「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧
私は私、比べないで
この場所のヨゴレネコノメ、2回目の登場を願った。
前回は、名称を擁護する言葉を述べたが、やはりハナネコノメに比べると、美しさは足元に及ばない。
それでも花が少ない時期には、貴重な被写体となる。
このネコノメは、湿った山道を歩いていても目にすることが多い。
e0304170_16561036.jpg
e0304170_16563857.jpg
e0304170_16572776.jpg
e0304170_16575454.jpg
e0304170_16582439.jpg
e0304170_16584536.jpg
e0304170_1659484.jpg
e0304170_16592238.jpg
e0304170_16593984.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-31 17:00 | 浜松市浜北区 | Comments(0)
黄色い妖精
川のほとり、湿った場所に生えるキバナハナネコノメ。
この植物には、なんでこんなにも可愛い花が授けられたのでしょう。
e0304170_23395961.jpg
e0304170_23402578.jpg
e0304170_23405369.jpg
e0304170_23411980.jpg
e0304170_23414444.jpg
e0304170_2342184.jpg
e0304170_23421764.jpg
e0304170_234235100.jpg
e0304170_23425270.jpg
e0304170_2343811.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-30 23:44 | 浜松市天竜区 | Comments(1)
最高の場面に出会えて
春の花は気難しい。そんな花の一つがキクザキイチゲである。
気温が高くなってこないと開かないし、陽が陰ってしまうと閉じてしまう。
この花を撮ることが目的であれば、廻るコースを考えなくてはいけない。
23日に、写友と二人で私の地元で花散策を楽しんだ。
正しくは、楽しんだというより、ポイントからポイントへ義務的に廻ったと言った方が近いかも知れない。
午後1時半、気温の高い時間帯に合わせて訪れた。
不思議な場所で、ほんの1㎡ほどの範囲に密集している。周りには一本もない。
行き合わせた人に聞くと、10年もこの状態だという。
ここの花はホワイトというより、ややブルーがかかっている。
一度、日本海側のカラフルなものを見てみたい。
e0304170_22285897.jpg
e0304170_22291219.jpg
e0304170_2229293.jpg
e0304170_22295042.jpg
e0304170_2230756.jpg
e0304170_22302372.jpg
e0304170_22303882.jpg
e0304170_2231256.jpg
e0304170_22311859.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-29 22:32 | 浜松市浜北区 | Comments(0)
気高く咲く
冬の終わりころから咲き出したフモトスミレ。
ここにきて、あちらこちらで見られるようになった。
ほかのスミレに比べて花は小さく、真っ白いものから、赤紫の条が唇弁に入るもの、全体に入るものと変化に富む。
が、どのフモトスミレも、気品に満ちた顔つきをしている。
悪く言えば、ちょっとすまして、見る者を受け入れない雰囲気をもっている。
これは花の色が白いこと、完全に奥まで見せない開き方をしていることから受ける、私の勝手な印象である。
e0304170_20172175.jpg
e0304170_20174881.jpg
e0304170_2018864.jpg
e0304170_20183090.jpg
e0304170_20184794.jpg
e0304170_2019430.jpg
e0304170_20192269.jpg
e0304170_20194272.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-28 20:19 | 浜松市浜北区 | Comments(1)
春を感じる花
肌寒さが残るが、植物たちは季節の変わり目をキャッチし、多くの野草が頭をもたげ、それぞれに花を咲かせている。
木の芽吹きとともに、足元に咲く花では、ショウジョウバカマの開花に、一番春を感じる。
淡いピンク色のボンボンが大きく目立つことで、春を感じているのかも知れない。
あちらこちらで見られる花だが、私のお気に入りは、浜松市天竜区の林床に咲くショウジョウバカマ。
例年だとこの時期、いたるところで咲いているのだが、今年は勝手が違う。
小さな蕾が散見できるので、これから咲き出すのだろう。
川辺にひっそりと1本咲いているのを見つけた。
なんだか、川の水もぬるんでいるようみ思えてくる。
e0304170_21132376.jpg
e0304170_2113539.jpg
e0304170_21141421.jpg
e0304170_21143339.jpg
e0304170_21144931.jpg
e0304170_2115635.jpg
e0304170_21152756.jpg
e0304170_21154771.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-27 21:10 | 浜松市天竜区 | Comments(0)
目的はいろいろ
磐田市岩井、ベッコウトンボの生息地で有名な桶ケ谷沼に隣接する菜の花畑。
近くには、源頼朝伝説が伝わる鶴ケ池がある。
約2.5haに広がる菜の花畑は、展望台から見ると、まるで黄色いジュータン。
菜の花に囲まれると、それはそれは甘~い香りがして、癒しの空間に。
花を楽しんだあとは、料理に使用する菜種油を採取し、その廃食油はごみ収拾車の燃料として使われる。
観賞用の景観植物から、実用植物になるわけである。
菜の花畑に長いレンズを付けたカメラマンが数人、花を撮るには変だなと思い聞いてみたら、菜の花に付いたアオムシを捕らえにくるモズを狙っているとか。
菜の花にもいろいろな楽しみ方があるようです。
e0304170_19171197.jpg
e0304170_191855.jpg
e0304170_19182799.jpg
e0304170_19185074.jpg
e0304170_1919681.jpg
