<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
赤城自然園その2
シキンカラマツは、かつての訪問時に撮影した場所とは異なるところで、群生していた。
以前の場所は生育が良くなく、今の場所に移植したとのこと。
土壌が合ったのか、風当たりか、周囲の樹木による木陰のためか、シキンカラマツには至極住みやすいようだ。
e0304170_21564497.jpg

     シキンカラマツ
e0304170_21565673.jpg
e0304170_2157713.jpg
e0304170_21572192.jpg
e0304170_21573640.jpg

     ヤマブキショウマ
e0304170_2157481.jpg

     ドクダミ
e0304170_21575961.jpg

     タマゴダケ
e0304170_21581049.jpg

     ソウシシヨウニンジン
e0304170_21581926.jpg

園内のあちらこちらに点在するレンゲショウマは蕾が固かったが、
きっと今頃は「ポッ、ポッ」と花を咲かせていることだろう。
by yamabousi-28 | 2013-07-31 22:00 | その他の群馬県 | Comments(3)
赤城自然園その1
上毛三山の一つ赤城山の山麓に、赤城自然園はある。
花は冬季閉鎖期間を除いて、四季折々の花を楽しむことができる。
園の面積120 ha(見学は半分)、撮影しながらだと、とても一日では回りきれない。
いつも入園すると、6時間はうろうろしながら、花探しに勤しむ。
厳しいことが一つあり、園内禁煙であること。せめて休憩舎だけでも喫煙を認めてくれれば、落ち着いて花と向き合えるのに。
ここの花は植栽や移植したものが多い。原則、管理された花である。
しかし、環境がすばらしく、あたかも自然の中で咲いているかのような佇まいである。
訪問した時には、シキンカラマツやクガイソウが見頃を迎えていた。
e0304170_18575458.jpg

     オカトラノオ
e0304170_1858942.jpg

     オオバギボウシ
e0304170_18582274.jpg

     ギンバイソウ
e0304170_18583972.jpg
e0304170_18584953.jpg

     クガイソウ
e0304170_1859295.jpg
e0304170_185914100.jpg
e0304170_18592365.jpg

     ヤナギラン
e0304170_18593223.jpg

     キキョウ
e0304170_18594228.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-30 19:03 | その他の群馬県 | Comments(1)
榛名山構成資産
榛名山周辺で、昨年シロテンマを見つけた場所に、せめて花殻だけでもと思い行ってみたが、確認することはできなかった。
とことどころにレンゲショウマが堅い蕾を付けていた。きっと今頃は咲いているのだろう。
行きたいなあ。
ウリノキがユニークな、しかも傷みのない花を付けていた。この時期見られたことに感激した。奥三河より一ヶ月も遅い。
ヤマブキショウマが、どこでもきれいに咲いていた。
花自体は小さいが、集合して咲くことから、遠目でもよく目立つ。

     ウリノキ
e0304170_19372565.jpg
e0304170_19374158.jpg
e0304170_19375067.jpg
e0304170_19375994.jpg

     ヤマアジサイ
e0304170_19383192.jpg

e0304170_19385518.jpg

     クサアジサイ
e0304170_1939737.jpg
e0304170_19391541.jpg

     ヤマブキショウマ
e0304170_19394493.jpg
e0304170_19412323.jpg
e0304170_19413498.jpg

     カラマツソウ
e0304170_19415631.jpg

     サワギク
e0304170_19421481.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-29 19:45 | 群馬県吾妻郡 | Comments(0)
榛名湖畔その2
榛名湖畔の沼ノ原湿原には、葦の追い生い茂る場所がある。
ここに木道が設置されているが、かなり老朽化していた。
今回この場所を訪れると、木道の撤去とともに葦が掘り返されていた。
この工事に伴って、湿地を埋めて資材置き場と駐車場が造られていた。
ここには、キソチドリやクサレダマ、ミゾハギ、ヒメシロネ、タカトウダイなどが花を咲かせ、ちょっとしたお花畑になっていた。
工事によってどんな風に変貌するのか、花も人を集める大きな要素なのに。
花が咲いていても、沿道の草は刈ってしまうし、
春にも記したがスミレやヒゲネワチガイソウの咲く場所に、スイセンが植えられるなど、
ここの観光関係者は何を考えているのだろう。
葦がなくなることで、湖の浄化が止まり、水生動物に影響が出なければいいけど。
そんなことを考えながら、湿原の花散策は諦めて、森の中へ入ってみた。

