<   2013年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
山は千変万化
一週間前に、面の木でサクラスミレを撮られた写友がいる。
失礼を承知で、Sさんに電話する。「もう終わっているよ」、新しい株が咲いているかも知れないということで、案内を願った。
写友が撮った株は、うさぎの耳のように大きな葉が二つ立っていた。
来年は是非会いたい。
アケボノスミレの残り花が一株、きれいなピンク色をしていた。
山の様相は、日一日と変化していく。芽吹いた新芽は、あっという間に山を化粧し、そしてあっという間に緑一色に染めていく。
面の木の春は短く、空気は冷たいものを感じるが、次の季節への序章が始まっている。
Sさんの仕事の手をしばらく休めさせてしまってから、次の目的地へ向かった。
e0304170_19541766.jpg
e0304170_1954297.jpg
e0304170_19543975.jpg
e0304170_19544970.jpg
e0304170_19545856.jpg
e0304170_1955752.jpg
e0304170_19551933.jpg
e0304170_19552896.jpg
e0304170_19553877.jpg
e0304170_19554833.jpg
e0304170_19555950.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-31 19:57 | 面ノ木 | Comments(0)
贅沢な時間
豊根村から面の木に向かうルートはいくつかある。そんなうちの一つである県道を走った。
かつてツクバネウツギを見たことがあり、久しぶりに会いたくなり、ルートを選定した。
駐車スペースがあると車を止めて、同行者と二手に分かれて、野草探しに興じた。
どんな花でもよい、そこの雰囲気に合った咲き方をしていれば。
杉林の中の車道を歩き、気になる場所があると、山の中へ入っていく。
決して見つけられた花は多くはなかった。
当てのない、心を無にして、目に入ってくるものを愛でる。
たまには目的を伴わない、行動があってもいい。なんて贅沢な時間なんだろう。
e0304170_2093281.jpg
e0304170_2093929.jpg
e0304170_2094760.jpg
e0304170_209556.jpg
e0304170_2010256.jpg
e0304170_2010965.jpg
e0304170_20101683.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-30 20:10 | 奥三河 | Comments(0)
言葉に詰まったか命名者?
久しぶりに豊根村に足を踏み入れた。
かつては、重要文化財熊谷家のどっしりとした佇まいや、みどり湖の若葉や桜、カタクリやニリンソウなどの草花を訪ねた。
上高地を彷彿とさせる水没した立ち木群はすっかり姿を消し、湖底を浚渫したのか、湖の様相も変わっていた。
数年前に、ある先生からラショウモンカズラが咲く場所を教えていただいていたが、今年やっと訪ねることができた。
枝払いされた小枝が無造作に置かれ、写真を撮るには難儀したが、咲き始めのきれいな状態で見ることができた。
この花の名が付けられた理由を知り、命名者の苦悩が伝わった。
もう少し花に相応しい名がつけられなかったものか。
周囲にはいろいろな花が咲いていた。すでに終わってしまっていたが、アオイスミレやナガバノスミレサイシンの葉も見つけられた。
来年はもう少し早い時期に来てみよう。
e0304170_19142341.jpg
e0304170_19143286.jpg
e0304170_19143974.jpg
e0304170_19144544.jpg
e0304170_19145195.jpg
e0304170_19145762.jpg
e0304170_1915242.jpg
e0304170_1915966.jpg
e0304170_19151444.jpg
e0304170_1915229.jpg


下ばかり見ていたら、偶然出会った写友に、木の上を指差された。そこに咲いていたものとは。
ありがとうございました。
e0304170_19153824.jpg
e0304170_19154434.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-29 19:16 | 奥三河 | Comments(0)
静かな茶臼山-その2-
e0304170_1943222.jpg

