「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:榛名湖( 37 )
榛名湖畔に咲く花
毎日更新を目指していると、ある程度のストックが必要となる。
榛名湖を訪れたのが盆明け、半月も前の画像をアップするのは心苦しいが、めっきり涼しくなった今、盛夏の榛名湖をお届けする。
現在姿を消している花は、トモエソウとタカトウダイで、オミナエシは息の長い花で、今でも見ることができる。
昨日アップしたツルニンジンも、今が見ごろである。
今回初めて知った花にエゾシロネがあった。花はヒメシロネにそっくりであるが、葉が異なる。

e0304170_18284860.jpg
e0304170_18285693.jpg
e0304170_18290377.jpg
e0304170_18291090.jpg
e0304170_18291726.jpg
e0304170_18292465.jpg
e0304170_18293238.jpg
e0304170_18294041.jpg
e0304170_18294616.jpg
e0304170_18295311.jpg
e0304170_18300060.jpg
e0304170_18300703.jpg
e0304170_18301518.jpg
e0304170_18302299.jpg

by yamabousi-28 | 2015-09-02 18:31 | 榛名湖 | Comments(2)
写友の探究心に敬服
昨年コバノカモメズルと紹介したものは、ジョウシュウカモメズルではないかと、静岡の写友からご指摘を受けた。
その写友は、原認するために昨年現地を訪れたが、すでに花の時期には遅く、今年再度榛名湖を訪れて確認されている。
特徴は花径が大きいこと、榛名湖で初めて確認されたとのことである。
関東から近畿までの広い範囲に分布しているようだが、聞いたことがなかった。
今回、多くの花に出会うことができた。葦が繁る湿地、この環境は守られるのだろうか。
湖畔で見つけた赤い系統の花を中心に紹介する。

e0304170_19401906.jpg
e0304170_19403028.jpg
e0304170_19403633.jpg
e0304170_19404302.jpg
e0304170_19404974.jpg
e0304170_19405623.jpg
e0304170_19410698.jpg
e0304170_19411344.jpg
e0304170_19412131.jpg
e0304170_19412817.jpg
e0304170_19413499.jpg
e0304170_19414257.jpg
e0304170_19414950.jpg
e0304170_19415777.jpg
e0304170_19420470.jpg
e0304170_19421286.jpg
e0304170_19422043.jpg

by yamabousi-28 | 2015-09-01 19:30 | 榛名湖 | Comments(0)
静寂に響く
沼ノ原草地から湖畔へと移動した。
共通する花が多いが、エゾミゾハギのように湿地の花も見られる。
早朝、何のサークルなのか男の子の集団が、掛け声を大きく張り上げてジョギングをしていた。
深閑とした湖畔に、異様な声が響き渡っていた。元気が良いと肯定するのか、周囲の静けさを打ち消す自分たちよがりと考えるべきなのか。
こんな感想を書く私は、当然後者の考え方。
思い起こせば、高校生の時、クラブの合宿をここで行った。きっとその時も、同じような行動をしていたのだろう。

e0304170_20464064.jpg
e0304170_20464917.jpg
e0304170_20465606.jpg
e0304170_20470544.jpg
e0304170_20471496.jpg
e0304170_20472252.jpg
e0304170_20473230.jpg
e0304170_20473980.jpg
e0304170_20474750.jpg
e0304170_20475586.jpg

by yamabousi-28 | 2015-08-14 19:30 | 榛名湖 | Comments(0)
寸暇を惜しんで

納骨も終わり、帰る朝早起きをして榛名湖の周辺を散策した。
当然家族からは白い目でみられるが、やるべきことはやったので遠慮することもないのだが、それでも時間を気にしながらの撮影であった。
沼ノ原草地には木道が整備されているが、補修はあまりなされていない。
木道が整備されているところでは、木道からはずれることは許されないが、ここでは網を付けた長い竿を持った人が自由に歩き、花に一直線につながる踏み跡も残っている。