     クサレダマ
e0304170_196222.jpg

e0304170_197182.jpg

e0304170_1972178.jpg

     ミズチドリ
e0304170_1994194.jpg
  
     オトギリソウ    
e0304170_19101629.jpg
 
     ナツノタムラソウ
e0304170_191117.jpg
 
e0304170_19114172.jpg

     ウド
e0304170_19162568.jpg
 
e0304170_19165374.jpg
  
     ノハナショウブ   
e0304170_19182196.jpg
 
     キツリフネ
e0304170_19193440.jpg
e0304170_19195064.jpg
e0304170_19201959.jpg

     サクランボ
e0304170_1920414.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-28 19:23 | 榛名湖 | Comments(1)
榛名湖畔その1
愛知県旧稲武町に、車の走行に反応して「どんぐりころころ」の曲が流れるメロディーロードがあるが、群馬県の榛名山麓にも「かっこう」の曲が流れるメロディーロードがある。
どんな仕組みになっているのか分らないが、スピードによって微妙にテンポが変わる。
沼ノ原草原にいると、交通量もあり、あまり間隔を空けずに聞こえてくる。
最初の頃は一緒に口ずさんでいたが、そのうちに「またか」と受け取りが変わった。
交通量の多いところでは、けっこうな騒音である。
榛名富士山頂まではロープウェイで結ばれているが、下から歩いて登る人も多い。
この日も十数人のグループが、指導者の掛け声のもと、山登りの準備体操を行っていた。
沼ノ原草原には木道が整備されている。かなり老朽化しているが、どこまでも続く木道を歩いていると、榛名へ来たんだなあと実感する。
木道沿いにはユウスゲなどの花が咲き、蝶が飛び交っていた。
大きな網を持ったグループや個人に行きあった。
e0304170_21571856.jpg
e0304170_21572915.jpg
e0304170_21574128.jpg
e0304170_21575283.jpg

     ユウスゲ
e0304170_2158613.jpg
e0304170_21581825.jpg
e0304170_21583379.jpg

     アカツメグサ
e0304170_21584423.jpg


     マツバカラマツ
e0304170_21585467.jpg
e0304170_2159394.jpg
e0304170_21591337.jpg

     スズサイコ
e0304170_21592315.jpg
e0304170_21593615.jpg

     シモツケ
e0304170_21594497.jpg

     クサボケ
e0304170_21595388.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-27 19:30 | 榛名湖 | Comments(0)
ニッコウキスゲの咲く頃その2
今年は、湖の水量が多い。モウセンゴケやミズギクの咲く湖畔が、完全に水没していた。
早く水が引かないと、水辺の植物は花を咲かせないだろうな。
昨日に引き続き、野反湖周辺でも、湖畔に続く道などで見つけた花を紹介する。

     ミヤマホツツジ
e0304170_23343899.jpg

     キソチドリ
e0304170_23344978.jpg

     ハナニガナ
e0304170_23345886.jpg

     タニギキョウ
e0304170_2335635.jpg

     ヤマブキショウマ
e0304170_23351419.jpg

     ヤグルマソウ
e0304170_23352283.jpg
e0304170_23352987.jpg

     ヨツバヒヨドリ
e0304170_23353686.jpg
  
     ナルコユリ
e0304170_23354614.jpg

     ノアザミ
e0304170_23355564.jpg

     カラマツソウ
e0304170_2336250.jpg

     ミソガワソウ
e0304170_23361064.jpg

     オニシモツケ
e0304170_23362121.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-26 19:30 | 野反湖 | Comments(0)
ニッコウキスゲの咲く頃その1
午前4時前に野反峠休憩舎駐車場に着く。まだ辺りは暗い。
流れる満天の星を撮りたかったが、どんよりとした雲に覆われていた。
車中で仮眠を取ることにする。寒いかなと思ったが、長袖1枚で十分であった。
陽が高くなるに従って、雲も切れて陽が差すようになってきた。
野反湖は、見るたびに感動を覚える。
今回もいつもと同じコースを歩いた。
富士見峠周辺から始まり、車道沿い、湖畔へ続く道、山へ入る道、沢と。
それぞれ環境が異なり、出会える花も微妙に異なる。
その1として、富士見峠周辺と車道沿いで見かけた花を集めてみた。

