カザグルマ
庭のテッセンが咲き始めた。
一番状態が良いのはテッセンが咲き出す少し前、ということは遅いかも知れないと思いつつカザグルマを訪ねた。
案の定、花弁の傷みが進んでいたが、なるべく見栄えのする花を選んで撮ってみた。
花は初々しい咲きはじめの状態が一番良いが、朽ちて行く過程も面白いものがある。
ことカザグルマに限っては、旬を過ぎたものは写真的とはいえない。

e0304170_16514076.jpg
e0304170_16514808.jpg
e0304170_16515819.jpg
e0304170_16520721.jpg
e0304170_16521775.jpg
e0304170_16522789.jpg
e0304170_16523806.jpg
e0304170_16524743.jpg
e0304170_16525617.jpg
e0304170_16530507.jpg
e0304170_16531338.jpg
e0304170_16532236.jpg
e0304170_16533132.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-05-23 19:30 | Comments(0)
今年5回目の出会い
クモイコザクラを後にして、昨年覗いた場所を覗いてみたが、やはり花期が遅れているようで、緑葉が所々見られる程度だった。
下見を兼ねてと思い訪ねた湿地、水辺にはタチネコノメソウが小さな群落を作っていた。
雰囲気が良かったので、少し歩いてみることに。
地面を這うように咲くヒナスミレ、背丈の低いヤマエンゴサクなど、うれしい出会いがあった。
寒冷な地ということもあり予想だにしていなかったが、会いたくないものにまで会ってしまった。

e0304170_19311618.jpg
e0304170_19313169.jpg
e0304170_19314422.jpg
e0304170_19315339.jpg
e0304170_19320341.jpg
e0304170_19321188.jpg
e0304170_19322221.jpg
e0304170_19323296.jpg
e0304170_19324131.jpg
e0304170_19325157.jpg
e0304170_19330007.jpg
e0304170_19330966.jpg
e0304170_19332033.jpg
e0304170_19333339.jpg
e0304170_19334354.jpg
e0304170_19335333.jpg
e0304170_19340471.jpg
e0304170_19341472.jpg
e0304170_19342595.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-05-22 19:36 | Comments(0)
岩場に咲く可憐な花
目的の花は、岩場のわずかな亀裂に根をはって花を咲かせていた。
ピンク色の花弁、この花に会いたくて、3時半に家を出てきた。
昨年に比べると数が減ったかのように感じたが、たくさんの花が見たいという欲が、そのように感じさせたのかも知れない。
サクラソウの仲間で、先が二裂した5つの花弁、ピンク色した花弁と、同じくらいの大きさで緑色した葉の組み合わせが魅力的なクモイコザクラ。
花の中心部は、黄色と白色のリングが巻いている。わずかに覗く蕊、微妙な色合いに魅せられてしまう。

e0304170_19355653.jpg
e0304170_19360724.jpg
e0304170_19363584.jpg
e0304170_19364500.jpg
e0304170_19365600.jpg
e0304170_19370588.jpg
e0304170_19371482.jpg
e0304170_19372282.jpg
e0304170_19373137.jpg
e0304170_19374154.jpg
e0304170_19375548.jpg
e0304170_19380403.jpg

足元には、ウスバサイシンがたくさん芽をだしていた。

e0304170_19381332.jpg
e0304170_19383519.jpg
e0304170_19385550.jpg
e0304170_19390523.jpg
e0304170_19391588.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-05-21 19:40 | Comments(0)
目的花までの長い道中
駐車場もまだ閑散としていた。早朝ということもあったが、レンゲツツジの時期には少し早く、観光客もまだ少ないのかもしれない。
昨年初めて案内していただいた道を、今回は一人で歩く。
天気予報ではあまり良くない。2時間くらいは大丈夫だろうと、なるべく身軽にして目的の花に向かう。
道中花は少ない。黙々と目的地を目指す。一人で歩く道程は長い。横目で動物対策のためにカラマツに巻かれた網を見ながら進む。
45分歩いて目的地に着いた。
帰りには、草叢に隠れるように咲いていたアケボノスミレ、周りを見渡すかのように岩場に咲くエイザンスミレ、茎が伸びきれずに咲くタチツボスミレ、そんな花を見つけては一息つきながら駐車場へ向かった。

e0304170_12282372.jpg
e0304170_12283846.jpg
e0304170_12284727.jpg
e0304170_12285804.jpg
e0304170_12290934.jpg
e0304170_12292012.jpg
e0304170_12292928.jpg
e0304170_12293721.jpg
e0304170_12294578.jpg
e0304170_12295326.jpg
e0304170_12300118.jpg
e0304170_12300937.jpg
e0304170_12301718.jpg
e0304170_12302629.jpg
e0304170_12303669.jpg
e0304170_12304422.jpg
e0304170_12305230.jpg
e0304170_12310176.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-05-20 19:30 | Comments(0)
初心にかえって
野草の写真を始めた頃に教えていただいた場所。
白とピンクのイワカガミが咲き、近くにはイチヨウランやショウジョウバカマ、ヨウラクツツジが、そして、だいぶ後になってから知ったヒメフタバランと多彩な花が咲く。
久しぶりに訪れてみた。あちらこちらに咲くイワカガミを見て、改めて雰囲気の良さを知った。
木立の隙間から洩れる空を極力少なく抑えて、森の雰囲気を出すよう心がけてみた。

e0304170_19010143.jpg
e0304170_19011052.jpg
e0304170_19012088.jpg
e0304170_19013162.jpg
e0304170_19014234.jpg
e0304170_19015012.jpg
e0304170_19020045.jpg
e0304170_19020857.jpg
e0304170_19021710.jpg
e0304170_19022516.jpg
e0304170_19023412.jpg
e0304170_19024364.jpg
e0304170_19025262.jpg

# by yamabousi-28 | 2017-05-19 19:03 | Comments(0)
  

静岡県西部から愛知県東部の野山で野草散策をしています。
by やまぼうし
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
今からコースの選定に入り..
by yamabousi-28 at 12:17
いいですね、来年は行く時..
by nick-3 at 08:22
おはようございます。 ..
by yamabousi-28 at 08:42
やまぼうしさん お久し..
by やまそだち at 07:17
こんばんは、そちらには自..
by yamabousi-28 at 22:07
やまぼうしさん、こんばん..
by まさ at 20:36
今年は最高の咲き具合でし..
by yamabousi-28 at 21:02
この山のイワウチワを見た..
by nick-3 at 07:53
こんばんは、日差しがきつ..
by yamabousi-28 at 20:47
こんばんは。 透過光が..
by nekonoheyah at 19:38
最新のトラックバック
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:日本全国ガメラな..
from ガメラ医師のBlog
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
ブログパーツ
最新の記事
カザグルマ
at 2017-05-23 19:30
今年5回目の出会い
at 2017-05-22 19:36
岩場に咲く可憐な花
at 2017-05-21 19:40
目的花までの長い道中
at 2017-05-20 19:30
初心にかえって
at 2017-05-19 19:03
ファン
ブログジャンル
カメラ
自然・生物