草が多いなかで、ミセバヤだけは、私たちの季節だと言わんばかりに、ボンボンを振って呼び込みに精を出し始めていた。
その花の形や色合いから園芸種かと思い、最初は撮ることを躊躇っていたが、古くからある園芸種ということで、最近は積極的に撮るようにしている。
苔むした石垣に垂れている姿も写真的だ。

       ホトトギス
e0304170_18415920.jpg
  
       マツムシソウ
e0304170_18423029.jpg
 
       セキヤノアキチョウジ
e0304170_18432560.jpg
  
       リンドウ
e0304170_18435091.jpg
  
e0304170_1844073.jpg

       エンシュウハグマ
e0304170_18443331.jpg

       ミカエリソウ
e0304170_18445624.jpg

       ミセバヤ
e0304170_18452742.jpg
e0304170_18453767.jpg

       ベニバナヤマシャクヤクの種
e0304170_18461734.jpg
e0304170_18462556.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-23 18:46 | 東三河 | Comments(0)
水源の郷を訪ねて
四季を通じて、花の端境期というものがあるように感じる。
決して花がまったく咲いていないということはなく、種類や好みを選ばなければ、何かしらの花は咲いている。
以前は撮影に行っても、「ここには花は咲いていない」と、決めつけていたが。

訪問した日は、エンシュウハグマが終わり、センブリやリュウノウギクには早い。
私の好みを基準にすると、「花がない、咲いていない」ということになる。
花の美しさは咲いている時ばかりではなく、散り際の美しさ、変色した微妙な色合い、種を付けた終焉の時、それぞれに美しさがある。・・・と感じている。
お目当ての花には出会えなかったが、折々の野草を切り取ってみた。

       シブカワシロギク
e0304170_22384021.jpg

       シロヨメナかな
e0304170_2239847.jpg

       ノコンギク
e0304170_22392746.jpg

       モミジガサ
e0304170_22394713.jpg

       コウヤボウキ
e0304170_2240356.jpg

       ニガナ
e0304170_22405673.jpg

       コナスビ
e0304170_22412355.jpg

       ヤクシソウ
e0304170_22414429.jpg

       コメナモミ
e0304170_22422100.jpg

       フジバカマに遊ぶアサギマダラ
e0304170_22442284.jpg
e0304170_22443183.jpg

       コウヤボウキに遊ぶアサギマダラ
e0304170_22443982.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-22 22:45 | 東三河 | Comments(1)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんにちは、私からのコメ..
by yamabousi-28 at 17:02
やまぼうしさん、 おは..
by まさ at 08:53
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:12
毎日の更新に羨ましく思っ..
by みちほ at 00:35
鍵コメさん、お久し振りで..
by yamabousi-28 at 21:59
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 21:18
???はフウトウカズラで..
by やまそだち at 20:49
こんにちは、毎日楽しみに..
by yamabousi-28 at 11:30
おはようございます サ..
by katokun3 at 10:01
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:47
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
コアジサイ
at 2017-06-26 19:01
イナモリソウ
at 2017-06-25 19:30
静岡の林道を走る
at 2017-06-24 20:08
思い出の花
at 2017-06-23 19:34
ドクダミ
at 2017-06-22 19:13
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物