     ハナチダケサシ
e0304170_19495175.jpg

     オオバギボウシ
e0304170_195033.jpg

     ネバリノギラン
e0304170_1950146.jpg

     イタドリ
e0304170_19502339.jpg

     クロズル
e0304170_19503272.jpg

     イブキトラノオ
e0304170_19503934.jpg

     ウスユキソウ
e0304170_19504720.jpg

     コマクサ
e0304170_19505613.jpg

     ハクサンフウロ
e0304170_195142.jpg

     カラマツソウ
e0304170_19511571.jpg

     シシウド
e0304170_19512662.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-25 19:56 | 野反湖 | Comments(1)
オレンジ色に染めて
年に2~3回訪れているが、ニッコウキスゲが咲く頃には不思議と訪れていない。
そんなこともあり、こんな花が咲いているはずと行ってみても、お目当ての花はなし。
その代わりに、いつもは終わりかけの花が、新鮮な姿で出会えた。
ニッコウキスゲも年によって咲き具合が異なるという。また、場所によっては、鹿害で絶えるところもあるという。
野反峠休憩舎には、かつて湖畔を覆っていたニッコウキスゲを写した写真が掲げられている。その咲き具合には遠く及ばないが、それでも斜面を覆うように咲いている。
天気は快晴、雲が面白い形で流れ、野反湖はくっきりと、その全景が見渡せる。
気持ちの良い、群馬紀行の第一日目。
(7月12日撮影)
e0304170_18472788.jpg
e0304170_18473735.jpg
e0304170_18474692.jpg
e0304170_18475428.jpg
e0304170_1848274.jpg
e0304170_18481099.jpg
e0304170_18481756.jpg
e0304170_18482433.jpg
e0304170_18483235.jpg
e0304170_18484222.jpg
e0304170_18485259.jpg
e0304170_1849039.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-24 18:51 | 野反湖 | Comments(1)
「ヤブ」の付く花
「ヤブ=藪」の意味であろうか。あまりイメージがよいものではない。
この冠が付けられた植物は、ありがた迷惑ではないだろうか。
考えてみると、ヤブのつく植物は多い。ヤブガラシを除けば、ごちゃごちゃしているようにも思えない。
ヤブラン、ヒメヤブラン、ヤブコウジと写真を撮り、「そうだ!ヤブで組んでみよう」と思い、ほかにないかと考えた挙句、わざわざヤブミョウガを探すことにした。
思っていた場所には咲いておらず、努力の末、咲いている場所を見つけ出した。
最初は、タシロランを撮っていたので、ノギランを撮って「ラン特集」を考えたが、ノギランがまだ蕾で、急遽「ヤブ特集」に変えた。
「ラン特集」は、後日挑戦してみたい。

     ヤブラン
e0304170_21441142.jpg

     ヒメヤブラン
e0304170_21444998.jpg
e0304170_2145140.jpg

     ヤブミョウガ
e0304170_21453377.jpg
e0304170_21454641.jpg
e0304170_21455646.jpg

     ヤブカンゾウ
e0304170_2146182.jpg
e0304170_21462745.jpg

     ヤブコウジ
e0304170_21513047.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-23 21:51 | 浜松市浜北区 | Comments(1)
来年の楽しみ
三遠南進信自動車道が部分開通してから、奥三河に行くときには利用することが多い。
面の木からの帰り道には、茶臼山高原道路、伊那街道、別所街道と3つのルートがある。
この日も、面の木から津具へ降りて、県道80号線で古戸へ抜けて別所街道に出た。
このルートは、雪景色や野草を求めてたびたび利用する。
この日も道路幅の広い場所に車を停めては、野草探しをしてみた。
場所によって、開花には端境期があるように思う。
昨日も写友と近くを歩きながら、「今は花が少ない時期だね」と会話したが、ほどほどの数、花が咲いている方が珍しいのかも知れない。
あるいは、花を選んでしまっているのかも知れない。

この日は、ユキノシタの大群生を見つけた。時期的には遅かったが、花が咲いていたら壮観だろうなと、思い浮かべながら状況写真を撮ってみた。
旬に見てみたい。

     ヒメジョン   
e0304170_18503081.jpg

     イヌトウバナ
e0304170_18504241.jpg

     ノリウツギ
e0304170_18505039.jpg

     ?(教えてください)
e0304170_18505953.jpg
e0304170_1851729.jpg

     マタタビ
e0304170_18511625.jpg

     テイカカズラ
e0304170_18512637.jpg

     ユキノシタ
e0304170_18513940.jpg
e0304170_18514830.jpg
e0304170_192783.jpg

by yamabousi-28 | 2013-07-22 19:02 | 奥三河 | Comments(3)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、そちらは天気..
by yamabousi-28 at 19:22
やまぼうしさん、こんにち..
by まさ at 11:47
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:13
赤い実がとても可愛いです..
by mariakulala at 22:23
感動が心を射抜いたのかと..
by yamabousi-28 at 10:44
ごめんなさい、感動が感通..
by mariakulala at 23:27
ありがとうございます、私..
by yamabousi-28 at 21:17
野生のリンドウなかなか見..
by mariakulala at 20:16
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:48
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 23:04
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
海岸で見つけた花
at 2017-12-12 19:30
イソギク
at 2017-12-11 19:30
懸命の努力
at 2017-12-10 18:10
会えて良かった
at 2017-12-09 19:30
リンドウ
at 2017-12-08 18:56
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物