カテゴリ:野反湖( 33 )
道祖神もうれしそう
色の濃い花を集めて、野反湖の最終回とする。
入口に立つ道祖神も、コバギボウシに飾られていた。
うれしいことに、ハクサンフウロがやさしい表情で迎えてくれた。
花数は大分少なくなっていたが、きれいな花を見つけながら歩くのもいい。
シオガマギクが旬を迎え、ワレモコウも数を増やしていた。
これからは紫系の花が主体となり、早い初秋を迎えることになる。
タケシマランの実が、真っ赤に熟していた。

e0304170_19333811.jpg
e0304170_19342988.jpg
e0304170_19343664.jpg
e0304170_19344551.jpg
e0304170_19345452.jpg
e0304170_19350116.jpg
e0304170_19351007.jpg
e0304170_19351868.jpg
e0304170_19352524.jpg
e0304170_19353294.jpg
e0304170_19354172.jpg
e0304170_19354878.jpg
e0304170_19355652.jpg
e0304170_19360435.jpg
e0304170_19361352.jpg
e0304170_19361928.jpg
e0304170_19362646.jpg

by yamabousi-28 | 2015-08-31 19:31 | 野反湖 | Comments(1)
WSの教訓
現物を見るのは初めてだった。
野反湖の上空に飛ばして、撮影を始めた。モニターを見せてもらったが、上空150mで湖全体をカバーしていた。
湖を見下ろす高台にハコネギクが、ところどころで群生していた。花は白から淡紫色と微妙な変化が見られる。
以前に野反湖での開催された、写真家いがりまさしさんのWSに参加したことがあった。湖を背景に撮られたハコネギクの印象が強く、それからは同じようなアングルを探すことにしている。
タチコゴメグサも小さな花をたくさん付けていた。小さな花のなかに、紫色や黄色が散りばめられ、マクロで見ると小さな宇宙が広がっているようだ。
白花と淡青花を集めてみた。

e0304170_19261248.jpg
e0304170_19262432.jpg
e0304170_19263209.jpg
e0304170_19264486.jpg
e0304170_19265376.jpg
e0304170_19271022.jpg
e0304170_19272195.jpg
e0304170_19273459.jpg
e0304170_19274528.jpg
e0304170_19275583.jpg
e0304170_19280431.jpg
e0304170_19281346.jpg
e0304170_19282123.jpg
e0304170_19282973.jpg
e0304170_19283620.jpg
e0304170_19285074.jpg
e0304170_19285811.jpg
e0304170_19290658.jpg
e0304170_19291669.jpg
e0304170_19292482.jpg
e0304170_19293296.jpg
e0304170_19294010.jpg

by yamabousi-28 | 2015-08-30 19:30 | 野反湖 | Comments(2)
コイチヨウラン
期待したコイチヨウランは、裏切らなかった。
小さな花を見るために、雄大な野反湖を訪れることに違和感を覚えるが。
春先ならば小さい花も納得できるが、この時期にこの小ささ。
手持ち撮影では、悩ましすぎる。でも花を拡大して見ると、味のある表情をしている。
ここには、萼片が薄黄緑色のタイプと、紅紫色が入ったタイプがあるようで、微妙に咲く場所に違いがあるようだが、
葉は一般的には緑色をしているが、ここのものは暗褐色をしている。花茎が伸びる前には、葉だけが目立つが、咲く場所を知らないと見落としてしまう。
黄色い花を集めてみた。

e0304170_19191643.jpg
e0304170_19192541.jpg
e0304170_19193311.jpg
e0304170_19194248.jpg
e0304170_19195110.jpg
e0304170_19195995.jpg
e0304170_19200709.jpg
e0304170_19201508.jpg
e0304170_19202249.jpg
e0304170_19203025.jpg
e0304170_19203956.jpg
e0304170_19205018.jpg

