<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
親海湿原と姫川源流  
Fさんが前日の下見で、サイハイランを見つけられていた。
サイハイラン、あこがれの花。ずっと見たいと願っていた花だった。
この花が見られただけでも、今回の白馬詣は価値のあるものだった。
少し小振りな株であったが、ピンク色も残り、あこがれの花とのご対面には十分だった。(実は翌日も、解散した後に再訪した)
最後は、ここに来たら見ずには帰れないバイカモ。
整った花が少ないように感じたが、PLを回転させて、あえて水の反射を残しつつ捉えてみた。
湿原を一周したが、一人で歩いていたのでは、とても見つからない花もあった。

      カキツバタ
e0304170_16202686.jpg

      サワオグルマ
e0304170_1620529.jpg

      ヤナギトラノオ
e0304170_16211813.jpg

      トキソウ(持参したレンズでは遠すぎた)
e0304170_1622762.jpg

      あこがれの花・サイハイラン
e0304170_16224922.jpg
e0304170_16225814.jpg

      エビフランジ
e0304170_16232874.jpg

      オドリコソウ
e0304170_16235156.jpg


e0304170_1624952.jpg

      キツリフネ
e0304170_16243560.jpg


e0304170_16244987.jpg
e0304170_1625016.jpg

      バイカモ
e0304170_16252486.jpg

e0304170_16253747.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-30 16:26 | 中信地方 | Comments(2)
八方池を望む場所で   
眼下に八方池が望める尾根の頂きに到着。思っていた以上に池は小さい。
例年この時期には溶けているという氷が、池面に蓋をするかのように広がっていた。
眼下に八方池、見上げれば白馬三山の峰々。まるで絵に書いたような光景が展開されている。
苦しい思いのご褒美、夢心地の瞬間だった。
少し上に黄色いスミレが咲く場所があるということで、膝が悪いのにTさんは頑張って登られた。
この一途な思いには、敬服するばかり。

下山を始める頃から、ポツリポツリと落ちてきた。
次第に雨脚も強くなり、途中からは本降り状態に。雨具の用意はしてあったので、慌てることはなかったが。
予報は雨だったので、長い時間降らずにいてくれたと、感謝しなければいけなかったのだろう。
当日は言えなかったが、私は完全な雨男。(でも次回も声を掛けてください)
e0304170_1857259.jpg

e0304170_18571450.jpg
e0304170_18572548.jpg
e0304170_18573583.jpg
e0304170_18574582.jpg

      クモマスミレ
e0304170_1858742.jpg
e0304170_18581845.jpg

e0304170_1858322.jpg

      イワカガミ
e0304170_1859066.jpg

      チングルマ
e0304170_1901879.jpg

      イワイチョウ
e0304170_1904660.jpg

      ユキワリソウ
e0304170_191954.jpg

e0304170_1912420.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-29 19:03 | 中信地方 | Comments(1)
八方池までの苦しい道のり  
集合時間30分前に現地に着いたが、すでに多くの人が集まっている。
最初、場違いの所へ来たかと気後れしたが、知人の顔を見てその不安も消えた。
今回の参加者は14名、なんと9県から集まってきている。静岡県は私一人。
しばらく白馬の感動を連載したいと思います。

同乗して八方池を目指した。初めて足を踏み入れる地。ゴンドラやリフトを乗り継ぎ八方池山荘まで行く。
リフトの中継地で野草にカメラを向ける。名前の知らない植物が多い。
皆さん名前や咲いている場所を教えてくれる。楽しい観察会の始まり。
心配なのは、今にも降り出しそうな天気。それでも雪を被った白馬連山は見られる。

と思いきや、八方池山荘から過酷な山登りが始まった。欲をかいて持ってきたカメラ機材が邪魔になる。
それでも登山道では、普段お目にかかれない可愛い花が、疲れを癒してくれる。
八方池が望める場所までに出会った花々です。
e0304170_1859542.jpg

