カテゴリ:静岡県西部( 20 )
再びイワタバコを
6日に掲載したイワタバコの場所に、一週間後に再び訪れた。
愛知県の写友と連れだって。
傷んだ花も見られたが、全体的には見ごろを迎えていた。
前回はマクロと望遠レンズで撮影したので、今回は広角レンズを主に使用してみた。
イワタバコが咲く環境や、広い範囲で咲く規模が表現できたのではないかと思う。
以前から思っていることだが、広角レンズがうまく使いこなせれば、写真の幅が広がり、おもしろい作品ができるのではないだろうかと。

e0304170_18414595.jpg
e0304170_18415670.jpg
e0304170_18420431.jpg
e0304170_18421244.jpg
e0304170_18422052.jpg
e0304170_18422760.jpg
e0304170_18423409.jpg
e0304170_18424315.jpg
e0304170_18424977.jpg
e0304170_18425792.jpg

by yamabousi-28 | 2015-08-10 18:43 | 静岡県西部 | Comments(4)
眠たさを感じるのは私だけ

車を走らせていると、ネムノキの花が目立つ。
撮りたいと思いながらも、駐車スペースが見つからず諦めてきた。
花は少々傷んでいたが、最後のチャンスだと思い撮影してみた。
花の印象がポアポアとしている感じで、眠たそうに見えることから名づけられたとばかり思っていたが、実はもっと奥の深い意味のあることを知った。
この花は、川とセットで撮るのが一番と勝手に決め付けている。
撮影した木も川岸に生えていたが、川を撮り込むことはできなかった。

池一面に広がる葉、ずっとヒツジグサと思い込んできたが、花を見ることはなかった。
今回よく観察したら、ジュンサイではないかと思えた。来年、確認してみよう。

e0304170_19592720.jpg
e0304170_19594280.jpg
e0304170_19594917.jpg
e0304170_19595860.jpg
e0304170_20000591.jpg
e0304170_20001392.jpg
e0304170_20002100.jpg
e0304170_20002877.jpg
e0304170_20004134.jpg


by yamabousi-28 | 2015-08-09 19:30 | 静岡県西部 | Comments(2)
そっと唇を寄せてみる

透明感のある白い唇弁の先に、淡い紫色を帯びる。口紅を差しているようにも見える。
ランに特有の、妖艶な美しさを感じる。
茎が黒いことから名づけられたクロムヨウラン、花をメルクマールに命名されたら、どんな名前が付けられただろう。
なかなか全開しないことは前に触れたが、再び訪れた時にも全開していた。
珍しいことで、今年は良い状態の花に出会えたことに喜びを感じる。

生育地は木の伐採が進み、地面に陽が差しこむようになった。
写友とも危惧しているが、環境の変化に伴い、いつしか姿を消してしまうのではないかと心配している。

e0304170_19551469.jpg
e0304170_19552738.jpg
e0304170_19553622.jpg
e0304170_19554572.jpg
e0304170_19555281.jpg
e0304170_19560605.jpg
e0304170_19561423.jpg
e0304170_19562471.jpg
e0304170_19563287.jpg


by yamabousi-28 | 2015-08-08 19:30 | 静岡県西部 | Comments(2)
心境の変化か
林道を走ってみた。思う花には早く、時間をかけた割には収穫は少なかった。
車を止めるとアブや細かい虫が寄ってくる。
一人花を探して歩いていると、ふと「何でこんなことをしているのだろう」と、自分の行動に疑問を感じてしまった。
初めての感慨、花が少なかったことにもよるが、花撮りに行き詰ってきたのか。
最近考えることがある。もっと違った表現方法ができないものかと。
あるプロの写真展に伺い、お話を聞く機会があった。
そのプロ曰く、「どんな題材でも集中して突き詰めれば、なにかが見えてくる」と。
いつになったら、なにかが見えてくるのだろう。

e0304170_19420922.jpg
e0304170_19422178.jpg
e0304170_19422902.jpg
e0304170_19423789.jpg
e0304170_19424610.jpg
e0304170_19425451.jpg
e0304170_19430137.jpg
e0304170_19431080.jpg
e0304170_19431805.jpg



by yamabousi-28 | 2015-08-07 19:44 | 静岡県西部 | Comments(2)
花色に癒されて

暖地の海岸に生えるハマボウ、近くには二箇所のハマボウ公園がある。
庭木として植えられているものもよく見かける。
通勤途中の庭木を見ては、開花時期を知ることができる。
一日花であるが、たくさんの蕾を有するので、必ず花を見ることができる。
やや下向きに咲く姿は、その花色とも相まって、気持ちを落ち着かせてくれる。