by yamabousi-28 | 2015-08-29 19:30 | 野反湖 | Comments(0)
ヤナギラン
今年3回目の訪問となった野反湖。一カ月振りに訪れてみた。
期待していたのはコイチヨウランだったが、最初に目に飛び込んできたのは、ピンク色に染まった丘だった。
この花は下から上に向かって徐々に開花していくが、訪れた時には、下の花が開き、上は蕾の状態、最高の状態であった。
ましてや朝露を全身に纏い、これ以上のものは望めない状態、逸る気持ちを抑えながらシャッターを切った。

e0304170_18484271.jpg
e0304170_18485526.jpg
e0304170_18490425.jpg
e0304170_18491306.jpg
e0304170_18492313.jpg
e0304170_18493288.jpg
e0304170_18494063.jpg
e0304170_18494806.jpg
e0304170_18495602.jpg
e0304170_18500403.jpg

by yamabousi-28 | 2015-08-28 18:51 | 野反湖 | Comments(6)
野反湖への一頁

野反湖の入り口に立つ道祖神、今回は撮影後のお礼参りを行った。
いつもなら何かしらの花とコラボできるのだが、道祖神単体での撮影になってしまった。

麓ではヤナギランがすでに見ごろを迎えていた。
わずかな風にも腰をくねらす、正に柳腰である。
植栽ではあるが、時期によってはカライトソウやベンケイソウなども見られる。
地域の人たちの、花へ対する愛情が感じられる。

e0304170_19361202.jpg
e0304170_19362157.jpg
e0304170_19363085.jpg
e0304170_19363943.jpg
e0304170_19364703.jpg
e0304170_19365627.jpg
e0304170_19370354.jpg
e0304170_19371130.jpg
e0304170_19372109.jpg
e0304170_19372944.jpg


by yamabousi-28 | 2015-07-23 19:38 | 野反湖 | Comments(2)
眩しい白
イブキトラノオ、イタドリ、ウスユキソウ、アカモノ、ヤマブキソウ、オオレイジンソウ、ナルコユリ、コバイケイソウ、カラマツソウ、・・・ここでも白花が賑やかだった。
「もう少し先まで行けば何かがあるかも」と思いつつ、湖畔をだいぶ歩いてしまった。
歩いて気づいたことは、笹が勢力を広げていたこと。
いつまで、今の植生が保たれるのか心配だ。

e0304170_22535391.jpg
e0304170_22540084.jpg
e0304170_22540530.jpg
e0304170_22541118.jpg
e0304170_22541661.jpg
e0304170_22542182.jpg
e0304170_22542731.jpg
e0304170_22543228.jpg
e0304170_22543707.jpg
e0304170_22544287.jpg
e0304170_22544855.jpg
e0304170_22545590.jpg
e0304170_22550231.jpg
e0304170_22550892.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-22 22:58 | 野反湖 | Comments(3)
魅了されるピンク
南アルプス林道と同じく、野反湖周辺でもピンク色の花が、この時期特徴的である。
「高山植物の女王」コマクサは、その姿からは想像できないが、ケシ科特有の有毒だという。
標高が高いところほど、花色のピンクは濃くなると聞く。
この花の撮影は早朝が多く、細かい葉で空気中の水分を集めるところから、朝日にキラキラと輝く姿を撮ることが多い。
ハクサンフウロも味のある花である。花弁にも変化があり、数は少ないが先に切れ込みがあるものを見つけるとうれしくなる。
露を纏って、最高の輝きを見せてくれた。

e0304170_22062576.jpg
e0304170_22063354.jpg
e0304170_22064144.jpg
e0304170_22064934.jpg
e0304170_22065623.jpg
e0304170_22070447.jpg
e0304170_22071389.jpg
e0304170_22072167.jpg
e0304170_22072970.jpg
e0304170_22073751.jpg
e0304170_22074407.jpg
e0304170_22075349.jpg
e0304170_22080370.jpg
e0304170_22081271.jpg
e0304170_22081960.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-21 22:09 | 野反湖 | Comments(4)
野反+キスゲ
ニッコウキスゲが、鹿の食害で影響で激減している話をよく聞くが、年によって花数の違いこそあれ、ここのキスゲはよく保たれている。
地名をとって、ノゾリキスゲと呼ばれている。
2年前の咲き具合は圧巻だったが、今年は少し寂しい。
遠くの山並みや湖を背景に、白い雲が浮かぶ青空のした、一層黄色が映え絵になる。
標高1,500mの空気は、清々しい。

