カテゴリ:茶臼山( 19 )
外来植物には謙虚さを
茶臼山周辺を歩いてみた。
久しぶりに小鳥茶屋で五平餅をと楽しみに伺ったが、入口は閉ざされていた。
特定外来生物に指定されているオオハンゴンソウ。かつては観賞用として持ち込まれたようだが、いまや地域の植生を破壊する勢いで増えている。
ところどころで群生している姿を見かけるが、そのあり様は見る者を圧倒する。
今年も何人かの人が紹介しているが、ここへ来たら覗いてみたくなる。
この限られたエリアから拡散しないことを願うが、オオハンゴンソウの都合もあるのだろう。
少しは謙虚に、自生の植物と共存共栄してくれればよいのだが。

e0304170_18014280.jpg
e0304170_18015374.jpg
e0304170_18020802.jpg
e0304170_18022550.jpg
e0304170_18023350.jpg
e0304170_18024281.jpg
e0304170_18025196.jpg
e0304170_18030025.jpg
e0304170_18030999.jpg
e0304170_18031879.jpg
e0304170_18032628.jpg
e0304170_18033943.jpg
e0304170_18034756.jpg
e0304170_18035687.jpg


by yamabousi-28 | 2015-08-25 18:05 | 茶臼山 | Comments(1)
お茶目なキンポウゲ
茶臼湖周辺は静かで、落ち着く場所である。
近くの丘では、かつてキンポウゲが群落を作っていたが、ヨモギなどの侵攻によって、激減してしまった。
10年近く前になるが、ヨモギ駆除でボランティアが募られ、参加したこともあるので、キンポウゲが見られなくなったのは寂しい。
湖畔に咲いていたノハナショウブも終焉を迎えていたが、岸辺に繁茂した緑のラインが美しかった。

e0304170_19245172.jpg
e0304170_19250076.jpg
e0304170_19250930.jpg
e0304170_19251645.jpg
e0304170_19252424.jpg
e0304170_19253155.jpg
e0304170_19253919.jpg
e0304170_19254925.jpg
e0304170_19255522.jpg

by yamabousi-28 | 2015-07-04 19:23 | 茶臼山 | Comments(0)
違和感を感じつつ
茶臼山は3週間前に訪れた時に比べて、草が覆い繁っていた。
草地に入るのも気が引けるほどで、遊歩道から何かないかと覗くことにした。
運が良ければと期待して探したが、やっと最終盤のカキランを見つけることができた。
道路沿いに赤い花が咲いているのが目に入った。野草ではないと一目で判断できたが、何でこんな場所にと気になり、引き返してみた。
ジキタリス、周囲の環境に不釣り合いだったが、花は美しかった。
最後に自分の花を、あまり撮る機会はないが、葉の緑との調和がよい感じだった。

e0304170_15290239.jpg
e0304170_15291354.jpg
e0304170_15292184.jpg
e0304170_15292923.jpg
e0304170_15293800.jpg
e0304170_15295100.jpg
e0304170_15301172.jpg
e0304170_15302214.jpg
e0304170_15303344.jpg

by yamabousi-28 | 2015-06-23 15:44 | 茶臼山 | Comments(4)
木漏れ日のなかで
少し古い写真になるが、芝桜まつりが始まる前にと思い、茶臼山を歩く。
今年は全体的に開花が早く、遠くからでも芝桜エリアが色づいているのがわかった。
高原は観光客も少なく、車は自由に止めることができた。
これからは6月中旬まで敬遠しないといけない。この日の朝出会った写友に、ここでも出会う。
茶臼山へ行ったときには、小鳥茶屋へ立ち寄る。昨年から小鳥ランチが食べられなくなってしまったのが残念だが、五平餅をいただきながら食べるお手製の漬物が美味しい。

e0304170_14471879.jpg
e0304170_14472667.jpg
e0304170_14473409.jpg
e0304170_14474120.jpg
e0304170_14474904.jpg
e0304170_14475757.jpg
e0304170_14480521.jpg
e0304170_14481290.jpg
e0304170_14491082.jpg
e0304170_14482472.jpg

by yamabousi-28 | 2015-06-01 14:52 | 茶臼山 | Comments(2)
茶臼山のスミレ
5月も終わります。4月下旬からこの一カ月の間で、近い親戚で2度の結婚式と3度の葬儀と、毎週黒を着ていました。
厳粛な一カ月でしたが、明日からまた新たな気持ちで、野山を駆け巡りたいです。
ここ茶臼山でもスミレは終盤の様相ですが、それでも元気な花は見つけられます。

