カテゴリ:東遠( 16 )
プチ梅園
ぽかぽか陽気に誘われて、近くの梅園を訪ねた。
梅園というには、おこがましいほどの小さな梅園。
紅梅と白梅が、混在して植えられている。
梅の花見だけなら十分な広さがあり、訪れる人も少なく、自由に好きな方向から撮ることができる。
惜しむらくは、背景が選べないことである。

e0304170_16555461.jpg
e0304170_1656222.jpg
e0304170_16561153.jpg
e0304170_16561950.jpg
e0304170_16562622.jpg
e0304170_16563357.jpg
e0304170_1656404.jpg
e0304170_16564834.jpg
e0304170_16565638.jpg
e0304170_1657644.jpg
e0304170_16571781.jpg

by yamabousi-28 | 2015-03-07 16:58 | 東遠 | Comments(0)
一日のお勤めを終えて
地域の人の温かさなのだろう、道路に沿ってスイセンが点々と咲いている。
一旦は通り過ぎたが、気になって引き返した。
陽は山に沈もうとしていた。山間部の早い日没である。
今日も道行く人たちに、優しく微笑みかけてきたのだろう。
一日のお役目を終えて、静かに暮れ行く時間を待っているかのようだった。
明日もまた、「ほっ」と心和む笑顔を、道行く人に投げかけてくれることだろう。
お疲れさまでした。

e0304170_18542448.jpg

e0304170_18543460.jpg
e0304170_18544368.jpg
e0304170_18545162.jpg
e0304170_18545993.jpg
e0304170_1855741.jpg
e0304170_18551634.jpg

by yamabousi-28 | 2015-02-09 19:00 | 東遠 | Comments(0)
晴れの小国神社
小国神社訪問は、連続して雨の日だった。と言うか、雨の日を選んで出掛けていたが、光に輝く紅葉も撮りたいと思い出掛けることに。
雨の日のしっとり感も良いが、光にかざして見る紅葉の美しさは格別である。
風景的に、紅葉の流れを意識して、アップでとさまざまな角度から切り撮った。

e0304170_1442856.jpg

e0304170_1443754.jpg
e0304170_1444549.jpg
e0304170_1445333.jpg
e0304170_145225.jpg
e0304170_1451055.jpg
e0304170_1451965.jpg
e0304170_1452758.jpg
e0304170_1453473.jpg
e0304170_1454291.jpg

       テントのシートに落ち葉が
e0304170_1454975.jpg
e0304170_1455737.jpg



お茶会が催されていた。禰宜さんから、松井冬子さんの絵が掲げられると聞き、楽しみにその時間を待った。
松井冬子さんは、森町出身の画家で、その美貌からは想像もできない作品を書かれている。
野点傘に一枚の色紙が掲げられた。遠くからは何も書かれていないように思えたが、「持って行かなければ、近くで見てもいいよ」と許しを得て、じっくりと鑑賞させていただいた。
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を連想させる、垂れ下った糸に蟻が上を目指して先を競っていた。
ただ、うなずくばかり、どこか心惹かれる絵であった。

e0304170_1463129.jpg

e0304170_1464988.jpg

e0304170_1413259.jpg



少し、自慢話を。小国神社の観光ポスターを目にされた方はいるだろうか。
JR東海の駅を中心に掲示してあるとのことであるが、私は見たことがない。
この写真、5~6年前ほどに私が撮ったものです。

e0304170_1474299.jpg

by yamabousi-28 | 2014-12-16 14:14 | 東遠 | Comments(1)
変貌してしまった海岸
一級河川菊川の河口に、砂浜の広がる大東海岸がある。
久しぶりに訪れてみて、唖然としてしまった。
前には堆砂垣がきれいに手入れされ、砂の起伏に影を落とした垣のシルエットに惹きつけられたが、見るも無残な状態に変わり果てていた。
人工でいくら砂浜の後退を止めようとしても、自然の前では無駄な抵抗だったということか。
面白さのない海岸に変貌してしまっていた。