     リフトの下にはユキワリソウがいっぱい
e0304170_1903395.jpg

     タテヤマリンドウ
e0304170_190577.jpg

     ウラジロヨウラク
e0304170_1962886.jpg

     チングルマ
e0304170_197317.jpg

     ユキワリソウ
e0304170_1975255.jpg

     ミヤマタネツケバナ
e0304170_198194.jpg

     ヒロハヘビノボラズ
e0304170_1985319.jpg

     ミヤマアズマギク
e0304170_1992330.jpg

     ハッポウウスユキソウ
e0304170_199519.jpg

     ノビネチドリ
e0304170_19104191.jpg

     ミヤマカラマツ
e0304170_19111035.jpg

     ムシトリスミレ
e0304170_19114328.jpg

     ハクサンタイゲキ
e0304170_1912651.jpg

     キモチヨサソウ
e0304170_19131144.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-28 19:14 | 中信地方 | Comments(1)
白馬花めぐり序章  
白馬野草観察会が、21日と22日の両日に開かれた。
主宰のFさんはこれまでも観察会を開いているが、「参加してみたい」と思いながら踏ん切りがつかなかった。
今回思い切って、参加することをお願いした。
事前に送られてきた参加者名簿をみると、知り合いの人もいるし、ブログ上でお名前を拝見している人もいる。
久しぶりの再会も楽しみだし、ハンドルネームしか知らないご本人に会えることも楽しみだった。
待ち合わせ時間は9時30分。まだ少し時間がある。居谷里湿原に立ち寄った。
湿原を一周してみたが、期待に反して、ほとんど花らしきものはなかった。
これから待っている人そして花との出会いに期待を膨らませて、待ち合わせ場所に向かった。
e0304170_1630387.jpg

e0304170_16305151.jpg
e0304170_1631056.jpg
e0304170_1631922.jpg
e0304170_16311990.jpg
e0304170_16313939.jpg
e0304170_1632666.jpg
e0304170_16321564.jpg
e0304170_16322356.jpg
e0304170_16323537.jpg
e0304170_16324435.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-27 16:33 | 中信地方 | Comments(0)
スーパー林道を走る
秋葉神社はスーパー林道沿いにある。
カキノハグサを撮ったあと、もう一つの目的花マイズルソウに会うため、野鳥の森へ向かって車を走らせる。
時期的には遅いだろうと思いながら、かすかな願いを抱いて。
秋葉神社まではなんとかコアジサイが咲いていたが、奥に進むに従い膨らみ始めた蕾が目立つようになる。
杉林の中に、淡いブルーの細かい花がかたまって咲くさまは、爽やかさを感じる。
案の定、マイズルソウは盛期を過ぎ、茶色く変色したものが目立った。
それに葉は一面に広がっているのに、花の数が非常に少ない。
期待したような群生は望めないのだろうか。
e0304170_21574567.jpg

e0304170_21575475.jpg
e0304170_2158277.jpg
e0304170_21581242.jpg
e0304170_21582314.jpg
e0304170_21583248.jpg
e0304170_21584192.jpg
e0304170_2158529.jpg
e0304170_2159250.jpg
e0304170_21591018.jpg
e0304170_21591813.jpg
e0304170_21592665.jpg
e0304170_21593797.jpg
e0304170_21594868.jpg
e0304170_21595727.jpg
e0304170_220538.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-26 22:00 | 浜松市天竜区 | Comments(0)
秋葉神社境内  
浜松市天竜区(旧春野町)にある秋葉神社は、社伝によれば709年に堂が建てられた古刹である。
火防の神を祀り、神社へ通じる道は「秋葉道」と呼ばれ、遠州、三河、信州と、各地から秋葉詣でが行われた。それはまた、「塩の道」でもあった。
街道沿いには「秋葉常夜灯」が建てられ、村内や通行人の安全を見守ってきた。
近年では、Jリーグ二部に降格してしまったが、ジュビロ磐田が必勝祈願を行う。
標高は900メートルに満たないが、冬の冷え込みは尋常ではない。

今年はきれいなカキノハグサに会っていないので、花を撮る目的で訪れた。
数年前に比べると、その数は激減している。
薄暗い参道にあって、その花は鮮やかな光彩を放っていた。
e0304170_1784766.jpg
e0304170_179038.jpg
e0304170_1791217.jpg
e0304170_1792394.jpg
e0304170_179335.jpg
e0304170_1794419.jpg
e0304170_1795546.jpg
e0304170_1710493.jpg
e0304170_17101384.jpg
e0304170_17102326.jpg
e0304170_1710326.jpg
e0304170_17104612.jpg
e0304170_17105796.jpg
e0304170_1711883.jpg
e0304170_17111757.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-25 17:11 | 浜松市天竜区 | Comments(3)
水源の郷を訪ねて
今年2回目の訪問は、池のほとりに咲くイチヤクソウを求めて。
訪れたのは6月16日、梅雨入り宣言されてから、周辺では1粒の雨も降っていない。
草花たちも、心なしか元気がないようす。
ここのイチヤクソウは環境と相性が合うのか、茎は太く花付きも良い。
少しずつ数も増やしているようだ。
池をバックにした構図は撮れなかったが、木立をバックに雰囲気のある写真が撮れた。
この時期、もう一つ絶好の被写体となるものにセッコクがある。
幹にしがみ付くように根を張り、今にも飛翔するかのように咲く可憐な姿。
ピンク色をした花弁もあり、一際目を引く存在である。
木漏れ日を受けて輝くさまは、「ハッ」とさせられる。
ここでもドクダミは目立つ存在で、格好の被写体となった。
一通り撮影を終えて、郷の住人からお話を伺った。
初めての存在に気付いた花、今年急に増えだした花、特にイワタバコの習性は興味深く印象に残る話であった。
まだまだ奥の深い水源の郷である。
e0304170_136677.jpg
e0304170_1361896.jpg
e0304170_1362851.jpg
e0304170_1365088.jpg
e0304170_137069.jpg
e0304170_1371023.jpg
e0304170_1371883.jpg
e0304170_1372958.jpg
e0304170_1373988.jpg
e0304170_1374830.jpg
e0304170_1375667.jpg
e0304170_138488.jpg
e0304170_1381564.jpg
e0304170_1382677.jpg
e0304170_1383412.jpg