e0304170_18472231.jpg
e0304170_18473263.jpg
e0304170_18474296.jpg
e0304170_18475296.jpg
e0304170_18480306.jpg
e0304170_18481381.jpg
e0304170_18482357.jpg
e0304170_18483131.jpg
e0304170_18483942.jpg
e0304170_18484880.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-20 18:49 | 野反湖 | Comments(0)
斜面を染めて
シラネアオイに魅せられている人は多いのではないだろうか。
早春に咲く野草のなかでは、比較的大きな花を咲かせる。
野反湖のシラネアオイは、植栽されたものであるが、近くに自生していたものを移植されたらしい。
その活動には地元の中学生も加わり、地域ぐるみで保護されているという。
遊歩道が整備された山の斜面一面に、淡い紫色の花が咲く様は壮観である。

       こんな細道を抜けると、その先には
e0304170_10541396.jpg
e0304170_10541952.jpg
e0304170_10542516.jpg
e0304170_10543522.jpg
e0304170_10544298.jpg
e0304170_10545042.jpg
e0304170_10545708.jpg
e0304170_10550442.jpg
e0304170_10551158.jpg
e0304170_10551960.jpg

by yamabousi-28 | 2015-06-09 11:03 | 野反湖 | Comments(4)
野反湖の遅い春
野反湖畔に単独で、あるいは林となって、高原の景観を醸し出している白樺。
やっと芽吹きが始まったところで、まだまだ樹の骨格が目立つ状態。
所々には残雪が見られ、やっと春の訪れを感じることができた。
この時期、野草は少ない。その分、迷うことなく目的地の選定ができる。
今年は開花が1週間ほど早いと感じているが、種類によっては遅れているものもある。
前出の中村さんによれば、雨が少なかったことが原因しているかも知れないとのこと。
一律でないのが自然で、計算どおりいかないところも、自然の奥深いところか。

e0304170_19062273.jpg
e0304170_19063107.jpg
e0304170_19063919.jpg
        サンカヨウが春の陽を浴びて
e0304170_19064823.jpg
e0304170_19065608.jpg
e0304170_19070401.jpg
e0304170_19071269.jpg
e0304170_19071827.jpg
e0304170_19072658.jpg
e0304170_19073346.jpg
       今年は会えました、コミヤマカタバミ。可愛いです。
e0304170_19074126.jpg
e0304170_19074705.jpg

ヤマエンゴサクではないようです。
e0304170_19075554.jpg

e0304170_19080264.jpg
e0304170_19080998.jpg
e0304170_19081757.jpg

by yamabousi-28 | 2015-06-08 19:16 | 野反湖 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
彼の地、夢心地の場所です..
by yamabousi-28 at 16:30
こうして春の花々を拝見し..
by windy1957 at 09:40
sarayunaさん、文..
by yamabousi-28 at 19:28
コメントができなくなって..
by yamabousi-28 at 19:25
こんにちは、復帰しました..
by sarayuna516 at 19:13
こんばんは、思いがけない..
by yamabousi-28 at 18:27
春の雪に・・猫柳も面食ら..
by katokun3 at 09:19
こんばんは、セツブンソウ..
by yamabousi-28 at 21:45
やまぼうしさん、こんばん..
by まさ at 20:12
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:51
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
あぜ道
at 2017-03-25 19:22
ミノコバイモ
at 2017-03-24 19:38
なんとか、ものにしたいと
at 2017-03-23 18:44
やっと会えました
at 2017-03-22 19:03
野歌舞伎始まる
at 2017-03-21 16:21
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物