e0304170_22032324.jpg
e0304170_22033574.jpg
e0304170_22034539.jpg
e0304170_22040021.jpg
e0304170_22040989.jpg
e0304170_22041897.jpg
e0304170_22042524.jpg
e0304170_22043475.jpg
e0304170_22044367.jpg

e0304170_22045101.jpg

by yamabousi-28 | 2015-05-31 19:30 | 茶臼山 | Comments(2)
最後は影
雪原を走る木々の影は面白い。起伏のある場所ではなおさらである。
霧氷を撮影した折、足元に展開される影を追ってみた。

e0304170_1952346.jpg
e0304170_19521367.jpg
e0304170_1952275.jpg
e0304170_19523730.jpg
e0304170_19524599.jpg
e0304170_19525382.jpg
e0304170_1953313.jpg
e0304170_19531378.jpg
e0304170_19532431.jpg


 一年を振り返って
今年も自然災害によって大きな被害が出てしまいました。被災地の皆さんには、早く普段の生活に戻られることを祈念いたします。
ブログを始めて丸二年、今年は約4,300ものカットをアップしてきました。
野草を探し求めておりますと、小さな自然環境の変化の多いことに驚かされます。
斜面の崩落であったり、道路工事であったり、そのたびに野草のテリトリーが減少し、姿を消してしまったものもあります。
写真を撮る人のマナーにも心を痛めます。自然環境の破壊者は、自らだったりして。

一年間アクセスしていただいた多くの方、励ましの言葉を掛けていただいた方々に感謝し、2014年の幕を閉じます。
2015年も、多くの人や野草との出会いがありますことを期待します。
ありがとうございました。良いお年をお迎えください。新年は、4日からスタートします。
by yamabousi-28 | 2014-12-31 19:30 | 茶臼山 | Comments(5)
茶臼山霧氷  
霧氷は雪景色とは違って、季節にいつ行っても見られるものではない。
樹氷と異なり、その日の湿度や気温で発生するので、昼には消えてしまうものが多い。
静岡の海岸部という温暖な地に住んでいると、雪を間近で見ることも一年に一回あるかないか。
雪景色はあこがれであり、年に一回は三河の奥へ出掛けている。
前日に雪が降り、当日の朝は冷え込むという予報。
茶臼山と面の木高原に出掛けてみた。
茶臼山は快晴・微風、青空に白く化粧した木々が似合う。
遠い山並み(山の名前がわからない)も、くっきりと望むことができた。

e0304170_19415330.jpg
e0304170_194216.jpg
e0304170_19421288.jpg
e0304170_19422224.jpg
e0304170_1942312.jpg
e0304170_19423914.jpg
e0304170_19424860.jpg
e0304170_19425856.jpg
e0304170_19439100.jpg
e0304170_19431792.jpg
e0304170_19432611.jpg
e0304170_19433446.jpg
e0304170_19434350.jpg
e0304170_19435265.jpg
e0304170_1944013.jpg
e0304170_1944883.jpg
e0304170_19441828.jpg
e0304170_19442796.jpg
e0304170_19443611.jpg
e0304170_19444572.jpg

by yamabousi-28 | 2014-12-29 19:30 | 茶臼山 | Comments(1)
高原に冷たい風を感じて
「ジンジソウ」から始まった今回の撮影行も、いよいよ最終目的地。
当初の予定では、あと2箇所回る予定であったので、少し心残りを感じていた。
茶臼湖の周囲は二週間前に歩いているので、今回はポイントを定めて回った。
センブリがだいぶ花を付けていた。ここのセンブリは茎が黒褐色を呈し、花弁も少し紫色をしている。
ほかのセンブリに感じる「乙女の恥じらい」というイメージはないが、これはこれで可愛らしさがある。
湖畔に立つ木々の葉も、色づき始め、午後の遅い時間になると、湖面を渡る風にも冷たさを感じた。
一面のチカラシバの広がり。ここに夕日が差していればと想像しながら、この日最後のシャッターを切った。