独特な形をした、歩行者専用の橋が架かっている。
夕方も遅い時間だったので、日没まで待って夕陽の写真を撮ろうと頑張った。
沖では、かつてはウィンドサーフィンが盛んであったが、今の主流はスタンドアップパドルサーフィンのようだ。
ウィンドサーフィンのように、光を受けて輝くことはない。

e0304170_11393676.jpg
e0304170_11395256.jpg
e0304170_1140129.jpg
e0304170_11401071.jpg
e0304170_11402165.jpg
e0304170_11403013.jpg
e0304170_11403969.jpg
e0304170_11405269.jpg
e0304170_1141267.jpg
e0304170_11411449.jpg
e0304170_11412317.jpg

by yamabousi-28 | 2014-12-13 11:42 | 東遠 | Comments(3)
御前崎海岸を歩く
遠州灘海岸は砂地の場所が多いが、御前崎灯台の周辺は岩礁が続く。
そんな岩礁の水溜りに、鳥が水浴びをしていた。
イソギクを探しながら、目に付いた花にカメラを向けてみた。
花はすでに旬を過ぎ、花本来の美しさは失われていたが、精一杯生きてきた存在感、次世代へ繋ぐ満足感に満ちていた。

e0304170_16214996.jpg
e0304170_1622246.jpg

e0304170_16233125.jpg

       上の写真の中央部分を拡大したもの。
e0304170_16225568.jpg

       クコ
e0304170_16235486.jpg
e0304170_1624241.jpg
e0304170_16241786.jpg

       キク
e0304170_16244395.jpg

       ハマアザミ
e0304170_16251070.jpg
e0304170_16252541.jpg

       サボテン
e0304170_16264777.jpg

e0304170_1627018.jpg

       ハマユウ
e0304170_16272156.jpg

       ツワブキ
e0304170_16274722.jpg

by yamabousi-28 | 2014-12-12 16:29 | 東遠 | Comments(2)
県内最南端の岬に咲く花
e0304170_18204888.jpg

e0304170_1821154.jpg


静岡県最南端の岬、御前崎へイソギクを撮りに行ってきた。
伊豆半島では海や岩場を背景に、美しいロケーションのなか、素晴らしい写真が撮られているが、ここでは海を背景に撮ることはできない。
少し早いかなと思ったが、ちょうど花の旬を迎えていた。
昨年は10日ほど遅くに行き、イソギクやハマアザミを撮っているが、今回ハマアザミもすでに終盤を迎えていた。
イソギクは花よりも、葉が色づき始めた頃の方が美しい。
ましてや、その時期に花が残っていれば最高である。

e0304170_18212777.jpg

e0304170_18213537.jpg
e0304170_18214770.jpg
e0304170_18215498.jpg
e0304170_182225.jpg
e0304170_18221087.jpg
e0304170_18222144.jpg
e0304170_18223031.jpg
e0304170_18223817.jpg
e0304170_18224585.jpg
e0304170_18225333.jpg
e0304170_1823210.jpg
e0304170_1823991.jpg

by yamabousi-28 | 2014-12-11 18:23 | 東遠 | Comments(0)
龍尾神社
梅園もいよいよ最後となった。
これまで6か所の無料施設の梅を紹介してきたが、最後は500円という入場料を払って、枝垂れ梅を鑑賞した。
掛川市にある龍尾神社、入り口で交通整理の人に聞くと、「4分咲きだね、でもきれいだよ」とのことだった。
以前は紫陽花が有名な神社であったが、ここ十数年梅に力を入れている。
それに伴い、入場料がかかるようになった。
500円が高いかどうかは、どれだけ梅を楽しめたのかによる。
入場料の元を取ろうと、あの枝、この枝とカメラを向けてきた。
この週末なら、きっと安い入場料になっているのではないかと思われる。
足元には、あちらこちらにリュウキンカが盛りを向かえていた。
e0304170_1944160.jpg
e0304170_19442815.jpg
e0304170_19445064.jpg
e0304170_1945114.jpg
e0304170_19452836.jpg
e0304170_19454855.jpg
e0304170_1946575.jpg
e0304170_19462353.jpg
e0304170_19464011.jpg
e0304170_19465834.jpg
e0304170_19471552.jpg
e0304170_19473360.jpg