場所を移動して、ホソバノアマナの状況を見に行く。
「まだ早いかな?」と思ったが、目が慣れてくると、あちらこちらに咲いている。
あまり飾らず、楚々として咲くこの花が好きだ。
湿地でもないのに、周辺にはコチャルメルソウやコガネネコノメ、それにワチガイソウも咲いている。
小さな花のお花畑、細心の注意を払わないと踏みつけてしまう。
岩陰や木の根元にも野草が隠れている。
そんな花を見つけると、「見つかってしまったね」と、勝利宣言して撮らせてもらった。
木々の新緑が目に優しかった。
e0304170_19433482.jpg
e0304170_19434560.jpg
e0304170_19435573.jpg
e0304170_1944597.jpg
e0304170_19441566.jpg
e0304170_19442633.jpg
e0304170_19443611.jpg
e0304170_19445587.jpg
e0304170_19451791.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-28 19:45 | 茶臼山 | Comments(2)
静かな茶臼山
茶臼山に前回訪れたのが5月3日、それから10日後、12日に再び訪れてみた。
目的は、ホソバノアマナとシコクスミレ、ヤマシャクヤクの成長も気にかかった。
木々の芽生えも一気に進み、1週間前の様相とは大きく変化していた。
山は、まるで桜をあしらった衣装を着けているようであった。
芝桜まつりは11日にオープン、幸いなことに開花が1週間ほど遅れているということで、静かな茶臼山を満喫することができた。
前回全く見られなかったシコクスミレも、あちらこちらで姿を現し、この日の目的を十分果たすことができた。
e0304170_20265390.jpg
e0304170_2027872.jpg
e0304170_20272313.jpg
e0304170_20273657.jpg
e0304170_20274924.jpg
e0304170_2028555.jpg
e0304170_20281734.jpg
e0304170_20283141.jpg
e0304170_20284357.jpg
e0304170_20285517.jpg
e0304170_2029774.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-27 20:36 | 茶臼山 | Comments(0)
蛇でまだ良かった
熊の話を聞いてから、茶臼山へ行っても小鳥の森を散策することはなかった。
「小鳥茶屋」で話を聞くと、イチヨウランが咲き出したという。
そして、「ここまで来て見ないで帰ることはないよ」と言われ、意を決して降りてみた。
いつものところを彷徨い歩き、3本確認することができた。ここのものは背丈が低い。
それでもコイチヨウランに比べれば見つけやすい。踏まれないように、棒を刺してきた。
葉だけが目立ったミズバショウだったが、1株だけ花の残っているものがあった。
今年最初で最後のミズバショウ、残っていてくれたことに感謝して、パチリ。
熊との遭遇も無く安心して、もう少しで茶屋というところで、足が止まった。
ついに、地を這う長いものに出くわしてしまった。
どうも、今年は会う機会が多い。きっと、蛇も驚いているのだろうな。(12日撮影)
e0304170_18165216.jpg

e0304170_18191647.jpg

e0304170_1817023.jpg
e0304170_1817622.jpg
e0304170_18171249.jpg
e0304170_18171981.jpg
e0304170_18172524.jpg
e0304170_1817325.jpg
e0304170_1817388.jpg
e0304170_18174551.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-26 18:20 | 南信州 | Comments(2)
水玉の詩
雨の降った翌日、花の撮影も一段落し、ふと足元を見ると、まるで宝石を身に付けたかのように、すべての野草が輝いていた。
水玉の美しさに心が惹かれ、夢中で消え行く儚い命を追い求めた。
野草の種類は問わない。
円い葉、細長い葉、それぞれに個性があって、普段は見られない着飾った野草たちの舞踏会のようであった。
少しでも触れると、宝石は涙となって、こぼれてしまう。
e0304170_21374066.jpg
e0304170_21375346.jpg
e0304170_213856.jpg
e0304170_2138224.jpg
e0304170_21383376.jpg
e0304170_21384492.jpg
e0304170_2139011.jpg
e0304170_21391262.jpg
e0304170_21392359.jpg
e0304170_2139332.jpg
e0304170_21394799.jpg
e0304170_2140390.jpg
e0304170_21401418.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-25 20:20 | 奥三河 | Comments(2)
雨上がりの朝
前日(11日)は久しぶりの雨、しかも一日上がることはなかった。
そんな雨の中、市内小学5・6年生全員のサッカー観戦に従事。
総勢3,000人を超える子供たちが、スタンドを埋める光景は圧巻だった。
が、カッパも役に立たず、途中から身に付けているもの全てが水分を含んでいた。
今年のジュビロは調子が出ない。
今シーズン2回目の監督交替、その都度期待するのだが。
かつてのような常勝軍団に、早く戻ってくれることを願っている。
そんな日の翌日、靄を期待してヤマフジを撮りに、朝早くに家を出る。
靄はなかったが、大千瀬川に懸かるヤマフジを、期待通り見ることができた。
今年のヤマフジは、例年になく美しいように感じられる。
山道を走っていると、ウツギの仲間が賑やかであった。
e0304170_2118445.jpg
e0304170_21181388.jpg
e0304170_2118209.jpg
e0304170_21182757.jpg
e0304170_21183851.jpg
e0304170_2118476.jpg
e0304170_21185973.jpg
e0304170_2119828.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-24 21:19 | 奥三河 | Comments(0)
水郷の里を訪ねて-その3-
通い詰めた場所なのに、「フデリンドウが咲いているよ」と連絡を受けた。
この場所で初めて聞く花に、大型連休の最終日は、迷わずに訪問先を特定した。
その花は、やや日陰の旧斜面に咲いていた。急に発芽してきたのか、今まで気付かなかったのか、かなりの数咲いていた。
周辺ではニョイスミレが咲き出していたが、アリアケスミレやスミレもきれいな状態で咲いていた。
遅れてきた友人には、「長い時間居るね」と、呆れられたのか。
ここへ来ると、常に半日はうろうろしてしまう。一定の範囲に咲く花を、全て撮ってやろうと決めているので、どうしても時間が長くなってしまう。
でもそんな取組みが、花の名前を覚えることに繋がったと思う。
e0304170_202032.jpg
e0304170_2021633.jpg
e0304170_2022514.jpg
e0304170_2023535.jpg
e0304170_2024417.jpg
e0304170_2025228.jpg
e0304170_203058.jpg
e0304170_203979.jpg
e0304170_2031746.jpg
e0304170_2033844.jpg
e0304170_2035026.jpg
e0304170_204117.jpg


