カテゴリ:東三河( 94 )
初夏の水源の郷
東三河に位置する“水源の郷”、今年は鹿による食害が大きかったという。
鹿もすべての野草を食料の対象にする訳ではなく、ノカゾウやスイセンには口をつけないらしい。
それにシカとカモシカでも、侵入範囲が異なるらしく、シカの方が性質が悪いという。
今月の中旬、しばらく振りにご夫婦に会いに行ってみた。
数が減り残念だったもの、蕾が多く付きこれからが楽しみなもの、年によって状況は異なる。だから長年、野草を追いかけることができるのかも知れない。
伺った時は、セッコクが満開だった。ツチアケビは堅い蕾、楽しみはこれから。



e0304170_19430674.jpg

e0304170_19431512.jpg
e0304170_19432315.jpg
e0304170_19433211.jpg
e0304170_19433995.jpg
e0304170_19434752.jpg
e0304170_19435537.jpg
e0304170_19440490.jpg
e0304170_19441209.jpg
e0304170_19442055.jpg
e0304170_19442859.jpg
e0304170_19443684.jpg
e0304170_19444550.jpg
e0304170_19445421.jpg




by yamabousi-28 | 2015-06-28 19:49 | 東三河 | Comments(2)
渓流に色を添えて
四季を通じて、渓流の移りゆく姿は、多くの人を惹きつける。
特に渓流に咲く花は、見ているだけで清々しい気持ちになれる。
カワツツジを撮りたくて、候補地選びに前夜まで悩んだ。
一日カワツツジに費やす時間があれば、何カ所か回ることができるが、一箇所選定となると難しい。
結局、東三河の渓谷へ行くことにした。川の水も適量で、ツツジは満開を迎えていた。
なるべく水を流して撮りたいと思い、PLを使いISO感度や絞りを調整してみたが、川の白さはどうすることもなく、白とびは避けられなかった。
記憶を頼りに沿道の草むらを覗きこむ。数年ぶりに、ジガバチソウを見つけることができた。
この花が見られただけでも、ここを選定して良かったと思った。

e0304170_20135954.jpg
e0304170_20141089.jpg
e0304170_20141891.jpg
e0304170_20142793.jpg
e0304170_20143506.jpg
e0304170_20144231.jpg
e0304170_20145036.jpg
e0304170_20145716.jpg
e0304170_20150700.jpg
e0304170_20151713.jpg

by yamabousi-28 | 2015-06-27 20:15 | 東三河 | Comments(2)
リン・リンソウ
花の写真を撮り始めた頃、ニリンソウを見つけると喜んで撮っていた。
「○○の一つ覚え」で、時期になると、わざわざ教えていただいた奥三河の場所まで撮りに行った。
近くを歩き始めると、あちらこちらで目にするようになり、いつしか奥三河まで行かなくても済むようになった。
そのうちに、イチリンソウが見たいと思い、気にしては探してみたが、なかなかお目にかかれずにいた。
最初に出会ったのはいつだったか忘れてしまったが、3~4年前だったかと思う。
イチリンもニリンも、開花まもない萼裏の淡いピンクに惹きつけられる。

e0304170_21195773.jpg
e0304170_21200669.jpg
e0304170_21201353.jpg
e0304170_21202371.jpg
e0304170_21203003.jpg
e0304170_21203826.jpg
e0304170_21204711.jpg
e0304170_21205499.jpg
e0304170_21210158.jpg
e0304170_21210932.jpg
e0304170_21211820.jpg
e0304170_21212698.jpg
e0304170_21213494.jpg
e0304170_21214189.jpg

by yamabousi-28 | 2015-04-25 19:30 | 東三河 | Comments(4)
雨の合間に
最近雨の日が多い。雨は好きだが、長い距離を歩くのは考えてしまう。
陽は差さないものの、久し振りに傘の心配がいらない日、思い切って会いに行くことに。
今年は多いのか、歩き出して早々に出迎えてくれた。
見つけてはカメラを向けていたが、いつもの場所へ直行することにした。
ここのシハイは、淡いピンク色から白に近いピンク色のものがほとんど。
エレガントなシハイが多い。

e0304170_08575612.jpg
e0304170_08580634.jpg
e0304170_08581413.jpg
e0304170_08582330.jpg
e0304170_08583171.jpg
e0304170_08583922.jpg
e0304170_08584748.jpg
e0304170_08585305.jpg
e0304170_08590053.jpg
e0304170_08590790.jpg
e0304170_08591530.jpg
e0304170_08592211.jpg

by yamabousi-28 | 2015-04-14 09:01 | 東三河 | Comments(2)
幸せのジュータン
ミツマタの群生地はあちらこちらにありますが、そのほとんどは藪にまぎれてしまったり、わずかに痕跡を残すところが多い。
換金作物として栽培されたようだが、労働に見合う収入が得られなかったり、安価な原材料の輸入により、手入れされなくなった。
林道の終着地、杉の林床一面に、黄色いジュータンを敷き詰めたかのように、その花は咲いていた。
今年二回目の訪問で、きれいに咲き誇っている状況に出会えた。
陽が差すと輝きが一層増し、まるで山間のジュエリーのようだった。
ここに立派な橋がかかっているが、その存在価値はどこにあるのだろう。
道中に撮った桜と梅を添えて。

e0304170_18445211.jpg
e0304170_18450173.jpg
e0304170_18451313.jpg
e0304170_18452237.jpg
e0304170_18454077.jpg
e0304170_18455027.jpg
e0304170_18460151.jpg
e0304170_18461673.jpg
e0304170_18462500.jpg
e0304170_18463251.jpg
e0304170_18464297.jpg