       色付く木々
e0304170_19161064.jpg
e0304170_19162245.jpg
e0304170_19163135.jpg

       コシオガマ
e0304170_19165432.jpg
e0304170_1917391.jpg

       ナギナタコウジュ
e0304170_19173482.jpg

       今頃?と疑問に感じながらクサイチゴ
e0304170_1918766.jpg

       センブリ
e0304170_19182743.jpg
e0304170_1918342.jpg
e0304170_19184168.jpg

       場所を変えて
e0304170_19213843.jpg

       ウメバチソウ
e0304170_1919378.jpg
e0304170_19191183.jpg
e0304170_19191928.jpg

       ゴマナ
e0304170_19194059.jpg

       シシウド
e0304170_1920156.jpg

       ホソバノツルリンドウ
e0304170_19203164.jpg
e0304170_19203970.jpg

       ウド
e0304170_1921288.jpg

       ヤマハハコ
e0304170_1922396.jpg

       ニガナ
e0304170_19222520.jpg

       テンナンショウの実
e0304170_19225156.jpg

       チカラシバ
e0304170_19231017.jpg
e0304170_19231991.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-19 19:26 | 茶臼山 | Comments(0)
まだ小さな秋
茶臼山美術館の近くにある湖を一周してみた。
平日とあって、行き交う人もいない。紅葉にも早く、人出の端境期だったのだろう。
リフト乗り場から聞こえてくる音楽が、空しく周囲の山々に反射していた。
色づき始めた木々の葉が、どんよりとした空を映した池を背景に、一際目立っていた。

       アキノギンリョウソウ
e0304170_19475871.jpg

e0304170_1948660.jpg

       ヤマハッカ
e0304170_19484521.jpg

       コスモス
e0304170_19491153.jpg

       アサザ
e0304170_19492995.jpg

       シシウド
e0304170_19501627.jpg

       ユウガギク
e0304170_1951630.jpg

       イワガラミ
e0304170_19512486.jpg

       湖畔の小さな秋
e0304170_19555026.jpg

       キノコ
e0304170_1955281.jpg


次に、茶臼湖へ移動し、ここでも周囲を一周した。
ウメバチソウがところどころで開花し、暗い紫色したセンブリが花茎を伸ばしていた。
いよいよ茶臼湖一年最後の花が、お目見えしてきた。
       ヤマトリカブト
e0304170_19544362.jpg

e0304170_1956486.jpg

       ウメバチソウ
e0304170_19562557.jpg

e0304170_19563619.jpg

       ゲンノショウコ
e0304170_1957514.jpg
e0304170_19571317.jpg

       マツムシソウ
e0304170_1958918.jpg

       ツルアジサイ
e0304170_19583297.jpg

       ヤマハハコ
e0304170_19585462.jpg

       茶臼湖風景
e0304170_19594121.jpg
e0304170_19594927.jpg

       イタドリ
e0304170_2001312.jpg

by yamabousi-28 | 2014-10-05 20:02 | 茶臼山 | Comments(0)
静かな茶臼山
空のリフトが規則的に上下していた。
ここのところ雨ばかりだと、茶屋のご主人が嘆いていた。
せっかくの夏休み後半、営業に大きな影響を受けているのだろうな。
茶臼山は、歩かなくて済む駐車場周辺の、お決まりのコースを回った。
オオハンゴンソウはすでに黄色一色の状態は過ぎ、池の周辺にもほとんど花は見られなかった。
メタカラコウやウバユリが、深い靄の幻想的な雰囲気のなかで美しさを放っていた。
(8月17日撮影)

      オオハンゴンソウ
e0304170_183336.jpg

      ゲンノショウコ
e0304170_1832347.jpg

      ウバユリ
e0304170_1834345.jpg
e0304170_1835147.jpg

e0304170_1872787.jpg

      メタカラコウ
e0304170_1844732.jpg
e0304170_1845840.jpg

e0304170_1875584.jpg

      ダイコンソウ
e0304170_188938.jpg

      ボタンズル
e0304170_1882979.jpg

      オニドコロ
e0304170_1863258.jpg

      靄に包まれた木立
e0304170_18654100.jpg

by yamabousi-28 | 2014-09-02 18:10 | 茶臼山 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
こんばんは、そちらは天気..
by yamabousi-28 at 19:22
やまぼうしさん、こんにち..
by まさ at 11:47
こんばんは、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 23:13
赤い実がとても可愛いです..
by mariakulala at 22:23
感動が心を射抜いたのかと..
by yamabousi-28 at 10:44
ごめんなさい、感動が感通..
by mariakulala at 23:27
ありがとうございます、私..
by yamabousi-28 at 21:17
野生のリンドウなかなか見..
by mariakulala at 20:16
鍵コメさん、ありがとうご..
by yamabousi-28 at 08:48
umisanjinさん、..
by yamabousi-28 at 23:04
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
海岸で見つけた花
at 2017-12-12 19:30
イソギク
at 2017-12-11 19:30
懸命の努力
at 2017-12-10 18:10
会えて良かった
at 2017-12-09 19:30
リンドウ
at 2017-12-08 18:56
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物