ここに行く前に立寄った大島ダム。ヤマフジがあればと遠回りしてみたが、思うような花に出会えなかった。駐車した場所に見頃を迎えたヒメコウゾが、逆光に輝いていた。ホタルカズラに続いて、本日二度目のサプライズ。
e0304170_2041934.jpg
e0304170_2043135.jpg
e0304170_2044122.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-23 20:06 | 東三河 | Comments(0)
出会い
この日の日程は、磐田市から森林公園、浜松市北区でジャケツイバラを撮り、東三河でヤマフジを撮って、最終目的地である水郷の里へ。
立寄る場所は多いが、撮影の目的は決まっている。
時間はさほど掛からないかと思えたが、偶然の出会いも期待して、家を5時半に出た。
磐田市から森林公園へ、ここまでは順調な滑り出し。北区のいつものところでジャケツイバラを撮り、次の目的地へ向かうところで、車道に垂れ下がっているジャケツイバラを見つける。
思ったようなジャケツイバラが撮れなかったので、駐車スペースを探して撮ることにした。背景をいろいろ考えたが、バックを空に抜くのが一番すっきりしていた。
被写体に向かう途中、路肩の斜面にブルーの小さな花が咲いているのが目に入った。
本日最初のサプライズ、ホタルカズラを見るのは、富幕山で見て以来二度目。
コバルトブルーの花弁と白いラインに、爽やかさを感じる。
e0304170_19444390.jpg
e0304170_1944525.jpg
e0304170_194509.jpg
e0304170_19451295.jpg
e0304170_19452172.jpg
e0304170_19452893.jpg
e0304170_19453773.jpg
e0304170_19454449.jpg
e0304170_1945522.jpg

by yamabousi-28 | 2013-05-22 19:47 | 浜松市北区 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
こんばんは、そちらは天気..
by yamabousi-28 at 19:22
やまぼうしさん、こんにち..
by まさ at 11:47
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:13
赤い実がとても可愛いです..
by mariakulala at 22:23
感動が心を射抜いたのかと..
by yamabousi-28 at 10:44
ごめんなさい、感動が感通..
by mariakulala at 23:27
ありがとうございます、私..
by yamabousi-28 at 21:17
野生のリンドウなかなか見..
by mariakulala at 20:16
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:48
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 23:04
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
海岸で見つけた花
at 2017-12-12 19:30
イソギク
at 2017-12-11 19:30
懸命の努力
at 2017-12-10 18:10
会えて良かった
at 2017-12-09 19:30
リンドウ
at 2017-12-08 18:56
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物