e0304170_19192527.jpg
e0304170_19194322.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-26 19:21 | 中遠 | Comments(0)
春を見つける
この日は風は強かったが、暖かな日差しに恵まれた。
明るさがだんだん減じてくる時間、様子だけでもと思い立ち寄った。
期待に反して、オカオグルマが2株、短い茎に花を付けていた。
あわててカメラを取り出し、ISO感度を上げて撮影モードに。
被写体も少なく、360度いろいろな角度から写真に収めた。
ほかの花を探してみる。タチツボスミレとヘビイチゴが一株づつ。
すでに疲れ切った状態であったが、見つけられたことがうれしい。
近くにはホトケノザの一塊が。なかに白花が混ざっている。
色が褪せたのだろうかと思ったが、確かに白花だった。初めてのご対面。
e0304170_20572214.jpg
e0304170_20574370.jpg
e0304170_2058833.jpg
e0304170_20582732.jpg
e0304170_20584766.jpg
e0304170_205965.jpg
e0304170_20592799.jpg
e0304170_20594811.jpg
e0304170_210859.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-25 21:01 | 浜松市北区 | Comments(0)
ウスギオウレンを求めて
コセリバオウレン、セリバオウレンに続いて、ウスギオウレンを撮影した。
場所は、南信州で三箇所、奥三河で一箇所。
奥三河のものは自信がないし、花の雰囲気も少し違うように見えるが、葉はウスギオウレンと同じく2出3葉。
南信州のものは、なるべく雪を取り込んでと思ったが、ザゼンソウのようにうまくはいかなかった。
地面から一生懸命首をもたげようとしている姿を見ると、思わず「頑張れ」と応援したくなる。
e0304170_2127876.jpg
e0304170_21273333.jpg
e0304170_2128312.jpg
e0304170_21282697.jpg
e0304170_21284459.jpg
e0304170_2129499.jpg
e0304170_21292678.jpg
e0304170_21294641.jpg
e0304170_2130371.jpg
e0304170_21302045.jpg
e0304170_21304125.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-24 21:44 | 南信州 | Comments(0)
達磨さん見つけた
雪に埋もれ、自分の体温で雪を融かし、少しだけ顔を覗かせたザゼンソウ、最近いろいろな方のブログで見る光景。
多くの人が、南信州で撮られている。
まだ雪が残っているだろうと、期待しながら湿原に向かった。
この日も8時過ぎには現地に着こうと、目覚ましをセットしたが、1時間の遅刻。
疲れているのかなあ、怠けているのかなあ。
ザゼンソウは、最高の状態で見ることができた。
雪を融かしたもの、背景に雪を配したもの、咲いている場所の環境を取り入れてと、気づいたら500カット近くの赤い達磨さんを撮っていた。
e0304170_1919961.jpg
e0304170_19192662.jpg
e0304170_19194921.jpg
e0304170_1920893.jpg
e0304170_19202480.jpg
e0304170_19204196.jpg
e0304170_19205720.jpg
e0304170_19211653.jpg
e0304170_19213188.jpg
e0304170_1921488.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-23 19:23 | 南信州 | Comments(0)
頭を下げて、ようこそ
何年か振りの訪問となった。
ロープが張られ、保護されるようになったミノコバイモ。
これで間違いなく、毎年花を見ることができることでしょう。
以前よりも株が増えてきているように思えた。
保護策は、片側に1本のロープのみ。反対側のロープが写ることはない。
地主さんのご厚意に感謝し、立ち入らないことを切に願う。
e0304170_1929121.jpg
e0304170_19293196.jpg
e0304170_1929522.jpg
e0304170_19302918.jpg
e0304170_1930543.jpg
e0304170_19321553.jpg


ここは来られた方の多くは、足元の小さな花にも目を向けられている。
玉ボケを意識して狙ってみた。
e0304170_1936470.jpg
e0304170_19363551.jpg

by yamabousi-28 | 2014-03-22 19:40 | 東三河 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
sazaneriさん、こ..
by yamabousi-28 at 23:43
こんばんは~ 写真展が..
by sazaneri873 at 23:13
翼さん、こんにちは。 ..
by yamabousi-28 at 12:44
こんにちは、柔らかな光を..
by yamabousi-28 at 12:39
こんにちは。 写真展、..
by windy1957 at 11:24
おはようございます(^^..
by katokun3 at 09:36
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 22:36
hibikorekouj..
by yamabousi-28 at 22:13
こんばんは。 光りに包ま..
by umisanjin at 21:56
クマガイソウが目に入った..
by hibikorekouji2-2 at 20:52
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
ミツマタ
at 2017-02-19 19:30
春を探して
at 2017-02-18 18:54
毛皮のコートは手放せず
at 2017-02-17 19:00
写真展を終えて1
at 2017-02-16 19:09
薄氷
at 2017-02-15 18:43
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物