by yamabousi-28 | 2015-04-03 12:06 | 東三河 | Comments(2)
梅の郷
久し振りに、本当に久し振りに川売に行ってみたいと思った。
フィルム時代以来なので、10年振りくらいだろうか。
朝靄を期待したが、この日は周囲の山の稜線まできれいに見渡せた。
遠目からではきれいに咲いているように見えたが、近づくと膨らみかけた蕾が多い。
平日の早朝にもかかわらず、数人がすでに梅畑でカメラを構えていた。
石垣がアクセントとなり、梅園とは違った光景が展開されていた。
開花の進んでいる部分を選んでカメラを向けた。
魅力的な景観である。(3月16日撮影)

e0304170_20505007.jpg
e0304170_20510356.jpg
e0304170_20511226.jpg
e0304170_20512149.jpg
e0304170_20513344.jpg
e0304170_20514332.jpg
e0304170_20515163.jpg
e0304170_20520083.jpg
e0304170_20520800.jpg
e0304170_20521706.jpg
e0304170_20522747.jpg


by yamabousi-28 | 2015-03-27 19:30 | 東三河 | Comments(0)
ミカワでもミノ
この花ほど、ご当地花が多くあるのも珍しいのではないだろうか。
コシ、カイ、イズモ、アワ、トサ、トクシマとみてくると、西日本に多くみられるのだろうか。
ミカワでミノを見てきた。
後で聞いたことだが、ここの土地の所有者が高齢で、管理もままならないことから、ミノコバイモを保護する目的で、写友が仲間と年2回、草刈りをされているということだった。
当たり前のように撮らせていただいているが、保護される方々のお蔭なんだと、改めて感謝したい。


e0304170_19320304.jpg
e0304170_19314821.jpg
e0304170_19321623.jpg

e0304170_19322580.jpg

e0304170_19323418.jpg

e0304170_19324346.jpg

e0304170_19325424.jpg

e0304170_19331850.jpg

e0304170_19332857.jpg

e0304170_19333846.jpg





by yamabousi-28 | 2015-03-21 19:35 | 東三河 | Comments(0)
地上に降りた未確認飛行物体
車を止めた土手にツチグリを見つけた。
一つ見つけると、ここにもあそこにも、かたまっているところも。
実に不思議な物体である。この時点では地面から浮き上がっている。

e0304170_18423311.jpg

e0304170_18424353.jpg

e0304170_18425355.jpg

e0304170_18430058.jpg

e0304170_18430947.jpg

e0304170_18431782.jpg

e0304170_18432556.jpg

ツチグリとクリのいがのツーショットで。
e0304170_18434328.jpg

by yamabousi-28 | 2015-03-20 18:45 | 東三河 | Comments(4)
新鮮な気持ちは持ち続けたい
正直、今年のセツブンソウは満腹状態。積極的に撮りたいと思えず、気持ちの乗りはもう一つだった。
しかし、そこは花好きの性、花を前にすると気持ちはすっかり撮影モード。
特に初めての場所で見つけたセツブンソウは、八重のものが散見でき、新たな気持ちで対峙することができた。
正真正銘、今シーズン最後のセツブンソウ。

e0304170_08300373.jpg

e0304170_08302158.jpg

e0304170_08303308.jpg

e0304170_08304370.jpg

e0304170_08305493.jpg

e0304170_08310693.jpg

e0304170_08311799.jpg

e0304170_08312974.jpg

e0304170_08321770.jpg

e0304170_08322693.jpg

e0304170_08323721.jpg

e0304170_08324633.jpg




by yamabousi-28 | 2015-03-19 08:34 | 東三河 | Comments(0)
ひきよせられて
この時期、花が咲いたという情報が流れると、居ても立ってもいられず、車を走らせてしまうのは、野草大好き人間の性なのだろう。
あまりにも有名なカタクリが咲く斜面、ヒロハノアマナに会いに行ってきた。
平日にもかかわらず、数名の同胞が。うれしいことに、写友(?先生)4人に会った。
久しぶりの再会、話の花が咲く。陽もだいぶ西に傾き、訪問の目的を果たす。
環境が整備され、撮り易くなった。個人の土地と聞いたことがあるが、ありがたいことである。
マナーを守り、地主さんの期待に応えたいものだ。

e0304170_18300949.jpg
e0304170_18301760.jpg
e0304170_18302348.jpg
e0304170_18302926.jpg
e0304170_18303567.jpg
e0304170_18304005.jpg
e0304170_18304680.jpg
e0304170_18305272.jpg




by yamabousi-28 | 2015-03-16 18:32 | 東三河 | Comments(2)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
こんばんは、そちらは天気..
by yamabousi-28 at 19:22
やまぼうしさん、こんにち..
by まさ at 11:47
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:13
赤い実がとても可愛いです..
by mariakulala at 22:23
感動が心を射抜いたのかと..
by yamabousi-28 at 10:44
ごめんなさい、感動が感通..
by mariakulala at 23:27
ありがとうございます、私..
by yamabousi-28 at 21:17
野生のリンドウなかなか見..
by mariakulala at 20:16
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:48
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 23:04
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
海岸で見つけた花
at 2017-12-12 19:30
イソギク
at 2017-12-11 19:30
懸命の努力
at 2017-12-10 18:10
会えて良かった
at 2017-12-09 19:30
リンドウ
at 2017-12-08 18:56
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物