e0304170_1950736.jpg

by yamabousi-28 | 2014-02-28 19:50 | 東遠 | Comments(0)
往古の盛衰に想いを寄せて
戦国時代末期、武田軍の高天神城に対峙する形で徳川軍によって築城された横須賀城。
国指定の史跡になっているが、そんな史跡公園の一角に梅園がある。
梅の本数は少ないが、車で10分ほどで行けるので、時間があると覗いている。
手入れが行き届いていて、切られた枝が目立ってしまうのが気になるところ。
小さな梅園なので、敢えて人工物を入れて写してみた。
足元には、スイセンが春の近いことを知らせていた。
e0304170_209451.jpg
e0304170_2010668.jpg
e0304170_20102932.jpg
e0304170_20104981.jpg
e0304170_20112170.jpg
e0304170_20114518.jpg
e0304170_2012734.jpg

by yamabousi-28 | 2014-02-25 20:13 | 東遠 | Comments(0)
根競べ
富士山を撮ろうと、御前崎灯台から東へ移動する。
雲一つなく、裾まできれいに見えていた。
風が強く、波が白い飛沫をあげて走っていた。
目の前の岩礁にカモメがとまっている。一際体が大きく、悠然としていた。
飛び立つ瞬間を撮ろうと、カメラをセットし構えることに。
長いレンズがないので、200㎜に2倍のテレコンを付けて。
相手もこちらを窺っている。ほとんど動きがない。
ほかの岩礁にとまっているカモメは、入れ替わりがあるのに。
レリーズを片手に、動いてみるが一向に飛び立つ気配がみられない。
とことん付き合ってやろうと心に決め、有に30分以上は待ったが、ついに根負けしてしまった。
富士山を撮って岩礁に目をやると、すでにカモメは見えなかった。
勝ち誇って、ねぐらに帰っていったのだろう。
e0304170_19435898.jpg
e0304170_19441654.jpg
e0304170_19443297.jpg
e0304170_19444720.jpg
e0304170_194556.jpg
e0304170_19452352.jpg
e0304170_19454314.jpg
e0304170_1946476.jpg
e0304170_19462353.jpg
e0304170_19465597.jpg

by yamabousi-28 | 2014-02-03 19:47 | 東遠 | Comments(0)
御前崎冬の風物詩
御前崎の海岸線は変化に富んでいる。海水浴場もあれば、灯台下の海岸線は洗濯板を並べたような岩場が続く。
この時期、岩場にはり付いた「イトハバ」採りに精を出す女性をみかける。
「イトハバ」聞き慣れない名前だが(波の音に声が打ち消されながら、女性に何度か確認してみた)、見た目は青海苔。
網に二重に干して海苔状のものにするという。
夏に食べても美味しくはなく、やはりこの季節ならではの味だと教えてくれた。
「イトハバ」は非常に滑りやすく、この女性も見ている間、二度ほど海の中で転んでいた。過酷な作業である。
e0304170_1941965.jpg
e0304170_195270.jpg
e0304170_1952263.jpg

e0304170_1965396.jpg
e0304170_1971096.jpg
e0304170_1972812.jpg
e0304170_1975142.jpg
e0304170_1982245.jpg
e0304170_1991076.jpg
e0304170_199382.jpg
e0304170_191039.jpg

by yamabousi-28 | 2014-02-02 19:11 | 東遠 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
こんばんは、そちらは天気..
by yamabousi-28 at 19:22
やまぼうしさん、こんにち..
by まさ at 11:47
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:13
赤い実がとても可愛いです..
by mariakulala at 22:23
感動が心を射抜いたのかと..
by yamabousi-28 at 10:44
ごめんなさい、感動が感通..
by mariakulala at 23:27
ありがとうございます、私..
by yamabousi-28 at 21:17
野生のリンドウなかなか見..
by mariakulala at 20:16
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:48
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 23:04
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
海岸で見つけた花
at 2017-12-12 19:30
イソギク
at 2017-12-11 19:30
懸命の努力
at 2017-12-10 18:10
会えて良かった
at 2017-12-09 19:30
リンドウ
at 2017-12-08 18:56
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物