e0304170_13122292.jpg

e0304170_1385321.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-24 13:12 | 東三河 | Comments(1)
ネジバナ
我が家の庭には、この季節無数のネジバナが顔を出す。
今年も冬の終わりに、ちらほらと芽を出し始めていた。
今年は、すべてのネジバナを守るのではなく、通路を設けることにした。
ネジバナを避けて歩くのは大変、結局踏みつけてしまうので、通路を確保した。
右巻きラセン、左巻きラセン、ナギナタ状に付くもの、千鳥風に散りばめられるもの、濃いピンク、淡いピンク、白花と、変化を探すのも楽しい。
e0304170_21431865.jpg
e0304170_21433761.jpg
e0304170_21435612.jpg
e0304170_21442554.jpg

     左巻き
e0304170_2144391.jpg
e0304170_2145251.jpg

     右巻き
e0304170_21451623.jpg
e0304170_21454490.jpg

     ナギナタ状
e0304170_2146021.jpg
e0304170_21461130.jpg

     ちどり状
e0304170_21463328.jpg
e0304170_21465079.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-23 19:30 | 中遠 | Comments(3)
可睡ゆりの園   
遠州三山の一つ、火伏せの神を祀る可睡斎。
隣接した場所に、約3万坪という広大な範囲に、150余種のユリが広がる。
種類ごとに(色分けして)配置されている。
何年ぶりだろうか、久しぶりにゆり園を訪ねてみた。
開門は9時、すでに門前には多くの人たちが、今は遅しと開門を待っている。
「富山・多摩・相模・名古屋・岐阜・・・」全国から集まってくる。
秘かに、大賞30万円、夢見て出掛けたのに、実際ゆりを目の前にすると、どこをどう切り取ったらよいのか迷う。
やはり、入賞する作品には、どこか惹きつけられるものがある。
入場料1,000円のもとをとろうと3時間、ユリにカメラを向けてきた。
e0304170_21393049.jpg
e0304170_21394270.jpg
e0304170_21395521.jpg
e0304170_21401225.jpg
e0304170_2140298.jpg
e0304170_21404286.jpg
e0304170_21405816.jpg
e0304170_2141943.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-22 19:30 | 中遠 | Comments(0)
南信州の野草2   
雑木林の林床には、さまざまな野草が花を付けていた。
もっとも多く見られたのは、フタリシズカ。
ほかにも、ギンラン、ササバギンラン、シロバナノヘビイチゴ、マイズルソウ、ベニバナイチヤクソウが。
もっとも圧巻だったのは、林床一面に咲いたフタリシズカ。ずっとずっと埋め尽くしていた。
ギンランはあまり見る機会がない。今年は教えていただき、一本見ることができた。
なんと、5~6株がひと塊になって咲いていた。二度とこんな株は見る機会がないだろうと、360度悔いが残らないように撮らせてもらった。
(名前のことでご指摘を受けました。修正しております。ありがとうございました。)
e0304170_21343414.jpg
e0304170_21344934.jpg
e0304170_2135839.jpg
e0304170_21352289.jpg
e0304170_21353991.jpg
e0304170_21355213.jpg
e0304170_2136417.jpg
e0304170_21361820.jpg
e0304170_2136449.jpg
e0304170_2137235.jpg
e0304170_21371515.jpg
e0304170_21372922.jpg

by yamabousi-28 | 2014-06-21 19:30 | 南信州 | Comments(3)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
彼の地、夢心地の場所です..
by yamabousi-28 at 16:30
こうして春の花々を拝見し..
by windy1957 at 09:40
sarayunaさん、文..
by yamabousi-28 at 19:28
コメントができなくなって..
by yamabousi-28 at 19:25
こんにちは、復帰しました..
by sarayuna516 at 19:13
こんばんは、思いがけない..
by yamabousi-28 at 18:27
春の雪に・・猫柳も面食ら..
by katokun3 at 09:19
こんばんは、セツブンソウ..
by yamabousi-28 at 21:45
やまぼうしさん、こんばん..
by まさ at 20:12
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:51
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
なんとか、ものにしたいと
at 2017-03-23 18:44
やっと会えました
at 2017-03-22 19:03
野歌舞伎始まる
at 2017-03-21 16:21
ジロボウエンゴサク
at 2017-03-20 19:00
○回○出複葉?難しい
at 2017-03-19 18:42
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物