この時期、家では一日花のノウゼンカズラの落花を片付けるのが大変。
門の脇にあることから、人目にもつきやすく、そのままにはしておけないが、蟻が群がっていることに閉口してしまう。

e0304170_19170371.jpg
e0304170_19170956.jpg
e0304170_19171501.jpg
e0304170_19174573.jpg
e0304170_19175212.jpg
e0304170_19180498.jpg
e0304170_19181320.jpg
e0304170_19182229.jpg
e0304170_19183169.jpg
e0304170_19183890.jpg


by yamabousi-28 | 2015-08-04 19:30 | 静岡県西部 | Comments(0)
花は豪華絢爛だが
オニユリに比べて、今年見る機会の少なかったヤマユリ。
花(花被片)の大きさは直径20㎝にもなる。
花一個でも重たそうなのに、3~5個あるいはそれ以上の花を付けるものがある。
よく見かけるのは、可哀そうと思うのだろう支柱が施されたものがある。
茎が弓なりにしなって、垂れ下るのが、このユリ本来の咲き方なのだろう。
見た目には美しく豪華な花であるが、私はこの花の香りは好きではない。

e0304170_19135112.jpg
e0304170_19135924.jpg
e0304170_19140640.jpg
e0304170_19141380.jpg
e0304170_19142046.jpg
e0304170_19142705.jpg
e0304170_19143524.jpg
e0304170_19144188.jpg
e0304170_19144853.jpg
e0304170_19145533.jpg



by yamabousi-28 | 2015-08-03 19:30 | 静岡県西部 | Comments(0)
存在感たっぷり
今年たくさん見ることのできたオニユリ。遠くからでも、強烈な花色は目立つ。
厳密に言うと、花弁ではなく、花被片と呼ぶのが正しい。
かつて栽培植物であった名残りか、咲いている場所では十数本がかたまっている。
気を付けて見たが、見られたものはすべてオニユリで、コオニユリは確認できなかった。
特徴は、カタクリのように大きく反転した花被片。その先端は、仲良く手をつないでいるようだ。

e0304170_19073783.jpg
e0304170_19074339.jpg
e0304170_19110674.jpg
e0304170_19111206.jpg
e0304170_19111969.jpg
e0304170_19112501.jpg
e0304170_19113081.jpg
e0304170_19113728.jpg
e0304170_19114371.jpg
e0304170_19114937.jpg

by yamabousi-28 | 2015-08-02 19:30 | 静岡県西部 | Comments(0)
出会いは突然に
普段は乾燥気味の湿潤地に水溜りができていた。
そこにヌマトラノオが繁茂していた。範囲は狭いが、ここまで密集したものは見たことがない。
背筋をピンと伸ばして、茎頭に白い花を並べて咲く姿は、清々しさを感じる。
ましてや、背景に水溜りが見えると、清涼感が一層増す。
いつも歩いている公園なのに、初めて気づいたことがうれしかった。
今年は、カンゾウやノカンゾウとの出会いがなかった。
意識していたが、やっと見つけることができた。

e0304170_19233538.jpg
e0304170_19234742.jpg
e0304170_19235681.jpg
e0304170_19240507.jpg
e0304170_19241497.jpg
e0304170_19242557.jpg
e0304170_19243868.jpg
e0304170_19244615.jpg
e0304170_19245736.jpg
e0304170_19250691.jpg
e0304170_19251475.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-29 19:26 | 静岡県西部 | Comments(0)
どういうわけか魅せられて
朝から太陽が照りつける一日、木立のなかを歩く。
というところまでは涼しそうだが、カメラをぶら下げ、アップダウンの山道は堪える。
下り坂でも振り返っては、帰りはこの坂を登るのだと自分に言い聞かせながら進む。
坂を降りた先にはヒナノシャクジョウが。極少の花、お世辞にも美しいとはいえない花、でも坂を降りないと見られない花。
それでも時期になると、散策ルートの一つに入っている。
見られた喜び、写真に撮れた喜び、そして拡大してみてピンボケにがっかり、だから来年も会いに行くだろう。

e0304170_19365900.jpg
e0304170_19371620.jpg
e0304170_19372660.jpg
e0304170_19373413.jpg
e0304170_19374309.jpg
e0304170_19375349.jpg
e0304170_19380270.jpg
e0304170_19381120.jpg
e0304170_19381982.jpg
e0304170_19382555.jpg
e0304170_19383415.jpg
e0304170_19384828.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-28 19:40 | 静岡県西部 | Comments(2)
君は気まぐれだなあ  
クロムヨウラン、この花ほど開花を予想するのに悩まされるものはないだろう。
いろいろな本やHPで開花時間を調べても、半開きの時が多い。
単に時期や時間だけではなく、その日の湿度や日照に左右されると思う。
運が良いと午後の遅い時間でも開花しているが、大きく開花した姿が見られたら、ラッキーと思わなければいけない。
写友から朝メールが入る。「今日は開いている!」と。
数年前には大株があり、多くの花を付けた姿も見られたが、この日は多くて二輪、ほとんどが一輪であった。
が、開花した姿が見られただけでも、ありがたいと思いたい。


e0304170_19085452.jpg
e0304170_19090364.jpg
e0304170_19091171.jpg
e0304170_19091917.jpg
e0304170_19092732.jpg
e0304170_19093468.jpg
e0304170_19094376.jpg
e0304170_19095195.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-27 19:11 | 静岡県西部 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:13
赤い実がとても可愛いです..
by mariakulala at 22:23
感動が心を射抜いたのかと..
by yamabousi-28 at 10:44
ごめんなさい、感動が感通..
by mariakulala at 23:27
ありがとうございます、私..
by yamabousi-28 at 21:17
野生のリンドウなかなか見..
by mariakulala at 20:16
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:48
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 23:04
こんばんは~ すぐに判り..
by umisanjin at 22:25
クララさん、分かってもら..
by yamabousi-28 at 21:52
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
イソギク
at 2017-12-11 19:30
懸命の努力
at 2017-12-10 18:10
会えて良かった
at 2017-12-09 19:30
リンドウ
at 2017-12-08 18:56
イワシャジン
at 2017-12-07 18:47
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物