二週間前にやっと開花しだした、タマガワホトトギスが見られればと期待したが、きれいに草刈りされていた。
朝露を纏い、瑞々しい表情をカメラに収めることができた。
マツムシソウが開花していたのには驚いた。初秋の花というイメージがあったが。

e0304170_20414982.jpg
e0304170_20420662.jpg
e0304170_20421462.jpg
e0304170_20422171.jpg
e0304170_20422974.jpg
e0304170_20423704.jpg
e0304170_20424674.jpg
e0304170_20425308.jpg
e0304170_20430014.jpg
e0304170_20430934.jpg
e0304170_20432654.jpg
e0304170_20433425.jpg
e0304170_20434188.jpg
e0304170_20434925.jpg
e0304170_20435681.jpg
e0304170_20440470.jpg


by yamabousi-28 | 2015-08-13 19:30 | 榛名湖 | Comments(4)
たまにはこんな出会いも
「ハッ」と息を呑むクワガタソウを見つけた。
よく目にするのは、白花であったり淡い赤紫色をしたものであるが、鮮やかなピンク色をしていた。
最初に見つけたときには、ほかの植物ではと思えるほど衝撃的だった。
落ち着いて葉の形、花の付き方、花の形を見ることで答えが出た。
目立たない花であるが故に、宝物を見つけた喜びを感じた。
これが花撮りの醍醐味かも知れない。

e0304170_19105827.jpg
e0304170_19110822.jpg
e0304170_19111638.jpg
e0304170_19112419.jpg
e0304170_19113297.jpg
e0304170_19114078.jpg
e0304170_19114753.jpg
e0304170_19115487.jpg
e0304170_19120281.jpg
e0304170_19121058.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-26 19:17 | 榛名湖 | Comments(0)
小さな花は守られない

今まで気づかなかったのか、それとも新たに植えられたのか、ナツツバキが数本並んでいた。
花付きは少なく、まだこの土地に慣れていないのだろうか。
白い花弁の縁には鋸歯状の切れ込みがあり、ある解説によると、一番外側の花弁に緑色の斑が付くというが、私が見たものには淡いピンクの斑があった。

かつては湖畔の近くに湿地があり、ミズチドリが数本咲いていたが、数年前から湿地が埋め立てられ、ミズチドリやキソチドリが減ってしまった。
今回、一本のミズチドリを見つけることができた。
真っ白な花が、濃い緑のなかで際立っていた。
目立たない花は、消えていく運命にあるのか。

e0304170_17002069.jpg
e0304170_17003293.jpg
e0304170_17004193.jpg
e0304170_17004982.jpg
e0304170_17005799.jpg
e0304170_17010501.jpg
e0304170_17011290.jpg
e0304170_17012005.jpg
e0304170_17012729.jpg
e0304170_17013664.jpg
e0304170_17014415.jpg
e0304170_17015224.jpg
e0304170_17020350.jpg
e0304170_17021312.jpg
e0304170_17022101.jpg


by yamabousi-28 | 2015-07-25 17:07 | 榛名湖 | Comments(2)
草原にポツン、ポツンと
ユウスゲの爽やかな黄色に会いたくて、榛名湖畔を歩く。
こんな構図で撮ってみたい、と思いを馳せて出掛けたが、希少植物になってしまった。
野生動物の影響もあるのだろうが、そればかりだけではなく数が激減してきているように思う。
思い描いた構図には遠く及ばず、きれいどころをアップで捉えた。
湖畔の葦原に紛れるように、クサレダマが控えめに咲いていた。
花色も薄く存在感に乏しいが、葦と同化した姿がフォトジェニックである。
タマガワホトトギスの一番花を見つけた。これから沿道を賑わしてくれることだろう。

e0304170_19204633.jpg
e0304170_19205544.jpg
e0304170_19210462.jpg
e0304170_19211217.jpg
e0304170_19212019.jpg
e0304170_19212722.jpg
e0304170_19213600.jpg
e0304170_19214714.jpg
e0304170_19215575.jpg
e0304170_19220480.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-24 19:22 | 榛名湖 | Comments(0)
まばゆい白
榛名湖畔で、ハルナユキザサを撮ろうと車から降りたら、「釣りですか」と声を掛けられた。
ベストを着て、長靴を履いて、そのいでたちは釣り人そのもの。
早く撮りたいという気持ちを抑えて、しばらく会話を交わす。
その人は、近くのマンションに住む人で、都会から移住してきたという。
長靴は蛇避けのため、と話をすると、ここは標高も高いし蛇はいないという。
良い話を聞いたと喜んだが、本当だろうか?
ここで蛇に遭遇したことはないが、確証が得られるまでは、長靴は手放せない。

e0304170_18453307.jpg
e0304170_18454269.jpg
e0304170_18455016.jpg
e0304170_18455666.jpg
e0304170_18460314.jpg
e0304170_18461082.jpg
e0304170_18461812.jpg
e0304170_18462654.jpg
e0304170_18463346.jpg
e0304170_18464128.jpg

by yamabousi-28 | 2015-06-06 19:41 | 榛名湖 | Comments(4)
ちょっとしつこいスミレ
榛名湖畔で見つけたスミレの特集です。
少し数が多くなってしまったが、最後までお付き合いください。
ここのマルバSは、薄いピンク色。純白もきれいだけど、ほんのり染まった花弁も魅力的。
まさかエイザンSの影響ではないよね。

e0304170_21112563.jpg
e0304170_21114045.jpg
       サクラスミレ
e0304170_21115266.jpg
e0304170_21120585.jpg
       ニオイタチツボスミレ
e0304170_21121312.jpg
       タチツボスミレ
e0304170_21122248.jpg
e0304170_21123178.jpg
e0304170_21124083.jpg
e0304170_21124917.jpg
e0304170_21125730.jpg
       フイリフモトスミレ
e0304170_21130679.jpg
e0304170_21131429.jpg
       エイザンスミレ
e0304170_21132237.jpg
e0304170_21133005.jpg
e0304170_21133959.jpg
e0304170_21134879.jpg
e0304170_21135718.jpg
e0304170_21140399.jpg
       アケボノスミレ
e0304170_21141173.jpg
       マルバスミレ
e0304170_21141902.jpg
e0304170_21142613.jpg
e0304170_21143378.jpg
e0304170_21144143.jpg
e0304170_21144983.jpg
e0304170_21145860.jpg
       マルバスミレとエイザンスミレの葉
e0304170_21150762.jpg

by yamabousi-28 | 2015-05-20 21:20 | 榛名湖 | Comments(2)
一人林の中へ
5月連休の榛名湖、他県ナンバーも多く、キャンプや釣り、湖畔の散策と、さまざまな行楽の楽しみ方で賑わっていた。
普段は静かなゴーカートも、子どもたちの歓声があがっていた。
そんな喧騒の世界からも、一歩林の中に入ると、すれ違う人もなく、閑静な雰囲気のなかで、花散策を楽しむことができた。

e0304170_10243265.jpg
e0304170_10244412.jpg
e0304170_10245409.jpg
e0304170_10250248.jpg
e0304170_10251177.jpg
e0304170_10252044.jpg
e0304170_10252856.jpg
e0304170_10253521.jpg
e0304170_10254354.jpg
e0304170_10255146.jpg
e0304170_10255997.jpg
e0304170_10260614.jpg
e0304170_10261365.jpg
e0304170_10262161.jpg

by yamabousi-28 | 2015-05-19 10:27 | 榛名湖 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
sazaneriさん、こ..
by yamabousi-28 at 23:43
こんばんは~ 写真展が..
by sazaneri873 at 23:13
翼さん、こんにちは。 ..
by yamabousi-28 at 12:44
こんにちは、柔らかな光を..
by yamabousi-28 at 12:39
こんにちは。 写真展、..
by windy1957 at 11:24
おはようございます(^^..
by katokun3 at 09:36
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 22:36
hibikorekouj..
by yamabousi-28 at 22:13
こんばんは。 光りに包ま..
by umisanjin at 21:56
クマガイソウが目に入った..
by hibikorekouji2-2 at 20:52
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
ミツマタ
at 2017-02-19 19:30
春を探して
at 2017-02-18 18:54
毛皮のコートは手放せず
at 2017-02-17 19:00
写真展を終えて1
at 2017-02-16 19:09
薄氷
at 2017-02-15 18:43
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物